FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.05
16
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


このブログではすっかりおなじみのV-UP16の適合対象を増やすべく、ツイントップの吉田さんががんばってくださいました!

「V-UP16オプションパーツ ポイント用電源リレーキット」です。

このキットの完成により、ポイント点火を採用した車両にもV-UP16が使えるようになりました!!!

事前にテストは済ませております。そのときの記事です。
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-865.html

ポイント式点火装置はエンジンが始動できる状態=イグニッションON&キルスイッチONの状態で、ポイントが閉じていると、イグニッションコイルに常時電流が流れています。
このままだと電流量が大きいので、V-UP16がオーバーロードしてしまう可能性がありました。

そこで、ポイントの開閉状態をマイコンで監視し ポイントが開くとリレーがON⇒イグニッションコイルへの給電を始めるような回路を設計したということです。
これら一連の動作により、イグニッションコイルへの無駄に給電されなくなります。また、バッテリーからダイレクトに給電しますので、より安定した電源を取ることができます。

また、このリレーキットは、V-UP16のオーバーロード防止だけでなく、イグニッションコイルの発熱を防止する効果もあります。
(コイルの寿命は伸びる方向です!)

販売価格は\9,765となります(送料は別途)。
直接的には、今までV-UP16が装着できなかったポイント点火(やセミトラ)にV-UP16の装着を可能にするものですが、これ単体でも有効なものであり、単体でつかってもメリットがある!!!

是非導入をご検討くださいm(u u)m

※適合車種についてのツイントップさんのページです。必ずご確認ください。
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/syouhin/v_up/vupbiku.html#rlay_p



「そろそろ出るよ~」なんてアナウンスを、今までお問合せいただいた方に連絡させていただいたところ、「自分でつける自信がないなぁ」なんて声がでてきました。

ツイントップさんでも配線図はご準備されておられますが、せっかく問合せをもらったのだから「にえ流」に整理してみました(^^)

まずは配線図から。


(大きな配線図はコチラに準備しています。http://www.geocities.jp/nieyuki/IMG_0513_1b.jpg

ちなみにYAMAHAの配線色に近い色を使って描いています。

これだけでは何のことか分かりづらいと思いますので、一度、取り付け前の配線図(概念図)をみてください。



大まかにいえば、
 ・キルスイッチからIGコイルへのラインに、リレーとV-UP16をかませる
 ・リレーを動作させる信号を、ポイントとIGコイルを結ぶ配線から取る
 ・V-UP16に給電(昇圧後IGコイルへ供給)される電源をバッテリーからダイレクトに取る

ということです。

次に、機能別に分類してみました。



各々の配線が持つ意味、機能をご理解いただくことで、配線の手順が分かりやすくなると思います。

配線は大変そうに見えるかも知れません。が、イグニッションコイルは大抵むき出しです。ハーネスをほぐさなくてもアクセスできるものが大半ですね。
キルスイッチからのラインだって、元々はイグニッションコイルに接続されていたものですから、これもさほど手間は掛からないと思います。

近県の方については、うちで取り付け作業をやらせていただくことも可能です(作業料は別途)が、ご自身で作業された方が理解も深まるのでいいんじゃないかなぁーと個人的には思います(^^)
ご不明な点があれば、遠慮なくお問合せください。必要に応じて、さらに詳しく解説させていただきます。

<補記>
うちのブログを見てくださってるであろうGX750やXS750のオーナーさんに向けて、YAMAHAトリプル用の配線図を準備中です。近日中にアップいたします!



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「フォーク内圧を適切に保つための”プシュっとバルブ”取り付け加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-731.html

「ステンレスキャップボルトのテーパー加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-805.html



高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト