FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.04
07
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


本日2つ目の記事です。1つ目はコチラです。



友達から「にえちゃん、ちょっと相談にのって~」と連絡がありました。
CMでおなじみだけど、行ったことがあるという人を聞いたことがない「グランシャトー」のあるキョウバシの「赤ちょうちん」で会合が開かれました(長っ!)

後日、実車を確認したのち、「キャブの掃除しまひょか」ということに。


間髪入れずブツが届きました。さっそく作業を開始しますっ!



Z650。ザッパーのキャブです。
MIKUNIのVMキャブレターです。

VMキャブレターはRZ系にも採用されているから、私にとっては慣れ親しんだもの。だけど4連だから慎重にバラしていきます。



連結するために、こんなややこしい鋳物のパーツを使ってるんだ…。この時代のバイクって「気合」の感じられる部品が沢山使われていて面白いです。


バラけましたぁ~ヽ( ̄▽ ̄)ノ



あとはフツーのVMキャブとして各部を点検していきます。


チョークプランジャを外してっと。



プランジャを外すのに使ってるのは、アサヒのスパナ。薄いからプランジャのゴムキャップに干渉せず作業可能です。安価だし、薄くて軽いから車載にも○。お勧めの一品です。




実動車ということもあり、ごく一般的なケミカルを使います(ディッピングするタイプは、あまり使わない方がいいと思う)。

好んで使ってるWAKO'Sのエンジンコンディショナーです。私、キャブレタークリーナーと呼ばれるものは、あまり…というか殆ど使いません。



同じものが2本もありますが、よぉーっく見てください。ノズルが違うでしょ?
元々付属しているのは右側のタイプです。クニャクニャなんですね~。燃焼室にぶち込むには最適なんだろうけどキャブの奥まった部分へのアクセスがやりづらい。
ということで、細いSUSのノズルで合うものを流用してるんですね~。ちょっとしたことのようだけど、作業効率はケタチガイです。


しばし放置プレイ




放置プレイの間に、自分のバイクの整備をチョコチョコと済ませるかとコンプレッサーの電源を入れ段取りを開始したところ…。


コンプレッサーのエアホースとノズルがない!!!!

ガレージにぶら下げてたんだけど、盗まれたみたいですヽ(;▽;)ノ
こんなものをわざわざ盗む輩がいるんですねー。買っても2000円ちょっとなのに…。情けないというか実にアホらしい。

腹立てる価値すらないので、サッサと買いに走ります。

我が家から目と鼻の先のストレート本店に車でダッシュ!ε=ε=┏( ・_・)┛

お!?元カノのなっちゃんじゃん!!

お~ぃ ヽ( ̄▽ ̄)ノ~~~

元気そうで何よりです。


うー。とっても時間をロスしてしまったので写真撮影をハショッテ どんどん進めます。

通路という通路を徹底的にブローします。エアやクリーナーを闇雲に吹き付けても無駄が多くなります。どこを押さえながら、どこからブローするのが効果的かをよく考えながらやります。
経験が活きるポイントだけど、やらなきゃ経験は積みあがりませんし、やってると「ここから、こっちに繋がってるんだ!!」みたいなことが分かってくるので楽しいモンです(^-^)b

で…少し嫌がられそうなことを書きます。

「不調だけどどうして?」と相談を受けたとき「キャブはOH済み」という言葉をよく聞きます。大抵は「ちゃんとできてない」んですね。

ケミカルを吹き付ければOHが終わるわけじゃありません。できないという人ほど途中でやめちゃってるんですね。「このくらいで良いだろう」と思ったところから、もう2手間くらいかけてみてください。せっかくやるんですからね(^-^)b


エンジンコンディショナーにせよ、キャブレタークリーナーにせよ、しっかりと洗い流さないと別のトラブルを起こします。
固化して通路を塞いだり、ボディを溶かしてしまったり…強烈なやつほど危険です。

洗い油でザッと洗った後で、パーツクリーナーを通して完成です。ここでも”途中でやめない”、諦めの悪さが重要です(笑)


パーツ洗浄が終わったら3Fの作業場に持ち込んで組み立てます。


油面も同調も随分バラバラだったのをビシっと揃えておきました。

あ、ここでいう同調はスロットルピストンの位置(開け側)を揃えるって意味です。

同調を取る前に、4つのキャブが整列状態に持っていくのが重要です。



ご覧のようにガッチリとした鋳物製のパーツで連結します。ポイントは皿ねじで固定されている点。
皿ねじだから位置調整ができません。別の見方をすると、鋳物製のパーツに加工されている皿ねじを受ける台座の精度が重要になってくるということです。

あるいはキャブの整列を担保する為に、わざわざこんなコストのかかる気合の入った構造にしたのかも知れません。いや、たぶん、きっとそうだな( ̄^ ̄)

こんなに気合を入れて作られたパーツを使わせてもらうのだから、しっかりと同調を取らねばバチがあたりますヽ( ̄▽ ̄)ノ

で、このキャブの同調調整方法は、ちょっと面白いものでした。こんなところに調整ねじがついてるんですねー。



タペットみたいです。ロックナットを締め付けると高さが変わるのでコツを掴むのに少し時間がかかりました。

んー。とてつもなくコストがかかってるなぁ…。

すべての作業を終えて完成っ ヽ( ̄▽ ̄)ノ




今回の基本方針は「部品交換はせずに洗って組む」です。

あまりに交換部品が多ければ別の手段を考えた方がいい場合もありますからね。
100点満点の仕上がりではないけど、合格点はクリアーしていると思います。実車への装着が楽しみです。

これでうまく運べば、次なるステップが…。



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「フォーク内圧を適切に保つための”プシュっとバルブ”取り付け加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-731.html

「ステンレスキャップボルトのテーパー加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-805.html



高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト