FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.02
01
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


毎日寒い日が続きますね~。大阪市内なんて、そんなに寒くないだろう!と思うなかれ、結構寒いモンです。
こういうときだけは、お一人様が辛く感じます(笑)

こういうときは、ぬっくーぃ部屋でできる作業がいいですねぇ。

寒いガレージでサスペンションを外して部屋に退却ε=ε=┏(; ・_・)┛



左にみえる汚いのは、スプリングコンプレッサーの入れモンです。


娘からもらった「髪留め用のゴムを利用」したストロークセンサーで、ストローク量をチェック。バンプラバーまでしっかり使ってます。



これは個人的な見解ですが、バンプラバーに当たるまで使うことそのものは「あり」だと思っています。
ただし、ちょっと当たって、ムニュっと潰れるくらいまで…ですけどね。


スプリングコンプレッサーを使ってスプリングを外します。



ん?それってターンバックルじゃないのって?! いえいえこれは立派なスプリングコンプレッサーです。


私にとっては髪留め用のゴムは「ストロークセンサー」だし、ターンバックルは「スプリングコンプレッサー」なのだっヽ(;▽;)ノ


どうでもいい話はさておき、各部の採寸をします。以前にやってたんですけど、改めて…。

紫でマークをしているところが巻きのピッチが変わるところです。


さて、2段レートのスプリングって、どうやって縮むんでしょうか。

模式図を書いてみました。



巻きの粗い、細かいは関係なく均等にたわみます。ときどき「ピッチの細かいところから縮むんだ」なんてことを聞きますが違います。
スプリングの形になってしまうとイメージしづらいけど、もともとは1本の鋼材ですね。もとが同じなのだから同じようにたわむんです。

つまりスプリング全体が均等にたわんでいくということです。そして同じようにたわむからこそ「すき間の狭いところが先に密着する」んです。

これを線間密着というようです。厳密にいえば、2段レートだと2回の線間密着点があるはずですが、ここでは(便宜上)2段レートが1段レートになる点を線間密着点と呼びます。


巻きの細かいところの有効巻き数は4巻き。有効部の長さは62mmです。
有効部の中に”すき間”が4つ。あとスプリングの線径が7.5mm。

これが採取したデータです。

これを元に計算していきます。

有効部の長さ62mmの中に、

 7.5mmの線が4巻き=7.5×4=30mmあります。

残りがすき間ですね。

すき間は4つだから、1つのすき間の長さは、

 30mm/4つ=7.5mmになります。

7.5mmずつ縮んだら線間が密着するということです。


さきほど「スプリング全体が均等にたわむ」と書きました。

今度は全体で考えてみます。


巻きの粗い部分のすき間は7つあります。
巻きの細かい部分が4つでしたから、合計11つあります。

・巻きの細かい部分は7.5mmで密着する
・スプリングは全体が均等にたわむ

のですから、11つのすき間が7.5mmずつ”均等に”たわんだときに線間が密着します。

 11×7.5mm=82.5mm

82.5mmたわんだ時点が線間密着点です。


ん?んん???



ダンパーロッドの長さは87mmです。そのうちバンプラバーが25mmあります。

 87-25=62mm

バンプラバーに接触するまでのストロークは、たったこのこれだけです。
バンプラバーを少し潰して使ってるとしても、トータルで「70mm」くらいでしょう。


っつーことは何かぃ。2段レートといいながら、その実はシングルレートっちゅーことやがなっ。

あってるのかなぁ~(笑)。

確かにGX750のサスペンションは”短足”です。233~235mm程度しかない。スプリングは車種ごとに作るわけじゃなく、メーカーが予め設定した汎用スプリングを使うだろうしぃ。ありえない話しではなさそうです。
(他車のものを流用するときにはロッドをカットするなどの施術が必要な場合が多い)


ところで ”粗い” ”細かい”とざっくり分類していますが、現実はもう少し細かく動いているようです。
特に巻きの細かい部分は徐々に巻きが粗くなっています。さらにスプリングに密着跡がある部分と、ない部分がある。

つまり、ある地点で線間密着がおこり、レートが”屈曲”するイメージではないということなのでしょう。まぁ、こんな簡単な検証で、そこまでのことはできません。

当面の目的は、絶対値はともかく、どれくらいのレバー比にしてやればどうなるのか?それが目的に見合っているのか?を検証することにあります。


とにかく先に進めていこうと思います。

ちなみに、今使ってるスプリングの弱い方のレートは2kgf/mmくらいです(実測値を元にした計算により算出)。


あ、そうそう。この手の作業をするときには、スプリングをコロコロさせないようにしないと混乱します。すくなくとも私はそうです。
なので、どちらか片端の巻き始めのポイントを上にしてやるようにしています。

見えている部分によって、巻き数が分からなくなりますから…4?5?んん???なんて具合になってしまいます。



ある程度の誤差は許容して、悩むようだったら「.5」をカウントするのもありかなぁと思います。

数えるときにマークしたから妙なことになってしまった(-_-;

いもむしを連想してしまいました…。



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「初期型RZ250/RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-13.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-185.html


高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



Nie's garageのHP
作業依頼受け付けてます

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト