FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.12
26
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


課題山積の右側よりも、若干気楽な左側です。



わーぃヽ( ̄▽ ̄)ノ

…と、手放しで喜べるわけもなく…。

なかなか楽しませてくれます_| ̄|○


シフトロッドが斜めってしまうのよねぇ~。



テキトーに計測。35mmほどオフセットしています。


シフトロッドは現状で”ほぼ”ピッタリです。つまり真っすぐにすると、やや長くなる。

ねじ部を延長⇒切断すりゃいいかな。



錆とんなぁ~(笑)


使うのやめ!

RZ用に購入していたボールエンドを使い、ロッドそのものを自作することにしました。


既存のロッドを外すぞ!と思ったら、外し方が分かりません…。

ボールを切り取って(る最中にコンターの刃が死亡)、ドリルでもんでみました。すると空回りします。

散々苦労して何とか外せました。



黒いジュラコンは、この加工をするために作った冶具です。


同じ作業をやるのはイヤだなぁ~。ってか、コンターの刃が死亡した以上、同じ作業は出来ません。


純正のロッドエンドはどうやって製造されたんだろう?よく観察してみることにしました。

まずは表から。



頭の部分に圧されたような痕があります。

続いて裏。



んー。熱を加えながら圧したのか???冷間でやった感じじゃないなぁ。

先に分解したものと合わせて総合的に考えると…。ともかくカシメてあることは よく分かりました。

表側は押さえてあるだけで、裏側からカシメたのかな?だとすれば、裏側から攻撃です。
先に外したもので検証すると、10mmのドリルで軽く揉んで、最後に6mmでズドンとやり、あとは小さなタガネで周辺をハツってやればOKでしょう。
センターに穴をあけるのが重要なので、センター出し用の冶具をロクロでサクサクと製作。

小さなワークなので、バイスグリップで保持して、作業開始です。画像とるの忘れるくらい集中してしまいました…。


よし!



ベースのプレートも、カシメを前提にした形状になってますね。反対側はフラットだから、製造工程は想像から大きく外れてないと思われます。


さて、どうやってロッドエンドを装着すりゃいいんだろう??

貫通穴をあけて、ボルトで止める??
ところが、この穴「バカ穴」なんですよねぇ~。測定してみると6.2~6.3mmもある。
ボルトで締め付けるとはいえ、気分が悪い。


6.3mmといえば、ヘリサートの下穴径とほぼ同一ではないかヽ( ̄▽ ̄)ノ

キラーン(☆ー☆)

キュィーンとドリルを通し、タップをグリグリ…。




ベースプレートの幅が薄いので、挿入するコイルも短く切断しておきます。



ねじの有効巻き数にして2~3巻き程度です。これはこれで問題です。そのまま使えるわけはありません。

ヘリサートにより作ったねじ山に、ボルトを入れて締め付け⇒裏側からナットで固定する方法を採ります。
ゆるみ止めとして極めて有効ではないか?と思います。


メーカーが「カシメ」方式を採用しているのは、「絶対に落ちない/落とさない」ことも考えてるからでしょう。
ボルト&ナットでも用はなします。が、メーカーが採用している方法に対し、極端に信頼性を落とすのは有効ではないと思います。
ボルトに貫通穴でもあけてワイヤーロックすりゃ完璧だな。

ありあわせのボルト&ナットで固定してみました。



使うボルト&ナットを吟味すれば、さらに薄く、確実性の高いものになりそうです。


さてと…。35mmもあるオフセットをどう解消するか?

グニュグニュと力が逃げるようであれば目的を果たしませんが、とりあえずオフセットさせるためのカラーを作って試してみることにします。



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「初期型RZ250/RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-13.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-185.html


高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



Nie's garageのHP
作業依頼受け付けてます

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト