RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.09
30
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



V-UP16がらみの記事ばかりが続いておりますが、ご容赦ください。
他のこともボチボチ進めておりますので、そのうち記事に仕立てたいと思います。

さて、V-UP16のことです。
私がこの製品に興味を持ったきっかけは、RZのCDI開発のためにツイントップさんにお邪魔したときです。
昇圧による火花の強さを目の当たりにしたときから、気になる存在になってしまいました…。

火花が強くなれば効果があるのは疑いようのないことですが、じゃぁ、実際に車両のパフォーマンスはどの程度あがるのか?については、はっきりと物申すことができずにいました。
書いている当人が一番ワクワクしていたということです(笑)

すごく気になる女性がいた。ちょっとした立ち振る舞いから「きっと素敵な人に違いない」と確信していた。でも、実際につきあったわけじゃない…。入念かつ丁寧に相手にアプローチし、ようやく口説き落とした。そして、付き合いだすにつれ「実際の素敵さ」に心打たれ、ますます…今の私はそういう心境でございます(笑)

ぐふふ…。「予想をはるかに超えていた」と言わざるを得ません。「予想をはるかに越えることを予想していた」けど、それを更に超えたパフォーマンス向上が感じられました。

 ¶

「別にパワーアップには興味ない」や「普通に走ってくれたらそれでいい」という方は多いと思います。
「整備をした方がいいのは分かるけど、そんな時間ないしなぁ」「最近、エンジンのかかりが悪いし、燃費も悪くなってきたけど修理するほどじゃない」なんて方もいらっしゃるでしょう。

いや、実際は、こういう方の方が多いんじゃないかな?と思います。

そういう方にこそ「自分にも関係ありそう」だと思って読んでいただけたらなぁと思います。

いやね…装着する前から、火花が強いと「こういう理屈だから、こうだ」のようなことをツラツラと考えていたわけです。
どうやったら分かりやすく伝わるだろうか…。

実際に走らせてみて「理屈はどうでもエエわ」と思ったんですね。むしろ理屈があればあるほど分かりづらいだろうと(笑)

ってなことで、今日の記事は、「理屈ぬき」で書きます。

あ、そうそう。大事なことをもう1つ…。

テストに使った私のGX750の点火系は、全くのノーマルです。プラグキャップも純正品。プラグだって純正指定のフツーのタイプです。

基本的な整備こそしていますが、エンジン本体には全く手をつけていないドノーマルです。それも30年も前の車両です…。これが、どのように変わったのか!ということについて書いてみます。

 ¶

V-UP16を接続し、発進させてみます。発進させてすぐに分かるものではありません。なぜか?恐る恐るアクセルを開けていたからです。その後、電流値計測などをしながら走らせていても「だからなんだ」程度にしか感じませんでした。

ところが…難しいことは考えず、普通に走らせ始めたときから、この印象は豹変しました。

まず、低回転/アクセル低開度からの加速の繋がりが桁違いです。

試しに2速でフル加速してみました。うぉぉぉ!!!今まで「俺のGXはナナハンじゃねーな。ロッピャクくらいやで」と思っていたのですね。ところが、「チャンとナナハン」になっているではありませんか(笑)

今度は、3速で試してみました。まったく印象は変わりません。なんと4速でも同様ではありませんか。

私はビックリしました。そこで、少し意地悪なテストをしてみることにしました。

通常ならば「1~2速を主体で、時折3速に入る」ようなタイトなワインディングを、3速ホールドで走らせてみたのです。
驚くことに、ちゃんと走れてしまいました。エンジンブレーキがいつものようには効きませんからメリハリがある走りではないものの、エンジンはストールすることなく、アクセルについてきます。

今度は場所を変えて、同じようなことを試してみました。
いつもは「1~2速」で走らせている”登り”のルートです。ここの登りは相当厳しいです。どれくらいか?というと、ブレーキをかけずにいると足では車体を支えられないくらい…です。

そうそう。GXの1速は、軽トラ並みに低いし、2速とウンと離れているんですね。ですから、シフト操作の時なんぞは、「息をとめなければ」なりません(笑)
ラフに落とすと、リヤタイヤがキュッキュと鳴りますし、1速で引張った状態では、2速へのシフトアップを許さない場合もあります。
そう、慣れていても、かなり緊張するんですね。ウェット路面だとなお更ですから、疲れの要因になっていました。

”そんなGX”で、かなりキビシメの登りルートを2速ホールドで走らせます。

いつもなら1速にいれなきゃいけない「登りのコーナー立ち上がり」を、2速でグイグィと加速していくのです。こうなると笑いが止まりません。

ある局面では、アイドリング以下に回転が落ちることもありました。が、それでもアクセルについてくるのです。

 ¶

私は、意地悪なテストをしたつもりでした。ところが、軽くいなされてしまったのです。普通に走れてしまうからです。今まで、ガチャガチャとシフトチェンジしていたのがアホらしいと感じるほどです。

私は握力が60キロほどあるので、クラッチ操作が辛いと思うことは殆どありませんが、レバーに指をかける必要性すらないのは、とてもありがたいことです。

疲れているとき、雨天や夜間など「別のことに意識を払う必要がある」状況下で抜群の効果を発揮してくれるでしょう。


さぁ、今日の記事をそろそろまとめたいと思います。


「費用に見合うのか?」

私の答えは、疑いようもなく「Yes」です。



この製品、2マン5センエン近くします。この金額だけ見ると、決して安くはありません。

ですが よく考えてみて下さい。これだけの性能向上が…それも実用面で効用のある性能向上を図ろうとしたとき、”別の手段”なら、どれくらいのコストがかかるでしょう?

圧縮をあげますか?ボアアップですか?キャブを変えますか???

”全くお手軽ではない”これらの手段を施すには、相応の対価が必要です。しかも!セッティングなどの付帯作業が「必ず付きまとう」ことはいうまでもありません。

装着には多少の手間と知識が必要ですが、”別の手段”と比べたら…そう、全く比較になりません。


外からみた押しの強さはありませんから、「なんとなく躊躇う」気持ちをお持ちになられても不思議ではないと思います。

かくいう私もそうでしたから…。ですが、実際に触れて、使ってみれば「効果は明らか」だと思います。

興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせ 下さい。



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「初期型RZ250/RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-13.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-185.html


高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



Nie's garageのHP
作業依頼受け付けてます

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト