FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.08
22
Category : 体作り/生活
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



といってもアイロンです(笑)

5年以上かな?愛用していたt-falのアイロンが、いよいよダメになってきたので買い換えました。
スチームが安定しなくなるのは我慢できたんですけどね…「錆汁」が出てくるようになりました。さすがの私も、アイロンの細い経路に「さびとるやん」を使う気にはなりません(笑)


で、またまたt-falです。色は今まで使ってたものの方がオシャレだよなぁ~。新しいのは、ちょっとドギツイ感じです。




当然の如く、最強グレードをチョイス(笑)


国内メーカーのものも調べたけど、私にとっては今ひとつに思えてしまいます。

だいたいからして、軽すぎます。アイロンはある程度の重さがないと、しっかりとかからないし、かえって疲れちゃうんですよね~。

まぁ、力のない女性の場合、「ある程度の重さ」が辛いと思うので、国内メーカーの設計思想も理解はできるんだけどね。


で、もう1つの大きな違いは、スチームの量です。これは国内メーカーのものは太刀打ちできないほど強烈です。

油断すると、でてくる蒸気で火傷をします(笑)

国内メーカーだって、これくらいのスチームにすることは技術上容易なはず。でも採用しないのは安全面への配慮なんだろうなぁ~。


まぁ、そんなものは「使う人が分かってればOK」だと私は思うんで、性能優先です。


ちなみに、使い勝手は最悪です(笑)
水を補給するときには、慣れてないと、方々から水がこぼれてビシャビシャになります(笑)

スイッチの節度のなさや、材質などもあり得ないほどの水準です。

新旧間に進歩らしきものはみられないし、ほんとに酷いので、もしかしたら、別の配慮や理由があるのかもなぁ~。

海外の別のメーカーも候補にあがったんですが、ON/OFFスイッチすらなく、コンセントの抜き差しで対応(笑)…だったりしたので流石にやめておきました。


で、肝心のかかり具合ですが、ほれぼれするほどです。ん~♪ 買ってよかったぁ~。


使い勝手は全く改良されないどころか、悪化してる感さえあるけど(笑)、性能は確実に進歩しています(うっとり)




スチームの穴位置が随分変わってます。個人的に一番いいなぁ~と思ったのは先端形状です。

この微妙な形状差が、仕上がりに大きく影響あるんですよね~。


なんかねー、海外のものって、割り切りというか目的というか…とにかくコンセプトがハッキリしているものが多いように思います。

一度も所有したことのない外車に、ちょっぴり興味が湧いてしまう今日この頃です。



「楽しいんだけどね~。それでも引き続いて、GX750の購入希望者を募集中!」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト