FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.08
17
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



相当数の個体で、過剰に液体ガスケットを塗布されたものや、オーバートルクで締め付けられていたと思われるものに遭遇します。

何れも「漏れて欲しくないからやっていること」という意味で一括りにできると思います。


RZのシリンダーです。




綺麗にした後の状態です。こいつもコッテコテに液体ガスケットが塗られていました。

また、オーバートルクで締め付けられたと思われる状態が…。





ボルト穴周辺だけ、色が違うのが分かると思います。
これ、スクレーパーとオイルストンを使って面だしすると、こんな状態になったんですね。

ボルト穴周辺だけ”盛り上がっていた”からに他なりません。

漏れてほしくないからグイグイと締め付けたんでしょうね…。
グイグイ締め上げても、フランジが曲がるだけです。

フランジが曲がるくらい締め付けると、ガスケットを均等に押さえることができなくなります。

湾曲したものでフラットなものを均等に押さえられるわけがありませんからね~。で、漏れてくるとベッタベタのコッテコテに液体ガスケットを塗布するのかな。

液体ガスケットなんてものは、薄い隙間に存在して初めて威力を発揮するのであって、(特殊な場合を除いて)充填するような使い方は基本的にNGです。

コーキングやあれへんがなっ!ということです。(圧が掛からない場所ならイザ知らず)


次に多い、コッテコテゾーンは、コチラ。




リードブロックの装着部です。ここは、わざわざガスケットが入ってるのに、ベッタベタに塗ってる人が実に多い!!!意味分からんどぉ~。

さらに、オーバートルクで締め付けたあとが…。




スクレーパー&オイルストンをあてた状態。ボルト穴周辺だけ色が違うのが分かると思います。

まぁ、ここはオーバートルク気味になりがちだし、気持ちは分からんでもありません。
インテークマニホールドはゴムなので、トルクの掛かり具合がわかりづらいですからね…。


液体ガスケットを使うな!とはいいません。場合によっては有効であったり、必須な場合もあります。

ただ、塗るなら塗るで、ちゃんと塗ってよね!って思うんです。古い液体ガスケットを剥がさず、その上から塗りこめる…なんてのはNGです。
時々、断層になっているものなんてのもあります(笑)。

このようないい加減な使い方/塗り方で安心できる道理がありません。

やはり一度塗ったものは可能な範囲で綺麗に取り除き、しかるべき処置(脱脂や面だしなど)をした後、塗布するのがセオリーだと思います。



「楽しいんだけどね~。それでも引き続いて、GX750の購入希望者を募集中!」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト