FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.08
12
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



時々、「仕事をしているところを見させて下さい」とお願いされちゃうことがあります。

別に作業内容を隠し立てするつもりはないんですけどね…。うちの作業場からは、寝室がみえるのでお断りしています(笑)

逆の見方をすると、寝室から作業部屋がみえます。なんと素晴らしい住環境なんだろう!(うっとり)


まぁ、理由が理由だけにご容赦いただきたいのですが、”もしも”見せるってことになったのなら、是非とも見て欲しい作業があります。

エンジンのオーバーホールで一番時間を費やす作業ですからねぇ~。この作業を見ずしてオーバーホールは語れません!!!






…ガスケット剥がしです(笑)

昨晩もガッチガチになった物体と戦っていた私。






こいつはかなり手ごわかった…。

ガッチガチになったガスケットを剥がすとき、大まかな作業は画像にある「OLFA」の製品を使ってます。
1回のストロークで削れる量は極僅かです。全く削れてくれなくとも、焦らず黙って手を動かす!これに勝る手順はないと思っています。

ガスケットリムーバーなんて便利なものもあるけど、塗装も剥がしちゃう(剥離剤としても使えるくらいだもんね)ので、安易には使えません。

んー。結局のところ、手を動かすしかないんですね~。

こんな小さな面積を処理するのに、1時間近くかかることも少なくありません。

焦って素地をガリっと削ってしまっては、元も子もありませんからね…。


こいつも強固だったなぁ~。




最も大きな開口部分の周りにはガスケットがしっかりと張り付いています。金属の面じゃありませんよ!

張り付いているというよりも「同化」している感じすらあります(笑)

まるで石です(笑)


早く作業を進めたいときなどは、誰か手伝ってくりぃ~と叫びたくなります。
が、安易に人に任せられないのも事実なんですね。

エンジンのオーバーホールって、派手にうつるかも知れないけど、実際のところは この手の地味ぃ~な作業が大半を占めています。

カーボンを落としたり、バリを取ったり、やたらめったら塗られた液体ガスケットの残骸と戦ったり…。


時々、「2ストのエンジンのオーバーホールなんて簡単だろ!」的なことを見聞きするんですけど、「ふ~ん」って印象を抱かずにはいられません…。
そりゃ4ストの方がウンと大変なのは事実だけど、だからといって「簡単」でもないですよ。

まぁ、あんまり色んなことが気にならない人なんでしょう。ある意味、うらやましいです。

さぁ、ブツブツ文句をいわずに、セッセと手を動かすとしますか…。



「楽しいんだけどね~。それでも引き続いて、GX750の購入希望者を募集中!」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト