FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.08
08
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



作業の合い前に、GX750の整備です。

うちは、車を出さないと作業スペースが確保できません。

今回は、家の前でやっちまいます。
高校生の頃、家の前で真っ暗になるまでバイクを弄ってたのを思い出します。
その周辺のアスファルトは油で真っ黒だったなぁ…。腰上のOHから、何から何まで全部そこでやってたっけ。




今は環境や道具が揃っていないと、作業する気にならなかったり。何とも贅沢な話しです。

一見手抜きにも見えますが、時々、こういうシチュエーションで作業するようにしています。

目的は、別の意味のトレーニングです。普段の環境なら部品を落としてもすぐに見つかります。
が、そうでない場所なら致命傷になります。ならば「何をしなければならないか?」なんてことを考えなければなりません。

ちなみに、家の前のスペースは若干傾斜しています。油断すると、バイクが勝手に動いてしまいます。


メインの目的は、キャブレターのOHです。とりあえず外してしまいます。




外すのに15分程度。まぁまぁだな。

キャブレターの話は明日書くとして…今日はひとまずレデューサーの話です。


タイヤを交換する少し前から、汚れが気になっていたのです。






ひどく汚れてますね…。上面側が汚れていました。オイルの匂いがしているのでオイルには間違いなさそうです。
対向して走っているパイプもレデューサーの真横だけが汚れている。

どこから吹いてるのかなぁ?の前に、どうして吹くのかなぁ?と思い内部のチェックです。

Uターンさせるための自作パーツ。レディーサーのアウトプットラインの先に設置しています。
ここに、結構な量のオイルがたまっていました。




レデューサー本体にも、オイルが付着していました。

オイルが付着していると、リードバルブの動作は悪くなる方向です。

設置場所にも問題があるのでしょうか…。




先ほどと同じ画像です。ブリーザーの排出口の直後に取り付けています。
排出口から離すとレデューサーの効能が薄れる傾向になります。

うちのGX750の場合、体感できる程度に変化するので、排出口までの距離にはこだわりたいところです。

で、(オイル対策にとっては)不利を承知で横向きに設置しています。

ブリーザーの排出口の中は空洞になっています。ここに一工夫をするのが良さそうです。
が、オイルが抜けづらくしようとすると、それはそれでレデューサーの効能を弱めてしまいます。

積極的に排出するでなく、いわば”受身”で動作する機構が故のジレンマです。

こまめな洗浄での対処は、いわば”受身”です。”仕方がないので、洗って凌ぐ”という印象が否めません。

受身の機構に、受身の運用…。 んー。やっぱりつまらん。

いずれにせよ、今の構造では問題があるということですね。

”受身の排出”のままでいくなら、排出口周りに抜本的な対策=排出口の向きを変えるなどの抜本的な対策が必要に思えます。
溶接すりゃOKっぽいけど…溶接するにはするで問題もあります。いくつかの構想は持っていますので、具体的に進めていこうと思います。

とりあえず洗浄しておきました。





強固な油膜をもつA.S.H.のFSEを使っているので、パーツクリーナーで吹いたくらいじゃ綺麗になってくれなかったりするんですね…。
(パーツクリーナーによる洗浄は、レデューサーのゴム部分にもよろしくない方法である)

まぁ、ボチボチ進めます。

 ¶

気になっている箇所に手を加えます。






ステップの取り付けねじ。えらく張り出しているんですね~。しかも”6角”なので、足に当たって気持ちが悪い。

ステップ周りを作りかえる予定があるからと先送りにしていましたが、アレコレ課題があり進みが遅いので…。

こいつに交換です。




普通鋼のねじを探したのですが、SUSしかなかったので…ねじロックを使います。
こんな箇所にSUSのねじを使った日にゃぁ、あっという間に脱落してしまいます(可能性が高いって意味ね)。

車載工具でクルクル。




冒頭に書いた「作業環境」の話しにも繋がるのですが、この手の整備には車載工具を使います。

理想的な道具=この場合は、しっかりしたドライバーを使って作業したとします。

出先で、サイズが合わない&質の低い純正の車載工具しか持っていなければ「とてもじゃないけど緩まない」ですね。それでは意味を成しません。

車載工具は緊急用ですね。緊急のときに役に立たないものに何の意味があるのでしょうか。単なるカサの張る重たいだけの物体ですね。

「普段の整備に不安がない=使いものになる車載工具を車載する」ことが重要です。
さらに、その工具が、自分のバイクに対し「実用に値するかどうか」を検証しておく。とても大事なことだと思います。


ホンの少しのことですが、スッキリしました。




もっと早くやっておくんだった(笑)



「楽しいんだけどね~。それでも引き続いて、GX750の購入希望者を募集中!」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト