FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.07
29
Category : RZ250(4L3)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



GX750の走行距離は、今月だけで1200キロを越えてしまいました。実質2日ほどしか走ってないのに(笑)

こんな調子で走り回っているせいか、GX750の走行距離は18000キロくらいです。
うちに来たときが4700キロでしたから、すでに15000キロ近くを走っています。まだ2年も経ってないのにね~。

GX750がなかったら…その分、RZで走ってたんでしょうね。RZの延命って意味でも、つくづくGX750を買ってよかったなぁ~と思っています。

 ¶

結構な頻度で、OHの頻度の問合せを受けます。多少の違いはありますが、私はこのように応えるようにしています。

以下、YAMAHAのパラレルツインシリーズの、RZ系、1KT系のエンジンを前提にした内容です。

 ¶

走らせ方にもよりますが、ワインディングを流したり、時々ツーリングにいき、普段は市街地も走る…こんな走らせ方で、約2~3万キロくらいでヤレがでてきます。

数値で明らかにしやすいのは、腰上のコンディションです。さらに具体的にいえばピストンとシリンダーのクリアランスが大きくなってきます。

クリアランスが大きくなっても、それなりには走るし、即壊れる…なんてことはありません。

ただ、シャキっとした状態で走らせたいのであれば、早めのオーバーホールが望ましいということになります。

「リングだけ交換すればいいじゃないか」

なんて声が聞こえてきそうですが、リングのみ交換しても本質的な是正にはなりません。

(ストリートにおいて)闇雲なリング交換は、シリンダーの消耗を早めることにも繋がります。

これはピストンも同様です。新しいピストン(およびリング)を使うと、シリンダーの消耗は早まる傾向になります。

交換する必要がないとはいいませんが、闇雲に交換すればいいものでもないということです。

では、そこそこの距離を走った状態で、ピストン(およびリング)を交換すればどうか?残念ながら、これもあまり効果が高いわけではありません。実際に測定してみると、主に消耗するのはピストンではなく「シリンダー」の側なのです。

ピストンは替えが効きますが、シリンダーはそうじゃない。オーバーサイズピストンを使う(=ボーリング)しかありません。
(スリーブ入れ替えも不可能ではないし、シリンダーを交換する方法もあるが、話しが複雑化するので、ここでは割愛)

くれぐれもいっておきますが、レースに使うなら、まるで別の話になってきます。

 ¶

2~3万キロも走ると、腰上には相当な消耗が見られるということです。これは腰下も同様です。

最たるモノはクランクです。特にサイドベアリング、さらにいうと重たいフライホイルを抱いている左側のベアリングは、ダメージを受けやすいです。

総合すると、シャキっとした状態で走らせたければ、2~3万キロごとにオーバーホールを実施…なんてことになります。

ですが、必要かどうか?は、(くどいようですが)また別の問題だということです。

私のように年間1万キロくらい走る人にとっては、2~3年に一度オーバーホールするの?ってことになります。正直いって「やってられません」よね(笑)


○○であるべきだ!なんてことをいくらホザいてみたところで、その「べき論が」、オーナーさんにとって最適とは限らない。

『理想論だけでは、どこにも進めない』ことだってあるんですね。正しいことと最適であることは似て非なるものだと思います。


私は、オーバーホール後の走行距離以外にも、判断材料はあると思うんです。

例えば、「その車両にどれくらい乗るつもりか?」であったり、年間の走行距離だって、判断の軸となると私は考えています。


どういうことか?

(例えば)前述のとおり、消耗した腰上を本質的に是正するには、オーバーサイズピストンを使わなければなりません。
一方、シリンダーはどこまでもボーリングできるわけではありません。

永年にわたって、ずっと乗りつづけたいバイクであるなら、(現実問題として)闇雲にボーリングを続けるわけにはいかないということです。

走行距離を控えるか、あるいはヤレた状態を許容するのか?、バイクにかけることができるコストはどれくらいか?、その車両への思い入れは…様々なことを考慮し、オーナーさん自ら選択することになります。

 ¶

私のRZは、エンジンをフルオーバーホールしてから2万キロほど走行しています。

近頃、少々ヤレを感じつつありますし、実際、シリンダーに消耗がみられます。
ただ、このまま更に走れるか?といわれたら「Yes」です。

理由はいくつかあります。

まず、とても分かりやすい理由からいきます。
ヤレはある程度まで進めば、サチュレートします。

ある程度ヤレてしまえば、それ以上にヤレようがないということですね(笑)

まぁ、めいっぱい回したときのパワーよりも、実用域で”ヤレ”を感じるので、悩ましいところではあるのですが暫らくは今のままで乗ろうと思っています。

そう思わせる理由。それは、「2万キロ前にキッチリとオーバーホール」しているからです。
その後も、定期的に分解&洗浄し、コンディションチェックは欠かしていませんし、今後も欠かすつもりもありません。

それはともかく、直近で(≒状態を把握できる/できている)キッチリとオーバーホールしていることが、「これからもまだ使える」と言い切れる根拠になっています。


ですから、「なんだ、2~3万キロなら、乗れるんだ。3万超えても壊れないんだ」なんて風には考えないで下さいね。そういう単純なことではありません。

距離だけではないんです。20年前にオーバーホールしたことがあり、それ以降は少ししか乗っていない車両も”現状把握”という観点からみれば、大いに不安を感じます。


そう、現在の状況を把握できているかどうか?というのが、極めて重要なのです。

いつオーバーホールしたのか分からない、またどういう経歴か分からない…なんて個体は、一度キッチリとオーバーホールした方がいいと私は考えます。

オーバーホールすることで色んな形の「基準」が出来ますし、安心にも繋がっていくと思います。

どうしたものか…とお悩みの方は、どうか気軽にお問合せください。
ご予算、使われ方、愛車に対するスタンスなどをお示しいただければ、具体的なメニューを提案できると思います。


 ¶

私にとってのRZは、とても特別な存在です。永年にわたり乗りつづけたいと思っています。

かといって腫れ物に触るような扱いはしたくありません。走らせるときにはガンガン走らせたいじゃないですか。アクセルだってキッチリ全開にしたいもんね。

だからといって、湯水の如くお金をかけたり、(いつ使うとも知れない)スペアパーツを山のように集めるつもりはないし、実際にできないです。
そのために場所を借りたり、生活を圧迫するようなお金の使い方はするのは本末転倒だと思うのです。

ですから、あまりお金の掛からないセカンドバイクを常におく。そうすることで(RZの)年間走行距離を適度にキープするようにしています。


まぁ…だいたい3~5年くらい先までの大まかな計画を意識しています。
明確である必要はないと思います。おぼろげでもいいので、少し考えてみると「今、何をすべきか」が分かってくるように思います。

えらそうに書いていますが、私自身”こういうこと”が考えられるようになってきたのは、ここ数年のことです。


人間というのは、不思議な生き物ですね。
若いときは力や性欲をもてあます。ふんだんに使えるものがあるのに、適切に使えない。年を重ねるごとに力や性欲は衰えていく。でも、同時に適切な使い方が分かってくるんですね…。

まぁ、私の場合、若い頃より今の方がウンと活力に溢れていたりするのでタチが悪くていけません(笑)



「楽しいんだけどね~。それでも引き続いて、GX750の購入希望者を募集中!」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト