FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.07
28
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



以前から気になっていたことがあります。点火系の強化です。

まぁ、普通には走ってますし、走りますから、しばらく頭の隅に追いやってたんですね。

ところが、ココにきて「現実味」を帯びてきました。

どういうことか?というと、先日装着した「レーザーテック」の影響です。


こんなことを書いています。

:::
軽く流して走った時の爽快感は、相当なものです。

しかし、この走りをするときのエンジンの回転数は、2000rpm~3000rpm程度です。
アクセルの開度は1/4以下が主体です。この領域でのエンジンのトルクが、やや薄く、ゆったり走るには、やや不足しているように感じます。

アクセルの開閉に対する車体の動きがリニアでないんですね。ですから、少し低めのギヤをチョイスし、回転を若干あげて走らせているのが現状です。
(レデューサーあっての運用です!)

このタイヤをさらに活かすのであれば、エンジン特性も磨きこまねばと思った次第です。
:::

大げさなことはすぐにはできませんから、まずはお手軽なところから初めていきましょう!ということです。

まだまだ妄想モードですが、自分自身のメモを兼ねて書いてみました。

 ¶

うちのGX750は、フルトラ点火です。
(初期型は、フルトラじゃないらしい)

フルトラ点火の分かりやすい解説が、ASウオタニさんのHPにあります。
http://www.asuotani.com/main3.html#13

ちなみに、GX750のサービスマニュアルにも、似たような記述があります。




で、点火系を強化する方法の1つとして、1次電圧をあげる方法があるようです。

STDが14V前後だとすれば、これをホンの少しあげてやる。あげてやるために、昇圧回路を組んでやるわけです。

昇圧回路の分かりやすい説明はコチラ。
http://www5.tok2.com/home/rclabo/syouatu.htm
(なぜか、このURL”禁止ワード”ではじかれました。ひとまず”5”を大文字にしてエラー回避しています。閲覧時は、”5”を小文字入力してください)

なるほどねぇ~って、何となくしか分かってませんが(笑)

LED工作をするときに参考にしたショップのサイトに、それらしい商品があったような…。ありました!オーディオQさんのページです。
http://www.audio-q.com/

で、該当するのが、このページです。
http://www.audio-q.com/power.htm

ここにある、「AQV-2587-FB」なんてのが良さそうに思います。
おっと、これは出力電流が、1.5Aと低めですね。というか、1.5A×12Vだから、18Wですね。
16Vで出力するなら、1Aちょぃ。これは”何となく”低めの値に思います。
…基準出力がどの程度か知らんかったりしますが(笑)

んー。やはり30Wくらいはあった方がいいのかなぁ~。
ならば、「AQV-2587」が良さそうです。ちょっと大げさというか、コンパクトさに欠ける気はします。

まぁ、何を選択するのか?は、STDの電圧や電流がどの程度なのかを把握してからですね。


ところで、どこの電圧をあげてやればいいのでしょうか?

うちのGX750の点火系の構成です。




1次電圧をあげてやるんだから…赤で印を入れたところに放り込めばいいのかな?
これまたよく分かりませんが…。

しかし、これでは1次コイルの断続機能を有するイグナイターにも昇圧された電圧がかかることになるように思うんですね。

全く影響がないとはいえないような気がする…。

(蛇足ですが、イグナイターが回路を切断した瞬間、大きな磁束変化が生じます。これにより1次コイルに約200Vの電圧が発生します。通電した瞬間に電圧が発生するわけではないようです。http://www.asuotani.com/main3.html#15)


電気の知識のない私には、リスクの大きさすら見積もれない。出先でいきなり「チーン♪」されては、笑うに笑えません。

着脱式の回路にしたとて、これは同様です。イグナイターがダメになってから昇圧回路を外しても、時すでに遅しですからね。



蛇足ですが、ASウオタニさんのハイパワーイグニッションコイルとパワーアンプの説明書きによると、
http://www.asuotani.com/pckid.html

ASウオタニさんのパワーアンプは、1次電源ではなく、イグナイタ-とイグニッションコイルの間に噛ますんですね。なるほどなぁ~。

まぁ…3気筒用のキットは売ってませんから、(コイルも含めて)どの道、つけることはできないわけですが(笑)
(その前に、予算という大きな壁があるんだけど)


んー。何か出来ることはないかなぁ?と、配線図をみていると…。

1次側の電源は、結構な経路を辿っているんですね。
(XS750スペシャルの配線図ですが、今回の検証については用を成すはず)




赤のラインがそうです。かなり劣化した電線の中をウネウネと通ることになりますので、それなりに電圧降下するはずです。

ならば、リレーを噛ましてやればいいんでは?と考えた次第です。
ヒューズなどの機能を有する既設のラインでリレーを動作させ、イグニッションコイルへのインプットは、バッテリーからダイレクトに取るわけです。

後付けのリレーの故障が懸念されますが、リレーであれば着脱は容易です。
(あと、ライトオン、グリップヒーター運転時の電圧状態も要確認。ここでドロップするようでは…)

激的な改善にはならない気はするものの(元に戻るだけともいう)、やってみる価値はありそうに思えます。

さぁ、どんなリレーを使いましょうかねぇ~。

その前に、もう少し調査をしておきましょうか。

あー。ちなみに、アースラインは、すでに対処済みです。
(バッテリーから各部へと、ラインを直に引いている)



「楽しいんだけどね~。それでも引き続いて、GX750の購入希望者を募集中!」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト