FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.07
14
Category : どやさこやさ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



いやぁ~、焼酎飲むとダメだなぁ。記憶のトビっぷりが違います。

ビールをガンガン飲めないときは、体調が芳しくない証拠です。快調だったら中ジョッキで10杯くらいは平気なのに、昨日は3杯で辛くなった。
辛くなったから、焼酎の、しかも水割りなんぞに手を出してしまった。水割りは飲みすぎるからよくない。せめて湯割りにするんだったよ…。

あまり飲めない状況で、飲める種類の酒に…というのは、なんともよろしくありません。
元々、ビールが一番好きなんだから、好きなものだけ飲んでりゃいいんよね。実にシンプルです。

でもなぁ~、飲まずにはおれないメンツだったのよね…。
ホイッポ(歩一歩)の店主と、途中からは、にえ子も合流…。このメンツじゃねぇ。


ちなみに、ホイッポとは、こういうお店です。大阪市都島区にある居酒屋さんです。
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0007304565/P927284/

この店主とは、高校からの付き合いです。その後、同じ大学の、同じ学部に進んだこともあり、ホンマによく遊びました。
まだバイクに乗れない年齢からの付き合いだということです。改めて考えてみると、長い付き合いやねぇ~。凄いっ!


基本的に、昔話をしない2人です。昔もそれなりに楽しかったけど、今の方がウンと刺激的だもんね。

ちょっとした相談というか、「この状況を、お前はどう見る?」というような話をうけたんですが、それに対する自分の返事を耳で聞きながら、「あぁ、俺も随分 変化したよなぁ」と感じました。

 ¶

私らが大学生のころは、バブルの絶頂期でした。

いい車に乗り、高級ブランドのバッグをもち、いい服を着て、いい女を連れて歩くのがステイタスと感じるような時代でした。
少なくとも私はそのように感じていたし、そういう考えに染まってもいました。

もぅ、良い物を持ってるヤツが「勝ち」で、そうじゃないやつは「ダメ」なんていうハッキリした時代だったと思います。


人は、人との差別化をはかるために、より高いものを手にしようとしていたし、ちょっと金を持ってるやつは、車といえばBMWやベンツだったし、バッグといえばシャネルやルイヴィトンでした。
そう、まるで何かの印のように、そういうものを手にしているように私にはみえました。あたかも息を吸うような自然な行為に思えていました。

いや、時代を切り口にするのはおかしいですね。当時の私がそう感じ、考え、思っていたということです。


今の私はどう思うのか?全くとは言わないけど、ほとんど興味がありません。

時代が変わったことも無関係ではないとは思いますが、大きく変わったのは私自身の考え方です。


人との差別化をはかるためにやろうとする行為であったり、思考のシステムそのものが「人並み」じゃねーの!と思えてしまうから。


エエカッコするためにもっているものが、カッコ悪く見えるから。そういう行為が実にバカげていると思うから。私は私。そんな印はいらない。

あの頃買えなかったものが買えるようになっていても、あの頃にはなかった自由があっても、今の私には、意味や目的を見出せない。


そうでなければならない理由など何もないはず。自分や自分の成功を、モノで象徴づける必要なんて、どこにもないはず。

 ¶

今から思えば、あの頃の私は、大人になることとは、色んなものを手に入れることだと考えていたように思います。

でも、あの頃の自分が「ああいう風になりたい」と描いていた姿を今の自分がみると、醜く肥大した脂肪だらけの強欲ジジイにしか見えません。

あの頃と比べると、今の自分には、余計なものがついていない。ある意味では、あの頃より今の方がウンと純粋とすら思えます。
「そうでなければならない」なんて凝り固まった考えであったり、一般的な成功の形を追い求めようとする気持ちであったり…そういう、本当に余計なものがポロポロと取れ、裸に近くなってるように感じるのです。
まぁ、その分、ヘンクツさは倍増していると思うけどね(笑)


「豊かさを欲すればこそ、持たぬ選択がある」

ある作品に書かれていたお気に入りのフレーズです。

余計なものがより少なくなっているから、色んなものがダイレクトに飛び込んでくる。あの頃よりも、色んなことがウンと刺激的に感じられる理由かも知れません。

 ¶

色んなことを刺激的に感じられるからこそ、退屈さを愛することができる。

いつもと同じビールの味だったり、ホイッポのダシ巻きであったり、にえ子とする昼寝であったり…。

あくびがでるほど退屈で、ありふれていて凡庸で。でも、自分にとって特別なもの。

そういう退屈なものの中に、豊かさは溢れている。


日常よ、ありがとう。



「楽しいんだけどね~。それでも引き続いて、GX750の購入希望者を募集中!」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト