FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.06
01
Category : 工作室
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


今日は、ちょっぴり毛色の違うお話です。

スバル360のオーナーさんから、とある部品の製作を依頼されました。

部品のワンオフ製作、部品の加工、カスタムされたバイクの整備などは、特殊な作業です。
これらの特殊な作業をお請けする場合、ある程度任せてもらう必要があります。あるいは明確にやりたいことを指示してもらう。基本的にはどちらかだと思います。

気持ちの上では人任せ。でも、やたらと神経質なことをいう。こういう中途半端なのが一番困ります。仕様が決まらないと加工や作業はできませんからね。

「心配だ」なんていわれても困るわけです…。だったらやめれば?って話しですし、特殊なことをするのですから、ご自身による探求や研究は必要不可欠ということです。

あー。ちょっとネガティブなことを書いてしまいましたね…。


今回、オーナーのあつしさんとは、入念な打合せを行ないました。
その過程で、その熱き思いが私に乗り移ってしまいました…。

オーナーさんの「あつしさん」のHPです。
http://homepage3.nifty.com/atu/

このHPをみれば、暑苦しさ加減が伝わってくるというものです(笑)

最初、話をうかがったときに、「おもろそうやねぇ!やりましょ!!」ということになり、その足で そのまま大丸屋へ…。

ま、おれたち「チーム大丸屋」ですからねぇ~。

んー。大丸屋で飲む為に打合せを催したといえなくもないような気がしないでもないなぁ…まぁ、どっちでもエエがな。かまへんがな!

そのときの風景は、ココの3月9日のあたりを見るべし!
http://www.geocities.jp/atu356/SUBARU/2010/201003.htm


えー、ちなみにわたくし、色んなチームに属しております。

女子力アップを目的に結成された「チーム赤ちょうちん」なんてのもあります。
男子メンバーは、なぜか私だけ…。私、こうみえて、女子っぽいところがありますからねぇ~。ガールズトーク大好きです!

 ¶

で、できあがったのがこれです!




左側にみえる大きなファンは、クランクケースに取り付けられます。
で、右下の黄色いのがVベルト用のプーリーです。

今回製作したのが、右上の部品。ファンとプーリを接続するためのアタッチメントです。
で、何をするものか?といえば、クランクシャフトでエアコンのコンプレッサーを回すための部品なんですねー。で、アレヤコレヤの検討となりました。

大丸屋における入念な討議の結果、当初の予定よりも簡素なものとなりました。
”クランクシャフトに対して芯を出すこと”に重きをべきだろうし、そうなると、極力部品点数を少なくしたいですからね。


で、あつしさんご自身がおこしてくれた図面(3Dです!)を手に秘密工房に走りました。

今度は、秘密工房のhさんと打合せです。用途をしっかりと理解した上で、作業工程を検討する。

なかなか出来そうで出来ないことです。図面上で精度をいくら詰めたとしても、加工がやりづらければ実現するのは難しくなります。結局、更に更に、シンプルな構造となりました。

シンプルな構造とはいえ、入魂の作品です。ご覧下さい。




まず、クランクに直接取り付けられるファンの加工から。
面を綺麗に一皮剥いています。よく見えないですが、内径側も一皮剥いています。

クランク軸に対する芯を出した上で、円周方向にねじ穴を設けました。


この部分に装着するアタッチメントがコレ。




最内径部分は、クランクシャフトにファンを固定するナットがはまるので、逃げを設けています。
アタッチメントの外周部分にも、微妙な逃げをつけています。これでファン側との干渉もありません。

少しでも斜めになると入りません。まっすぐ入れると「す」と入ります。
スーでもなく、スッでもありません。あくまでも「す」です(笑)

アタッチメントをのせたら…。




次にプーリーを取り付けます。ここも絶妙な嵌め合い加減(うっとり)





ちなみに、このプーリーも裏側は…。




面を出しています。さらにプーリー中央の穴も綺麗に真円加工が施されています。あー、周りにある穴も追加であけています。

この状態で、クランクの横でグルグル回るわけです。





オーナーのあつしさんもご満悦です。
http://www.geocities.jp/atu356/SUBARU/2010/201005.htm

この手の加工には、本当に手間暇がかかります。

オーナーさんの情熱がなければ、よい物にはなりません。
造り手の情熱だって同様です。オーナーさんと、造り手の熱い思いが融合し、このような作品が生まれるのだと私は思います。


「こんなことがやりたい!そのために、こういうものが必要だ!」という方は、その熱き思いを添えてご連絡下さい。
可能な限り、対応させていただきます。

主体性をもった わがままは、大歓迎です!!!



「GX750の購入希望者を募集中」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト