RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.06
30
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



とりあえず、図面を描くのは「毎日1時間」と決めました。キリがありません(笑)
自分の中にブームを作ってはいけませんね。何より続きません。

今日は、ステッププレートの設計です。



うちのGX750のステップです。




ノーマルのステッププレートを活かし、ここにプレートを被せる構造にするつもりです。
基準となるノーマルのステッププレートは、hさんの手によって面だし加工を施してもらっています。

この加工、単にフライスでザーッと削っただけにみえるかも知れませんが、実際は恐ろしく工数がかかっています。
ステッププレートをフレームに固定するボルトを基準軸とし、ワークの水平や位相をキッチリ出して加工しています。

かなりの精度で左右対称にもなっています。う~ん、エクセレント!!!

 ¶

少し脱線します。というより、今日の記事はこちらが本題かも知れません。

私のバイクに装着されているワンオフパーツの多くは、hさんに協力して作ってもらったものです。

hさんとは、某P○○K製ス○ッ○○バ○ブの加工をされている方と同一人物です。

hさんの愛車のエンジンは私が組んだものです。しかし、元は全くお付き合いのない方でした。

実際、当初hさんの愛車をみて「あれ?樹脂製のワンオフパーツが沢山ついてるなぁ」程度にしか感じていませんでした。
(あとになって「とっても凄い人」だと気が付かされるわけですが(笑))

その後、朝練にお誘いしたりしているうちに、すっかり…ということですね。

しかし、最初っから加工をお願いしていたわけではありませんでした。

「よかったら○○を作らせてもらえませんか?」と言って下さったのがきっかけだったと思います。
何でも自分で作ってみたい私ですから、最初は少々引っかかるものがありました。

元々、サンダーとヤスリで削りだしていた私ですから、「わざわざ機械加工しなくてもエエんちゃうのん?」くらいに捉えていたように思います。

ですが、せっかくだしやってもらうかぁ~とやってもらうようになりました。

できあがったパーツをみて、その細やかな気づかいに心打たれました。

今でも自分でパーツは削ります。hさんの前では作るとは書きません。というか書けません(笑)
でも、「ここだけは…」という部分は、hさんにお願いします。できそうに思えても「ここだけは…」の部分はお願いするのです。

トライするのが面倒なわけではありません。hさんの仕事ぶりをみていると、あまりにも遠いのです。
踏み出さなければ、そのレベルに到達できない…それも確かです。が、本業としてやっておられる方に適うわけはないのです。

本当の「プロの仕事」とはそういうものです。

hさんは、アルミの加工は難しいわ…と仰います。普段は樹脂加工をメインにやっておられるので当然のことかも知れません。
ですが、物を作る姿勢について、私はこの方の右に出る人をみたことがありません。

いいものを作るためなら、昼夜を問わず、徹夜もいとわず、決して手間を惜しまない…。

かの某P○○K製ス○ッ○○バ○ブも、そうやって生まれたのです。
(もちろん、ま○○ばさんとの協力関係があってこそ生まれたことはいうまでもありません)

私は、側でみせていただいて、本当に凄いと思いました。「風の中のすぅばるぅ~♪」のBGMと共に、涙がでそうになるくらいです。
(実際、私は涙していたのですが…)

どうかお願いです。加工してくださる方を、便利屋のようにとらえないで下さい。作業者を、しもべのように扱わないで下さい。お金を出せばいいってものではありませんが、相応の対価はお願いします。なにより「ありがとう」の言葉を伝えてください。

皆、プライドを持ってがんばっているのです。

職人にとってのプライドとは、ただ胸を張ることではありません。

”ただ手を動かすこと”が、職人にとっての唯一のプライドです。

 ¶

先ほど、hさんの愛車のエンジンは、私が組んだと書きました。

hさんの愛車はR1-Zです。hさんは、これを普段使いから、ワインディング走行まで、ガンガン使っておられます。

これでもかっ!!!!というほど「全開」でエンジンを使ってくれます。
私は、hさんのバイクの排気音を聞くたび、本当に嬉しくなります。

「信じてるでぇ!」

そう感じるのです。先日、東征した折、椿ラインで並み居る猛者を相手に「いつものように全開」してくれた時には、涙がでそうになりました。

私が一生懸命組んだエンジンを信じてあけてくれる…メカニックにとって、これに勝る喜びはありません。

先日「にえさんが組んでくれたステムのおかげで、最高速付近でも手放しできるくらいですわ」と言ってもらいました。これも本当に嬉しかった。

本当にいつもありがとうございます。もはや私のバイクライフにhさんの存在は必要不可欠です。これからもよろしくお願いします。

あ、そうそう。1つお願いがあります。がんばりすぎて体を壊さないで下さいね。それと食べすぎには注意ですよっ(笑)
くれぐれも、よろしくお願いします。

 ¶




先の画像と同じです。

ステップ位置は、スイングアームピポットに装着されている銀の○形状の部品の真下か、もう少し後ろくらいにしたいなぁと考えています。
スイングアームピポット周辺の形状的に、幅方向の広がりは許容せざるを得ません。

ノーマルのステッププレートをどうにかしても…装着したい場所にステップは付きません。

今年の1月に書いた関連記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/23652168.html

ですから、ノーマルのステッププレートに別のプレートを被せる構造にします。プレートを装着する為のボルト穴(タップ加工している)も、hさんに加工してもらってます。
左右の位置がズレてると、気持ち悪いですからね。

そうそう、場合によっては、ゲタ(カラー)を噛ませる必要もありそうです。




穴と穴の位置関係を、CADに入力しておきました。ピンク色の破線でプレートをひとまず描いてみました。
これを実際にあてがって、ステップ位置をシッカリ詰めます。その上で、またプレートの形状を決定したいと思います。

CADの便利なところは、図面上で垂直&水平の基準線を引くことができること、またそこからの距離を求めることができることにあります。

「現状より、10mm上へ、5mm後ろへ」なんて仕様変更が容易にできるということです。
最初は面倒くさく思えていましたが、有益面に触れることで、俄然やる気が湧いてきます。

実は、GX750を売ろう!と思ったとき、一番引っかかったのが、ステップのことでした。
hさんに面だし加工してもらったままになっていたからです。このまま売ってしまったら、努力に報いることができない…。

今後どうなるかは分からないけど、とにかく形にしなくては!がんばります。



ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト