FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.05
27
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


昨晩から連続でアップ中。
ここのところ、毎日作業しているので、ブログのアップが追いつきません…。

「GN125Nのエンジンを計測(その1)」
昨晩アップした記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25646743.html

「グリスは程ほどに…(ホイルのメインテナンス)」
今朝アップした記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25486585.html

 ¶

さてさて、先日届いた、RZ250のエンジンの分解を進めています。

自分が分解したことのある個体を分解するのは比較的容易です。

「お?このエンジンいいねぇ」と思ったら、めぐり巡って自分が組んだものだった…なんてことがボチボチでてきました。にえガレに歴史あり!?
ねじへの適切な潤滑であったり、もちろん清掃であったり、面だしやバリ取り、さらには…。こういう細かい積み重ねの意味を、ふつふつと実感させられます。

ところが、どこで組んだか分からないエンジンは最悪です。

使用中に傷つくはずもないところに傷があったりするのをみると「あぁ、いい加減にやってたんだなぁ」と感じます。

自分が触ったエンジンに、そういう部分があってはなりません。迷いやためらいを感じたら「足を戻す」勇気を持つようにしています。

 ¶

フライホイールを固定しているナットを外すと、ワッシャとスプリングワッシャが入ってます。
後期のRZRは、ワッシャ1枚と、フランジ付きナットになってます。もちろん、コッチの方が好みです。

で、このワッシャ。結構外しづらいんですね。無理矢理やれば外せるのかも知れませんが…そんなことはやりたくない。

ということで、こういう風にして外しています。




磁力をもたせた細いドライバー(先端はR加工してある)を2本使って、イジイジと手前に寄せて外すのです。
あぁ~。画像をみているだけでイライラしてきそうです(笑)

確かに、磁力が弱いとイライラするので、コイツを使います。




マグネタイザ~♪

ドライバーなどに磁力を持たせる道具です。+側で、ゴシゴシすると磁力が発生します。

-側をゴシゴシすることで脱磁もできます。これが私にとっては、メチャクチャ重要です…。

PB製で、たしか1000円前後だったと思います。
Weraからも出てますね。Weraのは、ヒトデっぽくて、趣味が悪いと感じるくらいに色がポップ。
ドギツさも、工具箱のアクセントにはむしろいいかも…と思いましたが、倍ほどするのでやめました。

ワッシャがコジられると外れてしまいます。そのお陰で、無用に(クランクシャフトに切られた)ねじを痛めることはありません。
よし、あともうちょっと!




取れました。




作業が終わったら、またまたマグネタイザーを使って脱磁しておきます。

 ¶

国産のドライバーって磁石付きが多いですね。バイクの整備用には「なんだかなぁ」って思っています。引っ付いて欲しくないものまで引っ付くからです。どうしても細かな鉄粉などを呼んでしまいます。
(磁石さえついてなければ…と思う国産ドライバーはたくさんある)

少なくとも、磁力のついたドライバーで、キャブの内部は触りません。
磁力の有無をとわず、ドライバーの先端の作業前チェックは欠かさないけど、キャブを綺麗にするのに、異物をぶち込む”要素”がああるのは、どうにも気持ちがよろしくない。
実質的に問題はないかも知れませんが、まぁ、それくらい気を使っているということです。

磁石が必要なシチュエーションより、磁石が不要なシチュエーションの方が多いと思うんですけどねぇ~。ねじを引っ付けるだけなら別の手段だってありますから。
また、先端の磨耗(消耗)していない適切なドライバーを使えば、そうポトポトと落ちるものでもないと思います。

適切なドライバーを使えば、ねじは驚くほどフィットするし、そういうもの(あるいは状態)で使いたいものです。

私は、バイクの整備において、磁石付き工具は特殊用途だと思っています。本来、ねじは手でいれて、手で回して、最後に工具…が基本だと思います。
ねじを磁石で引っ付け、まっすぐかどうかも分からん状態でグリグリねじ込み…なんてことはやりたくありません。

必要性と便利さは、イコールではないといえば言いすぎでしょうか。

まぁ、他人様からみたら「どうでもよさげ」なことが気になる私にとって、「マグネタイザー」は、とても便利なツールです。



「GX750の購入希望者を募ります」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト