FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.05
26
Category : DTふたたび
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


さぁーって、ボチボチやるとしますか。
まずは、エンジンオイルを抜きます。






昔は、きっとオイルだったんだろう…たぶん、おそらく、きっと。

さてと計測開始。

エンジンハンガーは、かつてフレームだったパイプもろとも摘出済みです。




DT50と、ほぼ同系のTZR50のエンジンとの比較です。




ほんまに載るんか?(笑)

エンジンのセンターを把握しないことにへねぇ~。
前側のエンジンマウント付近を観察。




エンジンハンガーの左側の面がでていますね。つまり、エンジンマウントは、右側に長く伸びています。

かつてフレームだったパイプを真上から撮影。




パイプのセンターが、エンジンのセンターなんでしょう。たぶん。

あっちやら、こっちやらを、セッセと計測…。

左右分割式のクランクなので、ケースの合わせ面を基準とし、そこからエンジンのセンターがどこにあるのか?を”実測値”にもとづいて”計算”で求めました。
結果、エンジンセンターは、ケースの合わせ面から、左側(車体進行方向に向かって)に19.1mmの位置となりました。

設計上のセンターかどうかは分かりませんが、何らかの基準を決めないと先には進めません。

各部にケガキ線をいれておきました。ケガキ線にストレートエッジをあてて撮影。






うん。見た目に違和感はありません。

対するTZR50のエンジン。




このエンジンは、ケースの合わせ面のセンターがエンジンのセンターです。
分かりやすくていいなぁ(うっとり)

画像はありませんが、GN125Nのエンジンの裏側には、エンジンオイルのストレーナがあります。
こういうものを配置する関係で、ケースの合わせ面が分かりやすい位置にないんでしょうね、きっと。

さてと…最大のポイントはスプロケセンターとスイングアームピポットの位置関係です。




これだけはSTDと同じ位置にしたいところです…。



「GX750の購入希望者を募ります」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト