FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.05
09
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


先日書いた”焼酎”について、驚きのご連絡をいただきました。
こんな驚きのつながりがあったとは…にえガレの運営、ブログを継続してきてよかったと心から思いました。
今後も、どうかご覧頂きたいなと思います。また、どうか気楽に書き込みいただけると嬉しく思います。

 ¶

さて、先日(5月2日)、ラジアルポンプマスターの基本的な整備を行いました。

内容は極めて単純です。単なるグリスアップです。


GX750には、NISSIN製のラジアルポンプマスター(ピストン径17mm)を装着しています。
http://www.geocities.jp/nieyuki/090505.html

当時のインプレです。
http://www.geocities.jp/nieyuki/090510.html

当時は、TZR250R用のキャリパーを装着していました。ディスクもSTDです。
その後、MOSキャリパーおよび298mmのディスクを装着し、相応の仕上がりになりましたが…。

交換の目的は、前に装着していたブレーキシステムを丸ごと譲ってね…と言われたからなんですが、私は、どうもこのマスターシリンダが好きになれません。
以前装着していたYAMAHA YZF-R1('04)純正のセミラジアルポンプ(ピストン径は16mm)の方が好きです。

見た目もスッキリしているし、初期のフィーリングが私の好みです。

…といって、買い換えるのもねぇ~。文句垂れてないで、状態意地に務めています。

この作業をサボると、あっという間にフィールが悪化します…。


レバーを外します。







やっぱりダメですねぇ~。グリスは残ってるように見えますが、肝心の部分の潤滑が不十分です。
ベタベタに塗っても無駄なだけです。薄めに、かつ小まめにやる方がいいですね。


さて、いかにピストンにスムーズに入力するか?これがどんなマスターシリンダーにも共通する極めて重要な要素です。

横置き配置の場合なら、レバーの力点部分には、横にスライドしつつ押し込まれる力が生じます。
適切な潤滑が施されていても、しばらく使っていると「なんらかの形」でピストン側が磨耗します。
握りこんでいくと「ギギギ」としたフィールになってしまいます。メンテ雑誌などでは、「キャリパーのもみだし」がどーのこーの…なんて書かれていますが、マスターシリンダのことに触れてあるものは、そう多くないように感じます。
ブレーキを動作させる根源であり、しかも旧態然とした「極めて原始的な構造」を採用されているが故、劣化も著しいというのに…。

おっと、うちのラジアルポンプマスターの話しでしたね。ラジアル配置についても、ピストンへのスムーズな入力は大事な要素です。
レバーの動きが支点を中心とした円弧運動である以上、裂けて通れない問題です。正確に真直ぐ(ピストンの動きと平行に)動作=入力させることはできません。

ならば、かならずコジる力がどこかに生まれる。
BERINGERではベアリングを入れることで力を逃がしていますし、ブレンボも相応の設計を採用しているのでしょう。
(後者について、私は分解したことがないので想像に過ぎません)

とにかく、ここの潤滑は極めて重要です。

レバーを外して、ここの潤滑をするには、ものの十分もかかりません。
(横置き配置は更に楽。尖ったもんの先端(タイラップの先や細いドライバーの先など)を利用し、グリスをつけてやればOK)

ちなみに、レバーのピポット部分の汚れはこんな状態でした。




この程度の汚れなら、あっちゅー間ですね。それくらい頻繁にやってるということです。

 ¶

昨日の朝連です。




待ち合わせ場所の7時時点の気温です。
ようやく11度まであがってきました。革のジャケットにインナーつき&薄手のシャツでちょうどよかったな。

行き先は、まいどおなじみの月ヶ瀬です。




ブレーキのフィールは確実に戻っていました。




その後、和束経由で井出町で。のほほんとした風景。この季節は本当に気持ちいいなぁ。




…いよいよ終わっちまったよ(-_-)

5,000キロでアウトです。安くてもコレじゃぁ、むしろコストが高くつきます。

昨日の朝連では、新たな課題が…。さっそく対策しました。記事はまた別途書きたいと思います。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい