FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.04
26
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


この楽しかった旅で感じたことを、基本的にはありのままに書き綴ろうと思います。

まず最初に、旅程のプランから、宿の手配、そして先導の全てをこなしてくださった「まめしばさん」に厚くお礼申し上げます。
まめしばさんがいらっしゃらなければ、今回の旅は実現しませんでした。本当にありがとうございます。

あの寒い中かけつけてくださったrobinさん、2日間お付き合いいただいたMAKOTOさん、わざわざ来てくださった おりださん。本当にありがとうございます。

そして、2日の中で、直接お目にかかった皆さん、そして間接的に関わってくださった皆さんにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

 ¶

さぁ、何から書き始めればいいのでしょうか。
今回の旅の記録は、「○○のメカニズムがどうの、こうの…」といった切り口が主体とはならないと思います。

今回の旅は、私自身、様々な目的を持っていました。
一緒にいった2人にも、それぞれに目的があったと思います。
日頃から、本当に仲良くさせてもらっていて、助けてもらっている間柄だからこそ「いこうよ!」とお誘いしました。

急な申し出にも関わらず、2人とも身の回りの調整を一生懸命やってくれました。”当人のため”といってしまえばそれまでかも知れません。が、私はとても嬉しく思いました。

まず、共に走ってくれた2人の友にお礼を言わせて下さい。本当にありがとう。

そして、気持ちよく送り出してくれた にえ子にも。ありがとう。


帰る直前だったでしょうか。相棒のコタプーが一言。

「無事に帰ろや」

ジーンときました。その言葉はとてもシンプルでした。が、この言葉から得るものは大きかったです。


私は、HP中にある「自己紹介」のページにも、これに関連することを書いています。
http://www.geocities.jp/nieyuki/jikosyoukai.htm

人は、時として大切な何かを忘れてしまいがちです。


私はこれを2008年2月28日に書いています。あれから2年と少しが経ちました。少しは成長したのでしょうか。
このときから色んなことがありました。当時は所有していなかったGX750が新たな相棒に加わりもしました。

そして今、私は、どこへ、どのように進めば良いのだろう?それを見つける旅でした。

 ¶

総走行距離は1080キロでした。1500キロは越えるかな?と思っていたので、ありゃりゃ?という感じです。



トリップが1周。+80キロです。

初日に、ミゾレまじりの(&ヒョウ)雨に降られたこともあって距離が伸びなかったのですね。
数字上の距離以上に感じるところ多くあり、大変有意義な道中でした。

今朝起きてみると、ことの他 疲労感がありません。全くとはいいませんが、通常の朝練ついでにいくプチツーと同じレベルです。しっかり朝○ちもしていました(笑)

ただ、少々胃に痛みを感じます。

「無事に帰る」ことへの過剰な意識が、知らず知らずのうちに負担を強いていたようです。バイクに乗ることは緊張感を伴います。なぜなら”常に危険と隣りあわせ”だからです。走りなれた道では、こうも胃は痛みません。いかに「ゆるゆる」とした気持ちで乗っていたかを思い知ることになりました。

と思う一方で、「なぜそこまで?」とも思いました。復路の高速では、恐らく0度付近にまで気温が落ち込んでいたと思います。2日目の昼あたりから胃の痛みを感じていたものの、この区間から急激にきました。
2度ばかりピットインし、ホットな便座の上で安堵…。

体はカチカチ…直線ばかりの区間などでは「緩やかなカーブがでてきても曲がれない」状態になりました。そう、体が硬直してしまっていたのです。

「にえちゃん、冬仕様でいきや!」と複数の方からいただいたアドバイスがなければ、私の身はもっと危険な状態に晒されていたと思います。
クシタニのフルスペックの防寒ジャケットに、相応のものを着込んでいたので「必要にして十分」ではあったにせよ、「なめてかかっていたら…」と想像すると、ゾッとしてしまいました。

そう、私は「行った先のワインディングで走りやすい服装がいいと、その気持ちが先行するあまり、タイトフィット(中に着込めない)の革の上下でいくつもりだったのです。。。「無事に帰る」という観点からは、大間違いのチョイスです。

「寒いのなんて我慢できるわぃ」と、どこかで思っていましたが、これは大間違い。勝手を知ったワインディングを走り回るのとはわけが違います。

バイクといえば、本体ばかりに目を向けてしまいがちですが「装具」についても、改めて考えさせられる機会となりました。

常々、バランスの重要性について記述してきましたが、今後は「人」をより意識した車体作りを進めなければと再認識。

今後の方向性の糸口が、少し見えてきた気がします。


(まだまだ続く…)



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい