FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.04
12
Category : RZ250(4L3)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑






先日の朝練で、約半年ぶりにRZでの走りを堪能しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25106450.html

最初のうちは「ゆっくり走るでぇ」と宣言していたのに、気がつくと…いつもどおりに走ってました(笑)

まず第二京阪を走っているあたりから「笑いが止まりません」でした。「なんじゃこりゃぁ~」って感じです。

エンジン・車体が暖まったのを確認し、気持ちのリミッターを解除。
気持ちよく流していると「GX750より風圧感じるなぁ。あんなスクリーンでもあると違うんだなぁ」なんて思いつつメーターをみたら「そりゃ風圧も感じるやろ」な速度で走ってました(汗)

慣れも様子見も殆ど必要ありません。なぜなら「俺のRZ」そのものだったから。GX750の特性に体が馴染みきっていると思っていたので、これは嬉しい拍子抜けでした。結局のところ「俺の欲しているのは、コレやなぁ」を形にしたようなものだからでしょうか。


それにしても気持ちいい。

何が気持ちいいって、操作し、それに応えてくれる声の豊かさです。今度の「東征」はGX750で行く予定をしていたのですが…こんなバイクに乗っちゃった日にゃぁ、GX750に乗る気がおきません。はぁ。全く…。

半年振りに乗って「想像以上に、俺のバイク」だったことに感動しきりということでしょうか。

去年、なんで「あんまり」乗らなかったんだろうなぁ~。たったの2,000キロしか走ってない。
もっと高みを!と思うあまり、億劫になってしまったのかも知れません。「ちょっと考えすぎていたのかな」と思います。

周りに認めてもらえるようなものにしよう…なんて、ちょっと肩肘をはっていたのでしょう。もっと自然でよかったんだね。
課題探しといいつつ、アラを探していたのかも知れません。

もっともっと、本質を見てあげなくっちゃと思った次第です。ごめんなー、RZ。今年はもっと乗ってあげるからね。

 ¶

などといいつつ、舌の根も乾かないうちに課題の話しをしてしまうあたり、節操ないこと この上なしです(笑)

リヤタイヤをこれまでの110/80-18から110/90-18に変更したのが最も大きく作用しています。
変更した理由は、ココに書いてます。
http://www.geocities.jp/nieyuki/090801.html

ある程度のところまではスパァーっと切るように寝ていきます。ある意味では狙い通り。軽快で気持ち良いのですが、そこから先がダメです。
相対的にリヤが高く、かつフロントが低くなったせいでしょう、フロントが逃げるときがあります。まぁ、軽い(操作&重量)車両ですから、フロントがツツっと流れたところで「なんてことはない」し、頻繁におこるわけでもない。ですが気持ち悪いのは確かです。

速く走ることは目的ではないけれど、安全マージンが高くないのも嬉しいことではありません。知った道ならいいけれども、知らない道を走ると「構えてしまう」気持ちになりそうです。ここに、小さな、しかし絶対的な差を感じます。

やはり、私のRZ&乗り方には110/80-18があっているように思えるけど、元に戻すのもね…そもそも課題あって変更したのだから、もうちょっと試行錯誤してみよう。
具体的には、フロントを数mmあげてやろうかな。これ以上、フォークの突き出しは減らせませんから、フォークの全長を伸ばす方向になります。すでに方策は考えています。手がかかる癖に1mmくらいしか上がらんのですが「1mmの差」は無視できません。

走るシチュエーションと、フォークストロークの関係についても、そこそこのデータが取れてきました。ダンパーは何とかしたい。けれどひとまずは、スプリングレートの検討を本格的に開始することにします。
今も柔軟なよい仕事をしてくれているのですが、もう少ししなやかさを付与したい。
ガン!と荷重を受け止めるようにすれば「あんな華奢」なフォークではきっと支えられない…ならば、どうすれば?が、より具体的な課題です。

 ¶

自分の走り方に馴染むように作ったバイクなのか、それとも馴染むように作ったからなのか…今となっては「どちらが先」だったのか、さっぱり分かりません。
徐々に積みあがって結果が「今」なんだろうなぁと思います。昔は、もう少し明確な目標があったんだけどなぁ。

ちなみに当時立てた目標は”どこまでも走っていきたくなるバイク”でした。

今では、500キロくらいはあっという間に走りきってしまうバイクになっています。でも、この先、どういう方向性にもっていきたいんでしょうね…。正直、視線が定まっていません。

1ついえるのは、よりバイク側の許容量を増やしてやりたいなぁーということかな。
そうすれば、もっと高い安心感が得られるはずです。そうなれば、もっと対話を楽しむことができそうに思うのです。

なんとも抽象的な話しやなぁ~。ホンマに困ったもんです。
まぁ、やってみないと答えには到達できませんから、やってみるしかないですね。


一番難しいなって思っているのは、評価の軸です。
今感じている課題の性質が以前と比べると大きく変化しています。相応のペースで走ったときでないと特性のチェックができないのです。
軽く流している(気持ちのよい領域)ときにも「まぁ、確かに感じるけど、そうじゃなきゃいかんというわけでもないなぁ」程度なんですね…。

ややもすれば「速く走ることができればOK」みたいになってしまわないようにしないといけませんね。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト