FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.04
06
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑



字数制限に引っかかってしまったので、2分割にしました(笑)

その1は、こちらです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25049299.html

 ¶

人付き合いや仕事において大事だと思っていることがあります。

「相手の受け止めよう」です。

自分は完璧な仕事だ!と思っていても、相手にとって好ましくなければNGということです。
例え正論であっても、相手を無視した結果でしかなければ「単なる傲慢」な行為ではないかと考えるのです。

「俺は完璧に検討したぜぇ」といっても「周りが苦しがる」のなら、よき仕事ではないということです。
もしかしたら労働としては真っ当であるかも知れません。が、よき仕事ではないように(近頃)思います。

何も先読みしすぎることはないのです。まずは目先…自分の次に、目の前にいる人のことを精一杯考えてやる。
その人が受け止めやすいように「仕事をする」。結果として、次の人も…繋がりの妙ですね。


これをバイクに置き換えてみると…腑に落ちることがたくさんあります。

高性能なパーツは「完璧な労働」はこなすかも知れません。が、それを受け継ぐものに、受け止めるだけの能力がなければ…意味をなしません。

 ¶

1~3では、フロント周りについて書きました。

今のところ感じている課題は、フロント周りに集中しています。これは1つの事実です。

しかし、フロント周りだけでバイクは動いているわけではありません。
足回りという意味では、リヤ周りが最も大きく影響を受けるでしょう。
(フレームも…だけど、ここでは一旦無視します)

フロントにアレコレと手を加えると、リヤ周り…特にリヤサスペンションのセッティング変更は必須です。

しかし、現在装着しているOHLINSは、殆ど調整機能を持たないタイプです…。

フロントをいじるのなら、リヤサスの換装も視野に…どころか、ほとんど同時並行的に実施しなければならないということです。

相互に関係するもの同士を高めあわなければ、車体トータルの状態が向上するわけがないのです。

雑駁にいえば「やるならば」「フロントもリヤも一気に手をつける」ということになります。
ここでいう「手をつける」の意味は「パーツは一気に買わんとアカンわ」ということです。

#セッティング変更は、1箇所ずつやるのはいうまでもない


当初、現状の足回りを より活かすために「より豊かなエンジン特性」を造りこもうかなぁ?と考えたこともありました。

アクセルワークに対し(過激ではなく)リニアに反応する豊かなエンジン特性…これも操安を決める大きな要素のひとつだと思うのです。

やや話は脱線しますが、私のRZのエンジン特性の狙いもココにあります。
ばっきーん!と吹け上がる「2ストらしさ」に主をおかず、アクセルに追従するトルク特性に主をおいています。

話を戻します。4ストロークエンジンの特性を磨けるほどのスキルは、今の私にはありません。
しかし、必ずやチャレンジしたいと思っています。そのためには、まず足回りを「よりキャパの広い状態」に持っていきたいと考えました。

 ¶

話を冒頭に戻します。

今のGX750の状態は「決して悪くない」のです。

ここからモディファイをすること即ち、今のよき状態(≒バランス)を崩すことに他なりません。

また、少しずつ仕様を変えていく領域を超えた部分に突入しようとしています。

STDの範疇から、STDの延長線上を目指す…という感じでしょうか。

立ち止まるのか、あるいは突き進むのか…。


今、私はとってもモヤモヤしています。


フロントにビルトインタイプのダンパーを装着し、リヤサスも調整可能なものに変更し、さらにはブレーキ周りも…。
どう軽く見積もっても、15万コースです。

バイクは、紛れもなく「私にとって一番の趣味」ですし、ライフワークと公言しているものでもあります。
だからといってコストをバンバン投じることを強く望んではいません。

今日の記事の中に書いた「課題に対する解決策」の一例は、ある意味「紋切り型」といえなくもありません。

すでに多くの方がトライしてきた実績ある方法ばかりです。

正攻法ではあるのでしょうが、それをトレースするだけでいいのか?!

工夫で回避できる要素はないの?

今の構成で、より磨きをかける方法はないの?

そんなことを自問自答しています。



無論、パーツの投入そのものは何の解決策でもありません。所詮は入り口です。

そこから、どう磨きをかけていくか…そこで自分らしさを発揮できるのも一方で事実です。


はぁ。まいったなぁ。


 ¶


…モヤモヤしとっても始まらんので、私はあることを決めました。


「東へいこう」


”さるお方”に会いに行こうと思います。

きっと、私は自分の背中を強く押すことになるでしょう。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト