FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.04
05
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


少しずつ暖かくなってきました。
どこへ行くのもバイクで行きたくなる、よき季節の到来です。

先日も、「桜並木の綺麗なところがあるねん」とメールをもらった数時間後には…GX750に跨っている自分がいました。

目的地周辺に到着し「どこかなぁ?」とウロついていました。アッチでもないしー、コッチでもない…。
元来、超「方向音痴」なことも相まって、Uターンばかりするハメに。


「くるん」と旋回しようとすると「オットットっっ。。」

「クソデカく、クソ重たい、フロント19インチのナナハンだから無理もないでしょー」ってことではありません。

元々、Uターンは決してヘタクソではないし、Uターンできないバイクは好きじゃない私です。
だから、Uターン特性も大いに気にして車体作りをしています。

「ひさしぶりに乗ったからヘタクソになったのか?」と思いましたが…そうでもありません。

ふと思いました。

「レデューサーを外したからではないか?!」

 ¶

その後、何度もUターンを繰り返し、そのときに感じた違和感を体に覚えこませました。

その状態で「先日の朝練」に出かけました。レデューサーは外したままです。

ある”回り込み気味のタイト”なコーナーの出来事です。アケアケでガンガン走ってるときのことではありませーん(よって、より重要である)。


ブレーキング⇒シフトダウン⇒リーンさせつつアクセルを当てる⇒フロントに舵角がつき初期旋回⇒”少しアクセルを抜く”⇒さらに旋回⇒パワーオン

この過程の中の”少しアクセルを抜く”状態で”Uターンでオットット”になったのと酷似した症状がでました。

”ホンの少しだけ、つんのめる”感じがするのです。失速といえば言いすぎかなぁ…ま、遠くはありません。ここでのアクセル開度は”極小さなもの”で、1/8とか1/16くらいですね。

この領域でGX750のエンジンブレーキは、やや強めに効きます。これより少し上でのエンジンブレーキはウンと穏やかなので、落差を感じるのですね。
とはいえ、アケアケ状態で走っていると気がつかないし、慣れてしまえば実質的に無視できるものですから、”すっかり意識の外”になっていました。
(キャブの構造的な要素もあると思われる)

 ¶

レデューサーをつけた状態で、コーナーが怖い!と思うことが何度かありました。アケアケではないシチュエーションは市街地でこそ多く遭遇しますからねぇ…。継続テストが躊躇われた大きな理由です。


ブレーキング⇒シフトダウン⇒リーンさせつつアクセルを当てる⇒フロントに舵角がつき初期旋回⇒少しアクセルを抜く⇒エンジンブレーキが弱いのでフロントに荷重が載らない⇒”さらなる旋回が開始されずフロントがアウトへ逃げる”⇒パワーオンできず、はらんでいく

この過程の”さらなる旋回が開始されない”原因を考えてみました。

リーンさせた段階ではフロントに荷重が載っているはずです。それが”維持”できないことにも問題あり!と思えてきました。

 ¶

今のGX750の印象は、「初期旋回は悪くない。しかし、さらに回り込むときに辛く感じることがある」というものです。

今回感じることができた症状のお陰で、問題点の切り分けができたように思います。

アクセルオフでフロントに荷重が載らないのと、せっかく与えた荷重を維持できないのは、似て非なる状況なのではないか?と。。。


試しに「フロントブレーキを握りこんだまま」コーナーに進入してみました。この車体では支えきれませんでした(笑)


くどいくらいに書きます。これがアケアケのガンガン状態ででるのなら「もっとゆっくり走ったらエエやん」で済ませられるんです。
でも、ゆっくりよりも少し速いペースで”気持ちよく流している”ときに多い状況が故、捨て置けないんですねー。


問題点が チラホラと頭に浮かんでは消えていく状態です。

よきバイク作りはバランスの妙だとツクヅク感じさせられます。アッチコッチを徹底的にやらんとダメですなぁ。


…その後、レデューサーなしでも「普通にUターン」できるようになっています。無意識のうちにリヤブレーキでチョィチョィと修正してることを自覚しました。レデューサーありでも使ってますが、目的が全然違いますねぇ…。

しばらく「リヤブレーキ禁止」で走りこんで、さらなる課題抽出に努めたいと考えています。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト