FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.12
25
Category : どやさこやさ
今年も残すところ1週間となりました。

毎年 この時期になると「錆落し剤」のご注文を沢山いただきます。
年末年始の長期休暇で作業される方が増えるせいでしょうか。

少々風変わりな季節の感じ方ではありますが、ありがたく受け止めております。

#にえガレオリジナル錆落し剤 『さびとるやん』の情報はコチラ
http://www.geocities.jp/nieyuki/sabiotosi.htm

さ、”自分なり”に今年一年を振り返ってみたいと思います。

 ¶

今年1年、本当に様々な出来事がありました。

新たな出会い、より深まった関係もあれば、その逆もまたありました。

多くの方と関わらせていただく中で、多くのことを学ばせていただいております。
この場をお借りして、お礼申し上げます。

 ¶

私の一番の趣味であり、仕事であり、ライフワークであるバイクの世界に”派閥”なるものが見え隠れ…というか周りから言われるようになってきました。
活動、そしてお付き合いの幅がウンと広がったせいかも知れません。

私自身、派閥や仲良しクラブの類は大嫌いです。そんなものは、まるで無意味だと思うからです。
しかし、傍目には「あいつとあいつは…」のように見えてしまうのも分からないことではありません。

同じ趣味を持つものが、ある場所に集結する。
しかし、「目的」「意識」「性格」などは少なからず異なるものです。さすれば違和感はでてくるでしょう。

あとは自然の流れです。当人である私の「全く」意識しないうちに、派閥なるものを作っているかのように言われてしまう。

繰り返しますが、私自身は「派閥」なんぞ作るつもりは毛頭ありません。
まして、何より私と関わってくださる方にも「にえ派閥」である意識などはあろうはずもない。

実に面白い現象であり、バカバカしい話しです。

 ¶

私という人間は、とても神経質な生き物です。
神経質というかモノをみる軸がブレることを酷く嫌います。

よくみれば「きっちり」しているととられるでしょうし、別の見方をすれば「融通がきかない」ヤツとなるのでしょう。

自分にしてみれば、オテントさまに恥ずかしくないかどうか?これに尽きるんですけどね。
オテントさまというと仰々しいですが、よーするに「人の目は欺けても、自分は誤魔化せない」ということです。

発する言葉こそ難解ですが、その根っこは、実にシンプルです。

こんな私をヨシとしてくださる方もいれば、疎ましく思う方もいらっしゃいます。

むしろ、後者が大半だと思いますが(笑)


…ところが、この数年、ある出来事をきっかけに「軸」がブレてしまいました。

発端は「自分を変えたい」と思ったことにあります。変わらなきゃいけないこと、変えちゃいけないことの区別がキッチリできていなかったのでしょう。
大事な部分がみえなくなり、結果として自分の考えに自身が持てず、フラフラになってしまいました。

 ¶

自らの世界を持たないものの多くが、「知識を誇示する」傾向にあるように思います。

礎(いしずえ)がないから定着せず、ただ浮遊する。そして、それを指摘されるのを激しく嫌う。あたかも自分自身を指摘されたように思うのでしょう。

浮遊したものを落ち着かせるために、自分よりも”上”の存在にブラ下がろうとする。

…この数年の自分です。


自分よりも上であったり、大きな存在にブラ下がっていると、あたかも自分の存在を担保してくれているような安心感があります。

それは、会社であったり、人であったりするのでしょう。(派閥、組織、枠…そんな類)


ブレまくった状態で、上辺で取り繕ってきた(自分を大きくみせようとしたと言い換えてもよい)状態が長続きするわけがありません。
こんな自分に違和を感じつつ、見てみない振りをしていたように思います。

そして、ここ数年のブレのツケが、今年の夏場以降 ドッと押し寄せてきたのです。当然ですね。

結果、この数年で構築した関係など 多くのものを失いました。


しかし、裸になってみて気がつきました。

「多くのものを失った、しかし何も損なわれちゃいないじゃないか」

失うことで、ようやく自分がみえました。かつての、自分らしい自分を。

人生、無駄なことなど何もありませんね。


こんな私の姿は、「孤立している」ように映るかも知れません。
ある意味では正解でしょう。ようやく「個」になれた(≒戻れた)のですから…。

 ¶

「個」を強く意識することで、他の「個」と、本当の意味での付き合いができるようになりました。

新たな輪が広がったし、今まであった輪が深くも濃くもなりました。

”同じくブラ下がる同士”の間では、ここまでの信頼感を築くことはできなかったでしょう。


「個」になることで生まれた連携や互恵関係。

これを周りは「派閥」とみるのかも知れません。まるで逆なのにね。

 ¶

自分を取り戻した結果、意気揚々と…なんて風にはうまくいきません。ようやくスタートラインにたったところです。

あー。今年はホッッッッンとに「最悪」の一年だったよ(笑)

でもね、グッと沈み込まなくっちゃ 大きく跳躍できないもんね。
そういう意味では、とっても意味ある1年だったと思います。

過去を変えることはできない。でも、その過去に意味を持たせることはできるはず。

来年は、これまでの時間に意味を持たせることができるような1年になればいいなぁーって思っています。


さっ、がんばって突っ走りますよ!