FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.12
08
Category : GX750(3W8)
だらだらだらぁ~ん…としている場合ではありません。

ロクロも復活したことだし、ぼちぼち作業を進めていきます。


唐突ですが、「動かして、走らせてこそナンボ」であり、「不動期間は極力作らない」。これが 私のバイク弄りのポリシーです。

ここのところ、作業を進めることができなかったのは「不動期間を作らない」ことに捉われすぎて、身動きがとれなかったせいです。
やりたいことは沢山ある。そして、その何れもが「ある程度の不動期間を生む」作業なのです。そんなこともあり「何から手をつけていいのか決めかねていた」んですね。

でも、決めなきゃ決まらないし、決めれば決まるわけで…。
ま、入念な事前検証と準備をすれば、何とかなるでしょう。


さて。まずはステップ周りのパーツ製作に取り掛かることにします。


GX750をお持ちの方はご存知の通り、STDの「ステップ周り」は、今の水準でみると 特殊な構造です。
(初期型&2型と、私の所有している最終型とは構造が違うんですが)

さらには「マスターシリンダ&ペダル」も後付感が漂っています。

マスターシリンダだけ交換しよう!や、ペダル周りだけ交換しよう!なんてことが極めて難しい。
なので、段階的に作業を進めることができないのです。

少なくともステップ周りに関しては、事前に設計しておく必要性が高い。

頭の中でラフな検討はできていました。検討した結果を検証するために、図面を起こしました。




図面は大学の必修科目で、軽く習っただけなので…製作者である私が分かればいいので、ま、適当です。

設計のポイントは以下の通り。

・ マフラーおよびタンデムステップのステーを兼ねているSTDステップのプレートは残す(=使用する)
・ STDステップのプレートを面研し、その上にベースプレートを装着する形とする
・ ベースプレートを交換することで、ペダル位置は可変
・ ベースプレートは t=12mmとする

・ ステップとペダルは同軸とする
・ ステップは固定式とする(ローレット仕上げ)
・ ペダルはベアリング支持とする(B6802・外D24/内d15/幅5をダブルで)
・ ペダルは t=10mmとする

・ ブレーキマスターは14mmを使用
※ レバー比は未確定

・ シフトリンクはピロボールを使用する
※ ロッドの仕様は未確定

ちなみに、主材料は、17Sです。


固定式で、ラバーも張らないアルミ丸棒のローレット仕上げなので振動の面も気がかりだなぁ。
(ダイレクトになる反面、今ある大らかさが消えやしないか不安あり)

さぁ、いったいどうなるんでしょうねぇ~。ま、やってみないと分からんので、とにかく進みます。

ちなみに、STDのステップステーはサンダーでバッサリとやってしまいます。
こいつのせいで、ステップが横に張り出してるからです。

幅広のエンジンとフレームや、STDステップの上にベースプレートを装着する構造ではありますが、STDに比べれば追い込むことができそうです。

「いつでもSTDに戻せる」ことを頭においてイジる傾向の強い私。今回は、珍しく「思い切り」たいと思います。

後には引かれへんぞぉ~。



”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト