FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.12
31
思ったより早く届いたエンジン。
早速 分解です。

オーナー様の話では「焼きつき?抱きつき?っぽいので、腰上をOHして欲しい」とのことでした。

が、何となく きな臭さを感じたのですね。

「高速道路を走っていて焼きついた」というのが気になったのです。

もしかしたら、クランクじゃ?そう思っていました。

外観は綺麗ですね。しかし、エンジンを組んだ状態で安物の塗料で塗装したのでしょう、本来 塗膜がついていてはいけない部分にまでついています。
例えば、リードバルブです。カピカピで外すのに難儀しました。




メリメリっと剥がして…ようやく外れました。






ヘッドをはぐった状態。
左右の焼けが「ここまで」違うのも珍しいですね。





向かって左のピストンは、カーボンが全く付着していません。
向かって右は「真っ黒で何もない」ように見えますが、ヘッドが真っ黒なだけです(汗)


向かって左側(車体からみたら右側ね)のクランクが…。コンロッドの横に入っているワッシャが粉砕しています。
こりゃヤバイ。予想通りです。





余談ですが、フライホイルプーラーが危険な状態になりました。




にえガレにとって、この特殊工具は「消耗品」です。
”もちろん”YAMAHA純正を使っていますが、使用頻度が高く、また固着したものばかりなので1年ちょっとでダメになります。
(アフターマーケットパーツ屋が売ってるものは、話しにならないほど耐久性が低い)

よく働いた証拠。丁重に葬ってあげましょう。


おかしいなぁ。クランクがカラッカラです。




大端はガタガタです。


ケース側に、コンロッドの磨耗粉が堆積しています(汗)




こりゃ、コンロッドも交換コースです。


焼きついた原因は必ず究明し、適切な処置を施さなければ 再発の恐れがあります。
今回 無理をいってキャブもOH前提で送っていただきました。キャブやオイルポンプのチェックをしなければ…。


この個体の紹介を通じて言いたいのは、焼きつき=ピストン・シリンダーではないということです。
(この個体については、腰上も酷い状態でしたが、焼きついているわけではなかった)

焼きついたのに、腰上のみの点検なんていうのは「ありえない」ことです。

RZシリーズに関していえば、長時間の全開走行でも コンディションが良好であれば焼き付くことはありません。
(純正指定の青缶や、A.S.H.などの信頼のおけるオイルを使っていればの前提。カ○ト○ールのActiveあたりは怪しいけどね)



「全開で走ったら焼きつく」

ある種の都市伝説です。ちゃんと整備されたRZは、そんなにヤワではありません。


さてと…ほぼ全部に手をいれなきゃいけないとは思いますが、その中で費用をミニマイズすべく方向性を検討しなきゃね。



”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい