FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.06
23
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ただいま単独2位。目指せ1000ポイント!!↑↑↑


先日、チラ見せした RZのエンジンです。




さてと、分解していきますか。

ちゃっちゃかちゃぁ~っと、カバー類を外します。
+ねじが固着していますが、1本もナメることなく無事に外れました。

クランクシャフトの右端に取り付けられたプライマリドライブギアに工具をかけて、直接クランキング。
キックペダルを介するより、情報が伝わるからです。

回り方に違和感があるなぁと思ったら、特定の位置で止まります。

止まる箇所にマーキングを施して、状況を探ります。
プライマリドリブンギア(クラッチハウジング)との位置関係は無さそうです。

となると、クランクか、シリンダー周りに原因がありそうです。

原因は…右シリンダーの焼き付きでした。




さてさて。今度は、左側のシリンダーが抜けません。
コッチも焼きついてるのか??と思ったけど、そうでもありません。

どうも錆びたスタッドボルトがシリンダーとガッチり固着している様子です。
左手前のスタッドが真っ赤ですね~。RZは、構造上 スタッドがよく錆びるので珍しい話ではありません。




ガツガツとシバキ回すと「コンロッドに無駄な負担」を掛けますから、ピストンピンを抜いてしまうことにしました。




自作のピストンピンプラーを使って、ピンを抜きました。

無事シリンダーは摘出できました(めっちゃ時間掛かったけど)。



焼きつきの原因を探らなきゃいけません。

クランクケース内を覗き込んでみると…。




多量のガソリンがたまっています。

深さを測定すると、




30~40mmほどたまってました。

キャブをチェックすると、細かい錆が堆積していました。オーバーフローですね。
フロートバルブも、やや段つきがみられました。




たかが オーバーフローとナメちゃいかんのです。


クランクケースを割ると…。




乳化したスラッジが堆積しています。
ドレンボルト周辺の溝は完全に埋まり、あふれ出ています。


念のため、ウォーターポンプとオイルポンプをOHした方が良さそうです。

こんな酷いのは、そう滅多にあるものじゃないでしょ?  …ってことでもないんですね。

結構な確立で「あけてビックリ」に遭遇します。

(RZクラスの新しくない車両の)
中古車のエンジン(あるいは中古エンジン)は、信用ならん!というのが私の考えです。

何がなんでもOHだ!というつもりはありませんが、違和感を感じたら入念なチェックは必要だと思います。


さっ、がんばって直すぞぉ~。


↓↓↓今日もポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!