FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.06
07
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ただいま単独2位。目指せ1000ポイント!!↑↑↑


午前中は、娘たちの授業参観でした。

帰宅後、仕事を済ませ、GX750をいじります。

まずはコレから。



ディスクのオフセットスペーサです。
左右で厚みが異なります。フラットなキャリパーサポートでキャリパーのセンターが出せるように、このスペーサで調整しています。

パッドは、結局コレにしました。



デイトナのゴールデンパッドです。XJR1300用で探したけど、MOSが付いてる年式が分からず難儀しました。
(型番68259。20%OFFで購入)

オフセットスペーサを装着し、ディスクを装着しました。



外径はバッチリです。内径も程よくクリアランスがあり、作業性は良好です。
#hさん。今後は、この寸法でいいと思います。バッチリでしたよ!

キャリパーを装着せず、ホイルのみで回してみると…メーターギアが干渉していました。
ディスクをオフセットさせたせいですね。エッジ部分をヤスリで削って処置しました。



干渉しなくなったので、今度はディスクのセンターを出します。



回転方向に寄せて装着する方法が一般的ですが、私はセンターを出すようにしています。
といっても、普通は回転方向に寄せて装着すればセンターも出るのですが、極稀に出ないディスクがあるんですね。
今回、右側のディスクがそうでした。

ディスク外径を測定し、そこから算出した”適正な位置”にノギスをセットします。
このノギスをゲージのように使い、位置を決めていきます。これだけで1時間も掛かってしまいました。
だけど、センターは出ませんでした(笑)。どうもディスクがダメっぽいです。まぁ、次第点はあげられると思うので、先に進みます。

ブレーキホースを製作します。今使ってるものではフィッティングがピッタリではないのと、長さが変わってくるためです。
MOSはサイドからホースを取り出してますからね。手持ちのフィッティング類。基本的にスチールを使っています。



大よその位置にサポートをセットします。
マスキングテープをワッカ状にして、キャリパーを固定します。エアをボン♪と通してやれば、好みの位置に固定できます。少しぐらいなら動かせますので、この手の作業には便利ですよ。



長さは、こんなもんかな。ちなみにフォーク伸びきり状態で長さを決めます。
(もちろん、前屈時に干渉しないか?もチェックしています)



続いて、組み上げたホースにフルードを通します。今度は油圧でキャリパーを固定します。
ブレーキをかければ動きませんからね。サポート用の計測は、頑強に固定した方が精度が出ますからね。
ディスクに対して、出来るだけ外当たりにセットします。



出来るだけフォークよりにしておきます。
サポートは出来る限り、小さくしたいですからね。



ホイルが動いてしまうと、フォークとの位置関係が狂いますので、輪留めをシッカリしておきます。



方眼紙に計測結果をスケッチ。これを型紙にします。



こんなモンやねぇ。



15mm厚の17Sから、型紙どおりに切り出します。



ちょこっと干渉しているところがあるので、微修正を加え、機能上は問題ないレベルに仕上がりました。

あとは”ヤスリ”で、形状を修正(均して)して、完成ですが…さすがに疲れたので、今日はココまで!

ディスクのセンターだしや、ドリルの刃が折れたりするトラブルがなければ、5時間弱かな。サポートの製作も慣れてきたモンじゃ。

そういや17Sに穴あけするのは、少々難儀させられました。粘りがあるせいかドリルがカジってしまうんですね。

相応の刃を探すか(小径のものだけでも)、ドリルペーストの代わりのA.S.H.を使ってみるか(試せばよかったよ)…次回は、何らかの処置を考えないとダメですね。
今回、RZに使った7075材を使わず、(久しぶりに)柔らかめの17Sを使ってみましたが(その代わり、15mmの極厚とした。RZは7075の13mm)、材質ごとに加工時の留意点が違うことを改めて認識させられました。
7075の方が(強度面では)最良だと分かっていても、あえて別の材料を使った甲斐があったと思います。今はノウハウ蓄積の時期ですからね。


↓↓↓今日もポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!
スポンサーサイト