FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.05
13
Category : どやさこやさ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ただいま単独2位。目指せ1000ポイント!!↑↑↑


最近、直接的にバイクに関係ない記事が多くて申し訳ありません。

先日書いたマスターシリンダについての問合せがあり、思いつくところがありました。
今日は、そのことについて書いてみたいと思います。

ちなみに…全編に渡り <毒舌><暴言>モードです。さぁ、今日も いくわよ♪

 ¶ <この記号を よく使っていますが段落記号です。

Q「先日の記事でR1用セミラジアルと、NISSINラジアルの違いについて書かれていました。やっぱりNISSINの方がいいのでしょうか」

A「…」

いっぱつでお答えすることは出来ませんでした。

まず、バイクの仕様が分かりません。(仕様は、絶対ではないが、参考にはなります)

そして…何より「どうしたいのか?」が分かりません。

「服が欲しいけど、どこに買いに行けばいいのか?」と問われているようなものです。
スーツが欲しいのか、作業服が欲しいのか…スーツだとしてどういう系統のものが欲しいのか…。

これがハッキリしないと応えようがありませんね。

まぁ、そんなことを言ってても始まりませんから、ヒアリングを開始します。

「現状、何を使っていて、どこがどう不満なんですか??」

「最近買ったバイクで、今、修理しているんです。だから不満はありません。ノーマルはイヤなので」

弱りましたね…。

聞けばフロントフォークは、ノーマルっぽい。キャリパーなどは社外のサポートを使って強化云々…。

「その調子だと、どちらのマスターを使ったとしても、フォークのストローク速度がかなり過激なものになると思います」
とお応えしました。

さらに、
「一度、ノーマルで初めてみられませんか?今考えておられるブレーキの構成では(マスターをどちらにしたとしても)、かなり使いづらくなると思います。
じゃぁフォークをいじればいい…と思われるかも知れませんが、ノーマルのフォークが(あなたにとって)好ましい特性かも知れませんよ。
ノーマルを味わった上で、「ブレーキのあり様を重視し、フォークのチューニングに着手する」のか、「STDフォークを活かす範囲でブレーキをいじるのか」を見極められてはいかがでしょう」

と付け加え、返事としました。

ちなみに、返事はありません(笑)。


 ¶


ブレンボ、BERINGER、OHLINS、WP、クァンタム…また、少々古いバイクにとっては、今時の純正部品も選択肢に含めることもできますね。とにかく まぁ、あまたの高機能(を謳う)パーツがあるわけです。
それを選択する過程は、悩ましくも楽しいものだと思います。

私は、あまり(というより無闇に…が正解。嫌いじゃないしね)高機能パーツを当用はしない方です。ノーマルを出来る範囲で改良し、どうしようもなくなって初めて高機能パーツに手を出します。
回り道に思えるこのプロセスを取るのは、「分からないことを、より分からなくしたくない」からに他なりません。

結果的に、高機能パーツを使う事になる事が分かっていても…です。
何が、どう不足しているのか?を見極める意味で、私の中では重要な位置づけです。

不足には、その程度、質など複数の要素がありますし…。

一見無駄に見えるこの行為は、知見、知識、技量、経験のまだまだ不十分な私にとっては、今後の礎となります。
こういう蓄積を嫌い、ただ結果だけを追い求めていては、未来永劫進歩はないと思っています。

おっと、話しが脱線しました。私の話はどうでもいいですね(笑)。


モノには容量というものがあります。

器の大きさを無視して、うまいものを放り込んでも…結局食べることはできません。

限りある枠(色んな言葉を使っていますが意味は≒)の中で、どう配列/整理し、バランスさせるのか?これが肝だと思うんですね。

もちろん、枠を超え、さらに大きなステージを目指すことも大切なことではありますが、過度なそれは「そのものが持つ素性」を殺してしまいかねません。

バイクでいえば、
「いいサスペンションを入れた、よく踏ん張るようになった、コーナーリング速度があがった、やっぱり高性能サスは違うね!」ではいけないということです。

おぃおぃ、フォークはどないなっとるねん。動的に前下がりになって危ないんちゃうのん?…みたいな不安や、その他もろもろ…。


一つの事柄が良くなった⇒良いと結論付けてはいけないと思います。
そこに見え隠れするデメリットの程度もまた大きいはず。そこを隠し(あるいは見ないようにして)ていては、真のよさとはいえない。


不安や不満を抱いていて、それを改良する為に新しいことをする。(改良ではなく)その変化の量が、不安や不満を飛び越え”すぎて”しまうと…元の目的を見失いがちです。
世の中には「それを狙ったのか?」と穿った見方をしたくなるようなリプレイスパーツもあるように思えます。
(ドッカンと効くブレーキ、ガチガチのサスペンション、やたらとピーキーなマフラーなど)


あたかも楽しみのようでいて、そのじつ「迷路にいざなっているだけ」というようなこともあると思います。
#「魔性のパーツ」と呼んでいます。異性なら大歓迎ですが(笑)、パーツだったらごめんだわ♪(うふ)。


頭から「トータルでモディファイする」なら話は別ですけどね。その場合、極めて緻密で慎重な検討が必要だと思います。
一言でいえば「コンセプトの明確化」がはっきりなされているかどうかということです。

代表的な車両には、YO'SHI~さんのXJ900、まめしばさんのGS1000などがあり、どちらも凄くよく走るバイクです…。
が、コンセプトがハッキリしていてすら、「あれだけの時間と手間」をかけているのですからね。コンセプトなき大いなるモディファイがどうなるのかは、いわずもがなでしょう。


 ¶


<よく聞く話>

「俺…何も悪いことしてないのに、突然振られちゃった。何が悪かったのか、さっぱり分からないんだ。嫌いになったのか?って聞いたら”そんなことないわ。あなたはいい人よ。そう、とても。でも、ダメなの。わかって”っていうんだ。まるで訳がわからないよ。」

「相手は向上心を持っていて、事実 進歩し成長てたんじゃないの?そのことに気がついていた??」
「いや、知っていたさ。だから…彼女がそうすることを必死に手助けしてたんだ!」

「でも、君が進歩をしようとすらしなかったわけだね。ただ手助けをしていたわけだ。君の器の中に、成長した彼女が納まりきらなくなったんだよ」
「俺は置いていかれたのか…ひどいやつだ。いってくれたら良かったのに…俺、必死だったんだぜ」

「それは聞こえが悪いね。変化を感じ取ろうとすらしなかったのは君の方だろ。問題があるとしたら君の側なんじゃないの?」


 ¶


いくら暖かく、着心地のよい服でも、『サイズの合わない服を 着ることはできない』


↓↓↓深いねぇ~。それとも不快ですか?そんなことはない?!ありがとう!!ならば今日もポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!
スポンサーサイト