FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.05
05
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ただ今2位です。極力毎日アップするようがんばっております。今日は3連打!他の2つも目を通してね↑↑↑


マスターシリンダを交換しました。

今までは、YAMAHA YZF-R1('04)純正のセミラジアルポンプでした。
ピストン径は16mmです。一応「ブレンボ」と書いてますが…。




で、つけるのは、NISSIN製のラジアルポンプです。ピストン径は17mmです。
交換の目的ですが…今付いているブレーキユニットを「丸ごと」譲ってほしいとお願いされちゃったためです。

ちょうど”強化”する予定だったので、渡りに船。
(いや、強化するという決定が先でしたので、この書き方は、ちょっとおかしいんですけどね)

マスターは現状ままでいいと思っていたので「新品を買われた方がいいですよ」と打診するも「中古でいい」とのご要望…。

同じものの新品を買うのも「なんだかなぁ~」ですし、せっかくのお申し出です。
どうせならば「違いを確認」してやろうと思っての選択です。

私にしては、やや目的に薄い消極的なチョイスです(笑)。

で、DAYTONA扱いのものを購入したのですが、手元に届いた瞬間「やってしもたぁ」と思いました。
まず、図体がでかい。はっきりいってブサイクです。テンションはがた落ちです(笑)。

とはいえ、つけなきゃねぇ~ってことで、重い腰を上げました…。

まず、ホースの適否です。
R1セミラジアルマスターにあわせて作ったホースをあてがってみると、レバーがフィッティングに当たります(ちなみに30度)。




マジっすか。でっかいレバーやなぁ~。たかだかブレーキスイッチを動作させるために「クソでかい」角みたいなのが生えてます。機能美ゼロです。

手持ちのフィッティングの中から合うものを探します。90度で決まりやね。




90度フィッティングにすると、ホースは「弛みなく、パッツン気味」に仕上げないとフィッティングに負担が掛かってしまいます。
慎重に長さを決めて…。スパッとストレートに取り回しました。




パッツン気味と書きましたが、実際にパッツンパッツンではありませんのであしからず…。

レバーをニギニギしてみると、滑らかさが感じられない。
レバーを外して点検。

殆どグリスはついてませんでした。ここは、ラジアル配置の肝です。
しっかり潤滑しなければなりません。




で、レバー取り付け部には、グリスが塗られてますね。
ところが…これ、下側だけなんです。上側はドライといって差し支えないレベル。何しとんねん。

ピンは、ねじのところにベッタリ。肝心のピンは指紋が微妙に付くレベル。




こんな塗り方やったら「塗らん方がマシ」です。買った人が自分で塗ってね♪と書いてくれた方がよほど親切だと思います。
まぁ、書いてあっても塗るやつ少ないんやろな。

取り付け完了です。




ヘナチョコな仕上げのレバー。やる気ゼロです。
こりゃ…またレバーを好みの形状に削るかなぁ~と思ったら…。




無駄に肉抜きしてやがる…。これじゃ思いきった形状修正は出来ねぇじゃねーのぉ~。

しばらくは、この状態で使ってみますか。

握った感じは、R1セミラジアルよりも「カチ」っと感があります。

かなり”こき下ろし”気味の記事ですが、まだ性能を試してないわけで…「なんだダメじゃん」とは思わないで下さいね。



(ここから本題)

この記事で言いたいのは…。

買ってきた部品をポン♪とつけちゃうことへの警鐘です。

その部品に求められる機能を良く確認し、必要に応じて「手を加える」ことは大切だと思うんですね。

ショップでつけてもらう方もいらっしゃると思いますが、作業を(嫌がられない範囲でね)観察してみることをお勧めします。

もし、ショップさんが、当たり前のように「分解してグリスアップ」をしてくれたなら「ありがとう」と一声添えてあげましょう!

こんな当たり前のことでも(見れば、そう思うでしょ?)、やってくれない/必要性すら認識していないところも、残念ながら多いようです…。

すでに装着済みの方は、めっちゃ簡単なので、グリスアップ、やってみてください。
場所的に耐熱性は要求されないと思いますが、シールへの耐性を考えると、シリコングリスが安心だと思います。


↓↓↓今日は(も?)辛口やねぇ~。そない偉そうにいわんでもエエんちゃうの?まぁそういわずポチっとお願いしまんにゃわ。↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
スポンサーサイト