FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.04
14
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑文字ばっかりで分からんがな!という方も、熟読してね。オチのない結末だけどさ(笑)↑↑↑


ディスクローターの物色をしていたら、お?!と思うものをハッケン!
ところが、PCDが、記憶している数値と異なっていた。

ありゃりゃ?記憶違いかな?!と思い、屋根裏部屋においてあるディスクローターで採寸。
フムフム。やっぱり80mmじゃん!と納得したのでした。

手にとったディスクローターをマジマジと見てみると…それは元々RZについていたものだった。

「うげぇ」と感ずるレベルの凹凸があります。
俺は…こんなの使ってたんだなぁ…と思いました。

評価基準がシビアになってきたともいえるし、贅沢になったともいえる。
ちょっぴり複雑な心境でした。

こだわりといえば聞こえはいいけれど、単に小うるさく、やたらと部品を交換して状態を維持するような…そんなのは、別の誰かに任せてりゃいいもんね。
(もちろん 必要なものもあるけどね)

ディスクローターの物色を再開です。
新品は恐らく4.0mmです。3.7mm近辺のものが多いなぁ。
微妙な寸法だわ…。また、数値だけでなく、見た目に凹凸が気になってしまいます…。
こんなのに、金払う気がおこらんなぁ。いわゆるサードパーティ物で2万弱で新品が買える(2枚ですよ)んですけどねー。色がゴールドなんだよなぁ。デザインもイケてない。
ちょっと待てよ。だいたい2万もかけてる場合じゃないよなぁ。贅沢は厳禁じゃ。

色やらをトータルで考えると298mmのXJR400のを選ぶが吉っぽいな。並行して282mmの3XCや3XV用もあたっておこう。
ただ、これらのクラスのマシンは、ズサンに扱われてるものが多いのよね。注意注意なのです。

お!この新品は安いぞっ!とおもって画像をみてみると「3mm」って書いてある。
薄くしてコストダウンかよ!(笑) って信じられんぞぉ~(ノ-_-)ノ ~┻━┻

ふぅ。やっぱりオークションって、恐ろしいですわ。
酔っ払い状態で物色すると特にね(笑)

本当は、RZにもつかってるサンスター製が欲しいんだけどね。
デザイン的に、旧いバイクにもマッチするしね。でもねー。2枚買わなきゃいけないから、完璧に予算オーバーなのですね。




そうそう。ブレーキといえば、こないだ乗せていただいたssさんのFZ750のブレーキは凄かった。
YO'SHI~さんのXJ900や、うちのRZのブレーキも「いい」と思うけれど、ありゃ別次元だね。

恐らく、ブレーキ単体の性能だけでなく、フォークの剛性によるところも大きいと思いました。
(フォークの初期動作に、ちょっと渋さを感じましたが<オーナーさんに伝達済み)

まぁ、フレームの造りも違いますしね…GX750やRZ250で同じことをしたら、フレームが折れそうなのでやめておきますが(笑)

さて。足元は、一旦「強化」の方向に走りますが、そこが最終到達点ではありませんので、誤解しないで下さいね。
先日も、「どんなキャリパーを使うのがいいんですか?」と尋ねられましたが、「安易にお答えできません」と申し上げました。

私の進もうとしている方向は…。
ブレーキの絶対性能、いうなればキャパを大きくすることで、制御の幅を広げ、現状の足回りの美点を探り、また補えないか?ということです。
恐らく、補うどころか、より不足を感じる方向となり、フォークのキャパをあげる方向に進むことになるでしょう。
ただ、フォークを弄っていく際に、キャパが増大されたブレーキを使いこなすことも含めた方向付けを模索できるため、結果的に高効率≒合理的と判断しました。

バイクいじりは、単一部品で語られるべきではないのです。

点ではなく線。 とても大事なことなのです。


↓↓↓ただいま3位。1位までは遠いけど…突き進みまっせ!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
スポンサーサイト