FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.03
02
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑協力してね!ブログランキング始めました↑↑↑


先週の土曜日に、GX750のオイルを交換しました。




朝練から帰宅した「ホット」な状態でオイルを抜きます。




まぁまぁ、汚れていますが、劇的でもありません。
うちに来た直後に交換したので、まだ700キロしか使っていません。
今まで、どんなオイル管理をされていたのか、さっぱり分からんので、早めに交換です。
ちなみに、にえガレではすっかりおなじみのアッシュのPSE 10W-40です。

もちろん、フィルターも交換です。

GEARオイルも交換します。ミドルとファイナルの両方からオイルを抜きます。

GEARボックスのドレンボルトにはマグネットがついています。金かかってるねぇ~。

で、こんな感じ。






洗浄後(元々は)こんな感じですから、相当な鉄粉です。




こりゃ、暫らく頻繁に交換してやらねばなりません。

さて、エンジンオイルは、コレにグレードアップです。




PSEからFSにグレードアップです。粘度は10W-40をチョイス。
(内心、10W-50辺りに落ち着くであろうと思っているが)

段階的にグレードアップする目的は、各々のグレードを”同じ個体”でチェックしておきたいと思ってのことです。
もちろん単体での使用例はいくつもありますし、大よそ把握しているつもりではあってもです。
自分の車両で試してこそ、強くお勧めできるというものです。

多くの他人の言葉よりも、少なくても自分の言葉にしたい。それがにえガレのポリシーでもあります。

試乗記を書く前に、抜き終わったオイルの状態をみておきます。






GEARオイルを受けていたパンの底には、ラメとスラッジ(一部は固体化)が確認されます。




こちらはエンジンオイルのパン。

多少スラッジはあるものの、固体化したものではありませんでした。

以上の状況より、

・GEARオイルの交換スパン ⇒ 当面1000キロごと
・エンジンオイルの交換スパン ⇒ 5000キロごと(FS使用時)

に設定しようと考えています。無論、状態確認は日常的に行う前提です。

     ¶

さて、PSEからFSに交換した状態で、昨日走りこんでいます。

現時点での印象です。

PSEを200キロほど使うと、さすがA.S.H.と思った。
シフトフィールも柔らかで、しっとりした油膜の存在をつま先から感じることができる。

「これで十分だな」と思いつつ、「FSやFSEにすれば更によい」ことは経験上知っているわけで…FS化への期待は膨らんでいた。

念願かなってFSに変更。しかし、期待は裏切られた。

PSEで感じた、あの柔らかなフィールが薄らいでしまったのだ。
まるでダメか?といえば、そうでもなく、エンジンの回転は軽やかである。
PSEがしっとりした油膜を感じさせるのに対し、FSのそれは”極めて均一なフィルム”の様に感じられた。

なんとなく硬質なのだ。

交換した直後だというのに、サッサと抜きさり、PSEに戻したくなった。

はぁ…。こんな状態でYO'SHI~さんに乗ってもらうのはイヤだなぁ~と思い、交換試乗。

ところが、YO'SHI~さんに乗っていただいた直後から、「FSらしさ」がドンドン現れてくるではないか!!!

硬質さはあるものの、カチ!カチ!っと確実に決まるシフト。

4000rpmからの、湧き上がるような回転上昇。

思わず、エンジンをガンガン回したくなる素晴らしさ。どこまでも回っていくような極上のフィール…。

すごい。すごいです!!!

あまりの気持ちよさに帰るのがイヤになり、周山界隈をグルグルと300キロも走ってしまいました(笑)

同じメーカーの同じ10W-40でも種類によって全然違う。
同じ個体で試す意味を改めて感じました。やってよかった!!!

PSEが「垢抜けてないけれど心優しく柔らかな女性」だとすれば、FSは「ちょっと冷たい感じのする、洗練された都会の女性」のような雰囲気でしょうか。


前述の通り、このまま5000キロほど使う予定ですが、その次は…いよいよ真打”FSE”を投入します。

ぐへへ。今から楽しみだわ~。5000キロなんて、あっという間に走破してしまいそうで怖いです。

     ¶

<まとめ>

PSEをお試しいただいた皆さん。確かにPSEも「A.S.H.らしさ」を十分持っています。
今、うちで一番売れているのはPSEです。

が…FSは更に上を、FSEはケタ違いのフィールを実現します。
(FSのFSE化は、複数台経験あり。PSEを使う人は、ずっとPSEの傾向あり)

値段の差があるのか?! 私はあると思います

是非、一度お試しください。

スポンサーサイト