FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.02
19
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑協力してね!ブログランキング始めました↑↑↑


先日のGXの日記に、私は、こんなことを書いています。

「パットの当たりが出てきたフロントブレーキ。初期制動が やや過敏で、うるさく感じられる」

ところが、某BBSで、”冬のブレーキ”に関する書き込みが複数あり、もしかしたら…。

原因らしきものが書かれていました。

意識して反芻してみると…。
Fブレーキの効き(初期制動)が、やや過敏かな?と感じられたのは高速道路を走っていたときでした。
ところが一般道に下りると さほど気にならなくなったので「あれぇ?」なんて思っていたのです。
高速は殆どブレーキを使わないのに対し、下道ではこまめに使ったせいだったのかも知れません。
一応、理屈の上で成り立たない話でもありません。

今週末、意識して走ってみようと思います。

こういうことにぶつかると、「自分のセンサー」がまだまだだなぁ~と思い知らされます。

過敏であることを感じ取る能力は確かにあったとしても、それを邪魔するものが自分の中にあるようです。

「おもいこみ」

です。

”そろそろパットが馴染んできた頃だ”
”STDよりも強化しているから、過敏な特性がでるかも知れない”
”フォークスプリングは、やや弱い”

なんてことが頭にこびり付いているから、正確な判断を邪魔したのかも知れない。

もちろん、仮説を立てることで普通はみえないことが”見えてくる”ことはある。それも事実です。

見ようとする意識と、見えるであろうものを想像しすぎるのは随分違うことですよね。

私には、物事を少し先回りして結論を導き出してしまうところがあるので、注意せねばと思ったのでした。

私は、感性は磨けるものだと信じています。

「どうせ分からない」
「俺は鈍感だ」

なんて風に(最初から)諦めていては、磨かれませんけどね。


それにしても、体むき出しで乗るものなのに”気温”を全く意識してなかったのはお恥ずかしい限りです。俯瞰的にみてから、細かく見ろっちゅーの。
といって、凹んでいるわけでも落ち込んでいるわけでもありません。

「はっはっはー。アホやな、ワシ」とニタニタしているだけです(笑)


少し言い訳をさせてもらうと、今年は11月~2月にかけて、ほとんどバイクに乗っていませんでした。
例年なら”徐々に寒くなる”のを経験しているから、移りゆく季節と、バイクの特性の変化を感じとっていたはずです。

言い換えれば、絶対的な基準が曖昧なのかな…なんて風にも思います。


                     ¶

昨日、愛車2台のタイヤをみて思いました。

「俺ってバイクを寝かせてないなぁ」と。

前を走るバイクがステップを擦りそうに深く寝かせているときでも、私には随分余裕があります。
RZでもGXでも、あの細いタイヤのサイドは10mm近く残っています。

以前は「どうしてだろう??」なんて風に思っていましたが、今は「これでいいんだ」と思うようになりました。

ベタベタに寝かして走る醍醐味は否定しませんが、それが気持ちよいのかといえばそうじゃないと思うからです(私はね)。

できるだけバンクさせずクルリと回り、アクセルを早めにオープンする…。おかげでリヤタイヤのセンター付近は速攻減りますが(笑)、リスクが少ないと思います。
事実「タイヤが滑った」なんてことは、ほとんど経験がありません。

まぁ、こういう走り方をしようと思えば、
 1) ポジションが自分にあっていること(無駄なところに、無駄な力を加えない)
 2) ステアリングステムのコンディションを異常なまでに気にする

ようになるわけですが…。

GXについては、まだ1)がしっかり出来ていないせいか、うまく乗りこなせていないところがあります。
そのせいもあってか、フロントタイヤに随分依存しています。
(調子の出ていないキャブのせいで”アクセルを当てる”のが難しかったことも無関係ではないと思うが)

まだ500キロしか走っていないタイヤとは思えないほど(タイヤ表面が)荒れています。
路面温度めちゃ低いのにねぇ~。

対するリヤは全く荒れていません(センターは目にみえて減っている)。

まだリヤタイヤをうまく使えてないってことなんだろうなぁ。

キャブ弄りは(とりあえず)そこそこにし、先にステップ周りの改良に進んだ方がいいのかも。

ステップの製作といえばこの男に相談するきゃないね!
我が相棒であり、永遠のライバルである、KOTANI WORKS。

Newマシンのステップ周りもボチボチ形作られてきたみたいだから、今度チェックさせてもらおーっと。

↓↓↓協力してね!ブログランキング始めました↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
スポンサーサイト