FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.01
25
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑協力してね!ブログランキング始めました↑↑↑


たまにはNie's garage WORKSの作業日記も書かなきゃね。

RS250のキャブレターです。MIKUNIのTMタイプです。




サッサと分解を進めますが…中はウゲゲゲゲェ状態でした(+_+)




特に酷かったのがパワージェット。ミキシングチャンバトップの底に装着されているので無理もありませんね…。




ニードルバルブホルダを固定するねじがありません。前に作業した誰かが装着し忘れたのでしょう。




ケミカルを使用する前に、パーツクリーナーで導通チェックです。
作業前と作業後の差を より明確にするため、まずは導通チェックを行います。

洗浄の効果があったのかどうか?判断できない人こそ忘れないでやって欲しい作業です。

何処と何処が繋がっているのか?よく考えながら(そして確認しながら)作業を進めるのが基本です。

私も「慣れてるから」と疎かにすることなく、必ずやるようにしています。




ケミカルにより落ちてきた汚れです。茶色いのやら、緑のやら、非常にカラフルです(笑)

1.予洗浄
2.導通チェック
3.汚れに応じたケミカルによる洗浄(同じキャブでも部位によって変える)
4.ケミカルの洗浄をパーツクリーナーで。パーツクリーナーでは落ちきらないので5or6へ
5.弱アルカリ洗浄液にディッピング&加温&洗浄(短い時間とすること)
6.お湯と中性洗剤で洗浄(5の液を完全に流すこと)
7.エアブロー。必要に応じてパーツクリーナーを併用

ここまでやる必要はないのかも知れませんが…。

ケミカルとパーツクリーナーで「さっさ」とやってしまうのは、どうにも納得がいきません。

現在使っているキャブレターの「汚れ落とし」ならば、それで十分だと思いますが(ケミカルはしっかり落としたいところですが…残存したケミカルはアルミをアタックしますから)、不動車のキャブはとにかく徹底的に洗浄する必要があると考えます。




組み立て完了です。梱包して、依頼主さんの元へ発送します。

↓↓↓協力してね!ブログランキング始めました↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
スポンサーサイト