FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.11
15

今日もがんばりましたぁ。








久しぶりに私の作業場の画像…。








右にボール盤。








作業机という名の物置き台には、トルクレンチと各種スクレーパ。








作業机の上。めちゃくちゃ雑多。整理しなきゃと思うんですが…手を伸ばせば”アレ”をつかめる状態なので(笑)


GT80のクラッチを組み立て。








クラッチ以外は完成した腰下。








ワッシャを入れます。オイルを両面にしっかり塗布。








クラッチハウジングの軸部分にもオイルを塗布。








ワッシャを入れます。こいつにも両面にオイルを塗布。








センターナットの下にあるテーパーワッシャ。新品がベストです。


ロックワッシャの車種もありますが、こちらは新品への交換が必須です。


センターナットを本締め~。








最初からトルクレンチは使いません。








クラッチホールディングツールを使って、トルクレンチで。








アダプタとセミディープのソケットを使ってます。




なんでかっていうと…。







ホールディングツールとトルクレンチの位置関係です。


両方の工具を手で握り、ギュゥっと締め付けようとすると…必要な間隔ってあるんですよね。


怪我対策と、(トルクレンチを使っているとはいえ)適切な環境で作業することでより確実なトルクで締め付けができます。







アングルかえただけ。








プレート類を装着です。しっかりオイルを塗布。


とにかくオイル、オイルです。








プッシュロッドの両端には、モリブデングリスを溶いたオイルを塗布。








最後に…こいつのセンターにある●の部分にも忘れずオイルを塗布。


おっと、外周部分にも忘れず塗布。オイル、オイル、オイルです。




使ってるオイルは、もちろんアッシュ
です。








均等に締めこんでいきます。








途中でスプリングがズレるので、その都度修正。


センターに位置するようしっかりと。








最後の仕上げ…いよいよ本締めの前には、回り止めを噛まして…







トルクレンチで。かわいいトルクレンチでしょ?




カバーをあわせる時には、オイルポンプの駆動ギヤと、プライマリドライブギヤをしっかりあわせながら。








続いて…SR400とTDR50のフォークの組立てです。








まずピストンリングの交換。これは滅茶苦茶大事な部品です。


部品がでるなら、絶対に交換!


奥での踏ん張り感がウンと変わってきます。


新品にするとピストンを挿入するときの抵抗感の違いが体感できると思います。




何れのフォークも、インナーチューブ下にスライドメタルを持たないタイプなので…。








先にスライドメタルを打ち込み、








オイルシールも打ち込んでしまいます。


真直ぐ打ち込まなきゃダメよん。








私が使ってるハスコー製のSSTです。




オイルシールの上端にクリップを装着します。










こんな風に先端から「にゅぅ~ん」と入れるんですが…。




忘れずにやるのが、クリップ端部の面取りです。








クリップの先っぽを、







こんな風に…。






先に逆さまにしたインナーチューブにピストンとロックピースを通します。


そこにアウターを重ねます。この方が位置決めがやりやすいからです。








ロックピースがしっかり収まっている事を確認した後、








ねじロックを塗布し、ガスケットをつけたボルトを手で締め付けることができるところまで締め付け、


(インナーの動作しやすい位置を探りながら)




最後にトルクレンチで、








本締めします。モンキーでアウターの回り止め。




ちなみに、回り止めはピストン側にも入れてますが、








アセトンで脱脂てから使います。まぁ…純正オイルが付着してても問題ないんですが、アッシュのフォークオイルがついてしまうとツルツル滑って使い物にならんのです…。




さて、フォークオイルをいれますよ。








アッシュのフォークオイルです。




大よその量はメスシリンダーで計ると楽です。








エアを抜くため伸縮をさせて…。








手の平でフタをして圧力をかけます。アッシュだと速攻抜けますが、純正オイルだとそうもいきません。




すぐ抜けるけど、念には念をいれて、









放置します。パーツクリーナーの入っていた箱で、中に仕切りがついてるので流用。


しばらく放置(この間にクラッチを組んだ)して、







油面をキッチリ調整する前に、中を照らして”完全にエアが抜けていること”を目視確認します。








油面を、







測定。ってヤラセ画像です(笑)。




スプリングを入れて(ピッチの密な方を上にして)、キャップを入れます。








Oリングにはシリコングリスを塗布し、








Cクリップ式なので…必殺技。




ふぅ。完成です。




今日はいっぱい働きましたよ。










TDR50のフォーク。実はミニトレレーサー用です。








ガスケットは再利用しました(笑)。でもね、ちゃんとオイルストンで段つきを修正してからですよ。


サービスマニュアルに書かれた規定トルクだとマズイので、そこは経験則で対応です。




皆さんは、ちゃんと交換してくださいね。


毎レースごとにOHする前提での再利用ですから。
































































スポンサーサイト