FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.10
12

佐々里など、タイトコーナーが続く、フロントに過重がかかるシチュエーションで、奥での踏ん張りが足りないと感じていました。


内圧の影響もゼロではないのだろうが、一旦は無視して考えることに。




奥での踏ん張りの無さはダンピング不足によるものではないと思ってます(仮説)。


スプリングの反力が足りないと踏んでます。本当は、ホンの少しだけ前屈手前のスプリングレートをあげたいのだけど、これは簡単ではない(笑)ので、とりあえず油面をあげてみることにしました。




現状、A.S.H.の#40を油面220mmで使っています。


(変更前に実測すると5mmほど下がっていましたが)


極端に振ってみないと分からん!と思い、思い切って20mmアップの200mmとしました。




ちなみに変更前の220mmは標準※の+10mmです。つまり標準の+30mmアップとなります。


そもそも100ccちょっとしか入らないRZなので絶対量はたかが知れてます。




※標準量はフォークオイル量しか規定されていません。フルOH後のフォークに規定量入れた時の油面




ちなみに、1日走った程度ではフォーク内圧は大気圧レベルでした。




::




ついでにキャリパーの揉みだしも実施。




そろそろヤバイねぇ




洗浄後のピストンです。当たりが強くなっているのが確認されます。






そろそろヤバイねぇ




アングルを変えて。




そろそろ限界だなぁ。表面処理が随分とやられているので磨いてもすぐにこうなってしまいます。


このキャリパーを継続して使うなら、そろそろ交換時です。




::




次にステップ周りの是正。




RZのステップにはチャンバーに靴が当たってしまうのを防止するため?の、ガードがあります。




こいつが…




あたるのよ1




ブーツだと当たってしまうんです。



あたるのよ2




左側も当たっちゃう。

これがライディング中に鬱陶しいのなんのって…。




今まで踵の薄いレーシングブーツ主体なので、ガマンできたんですが新調したガエルネのブーツだとバッチリすぎるほど当たってしまう。




ならばと、



コンターマシンでバッサリ




コンターマシンでザクっといきます。



RZステップ改良中




荒削り完了。ここから仕上げて…仕上げ後の画像は取り忘れました(笑)。




::




娘と遊びにいく約束をしていたのに間に合うかどうか微妙だったのと、足周りのテストを兼ねて久しぶりに高速に乗ってみました。


名神の登りでも250用メーターのフルスケールまで…。


アクセルの開度は3/4程度でしたから、まだまだ余力ありです。




この速度でも足回りは安定していて車の間をスラロームできそうです。




但し、ノーマルのステップ(ポジション)では踏ん張りが利かず足が攣りそうになりました。


まぁ…こんなモンですわ。あくまでもエンジンと車体のパフォーマンスチェックが目的だし常用しないのでOKです。


常用域で使いやすければそれでいいんです。




140あたりで気が付いたのは、左側のミラーがぶれて使い物にならないのに、右側は何とか使えるれべるだということです。



RZハンドル右周り




スズキ車用のポストにミラーを装着しています。



RZハンドル左周り




こちらは左側。右側に比べるとハンドルからの距離?があります。


雰囲気的に振動が増幅されるような気がします。



DTハンドル左周り




DTのポストです。これは現状の右側に似た感じです。


今のクラッチホルダーはガタが大きくなっているし、そっくりそのまま交換してみようと思います。


グリップ装着状態でも着脱出来るタイプですし別の意味でも重宝しそうです。

スポンサーサイト