FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.08
25

MOSキャリパーにすっかり気持ちが傾きつつあったが…おや?と思った。




そもそもMOSキャリパーはR1用だ。うちのRZについているマスターもR1用だ。


R1はダブルディスク。RZはシングル。同じマスター径…ヤバイよなぁ。




通常、同じキャリパーを使い、シングルとダブルにする場合、シングルの方がやや小さめのマスター径になるものだ。


(初期型RZの場合。ダブルのRZ350が5/8インチ。シングルは14mmか1/2インチだったはず)




これはまずい。純正部品を流用してのモディファイを前提に考えると実にまずい。


R1用のマスターは「(セミ)ラジアル」。ラジアルポンプの中で、こいつよりも小さいピストン径の純正品を 私は知らない。




そこで、キャリパーピストン径を調べ、面積を算出してみた(一部、ネット調べにつき確証はない)。




・MOSキャリパー <ピストンの総面積 1288.3mm2)


 ピストン大 30.2mm  ピストン小 27mm




・ブレンボキャスティング(XJR400R/4HM6用) <ピストンの総面積 1614mm2)


 ピストン大 34mm   ピストン小 30mm




・1KTキャリパー(現状)  <ピストンの総面積 1815mm2>


 ピストン共通  34mm×2ヶ




・1NLキャリパー(SRX)  <ピストンの総面積 1607.5mm2>


 ピストン共通  32mm×2ヶ




んー。ずいぶん違うなぁ。




※ちなみに、ピストンの面積は、キャリパーの片側(この場合は前後2つのピストン径の合計とした。


 油圧レシオを検証する際の決まりごとのようなものである。対抗ピストンでも片押し式でも 力のかかり方は同一なのだ(反力ってヤツね)。


 ブレーキの効きはピストンの個数や、キャリパートータルのピストンの総面積で語られるものではないことが分かる。




キャリパーピストンの面積の違いが、どの程度マスターシリンダー径に反映されるのか?簡易的に検討してみることにした。


油圧のトータルレシオを計算すれば良さそうなものだが…ラジアル(縦置き)、セミラジアル(縦をやや斜め置き)、横置きのレバー比をそれぞれ検証して初めて意味がでるものであり、ここではひとまず計算しないこととした。




簡易的な検討には、XJR1200/1300系を利用してみた。




●XJR1200(1994) ヤマンボ(32mm×2ヶ):1607.5mm2


 ⇒  マスター径 5/8インチ(15.875mm)


●XJR1200(1996) ブレンボキャスティング(34mm+30mm):1614mm2


 ⇒  マスター径 5/8インチ(15.875mm)


●XJR1300(1998) ブレンボキャスティング(34mm+30mm):1614mm2


 ⇒  マスター径 5/8インチ(15.875mm)


○XJR1300(2003) MOSキャリパー(30.2mm+27mm):1288.3mm2


 ⇒  マスター径 14mm




●と○の間に大きな変化点がある。んー。同じヤマンボでもXJR1200のピストン径は32mm。現状の1KT用の34mmと異なる。




ちなみに、32mmのピストン径を持つキャリパーをシングルで用いているSRXと1KTのマスターシリンダ径の違いは、


・SRX  確か1/2インチ(12.7mm)


・1KT  14mm


とやはり異なっている。




何となくではあるが、MOSキャリパーを現状のマスターで使うのはマッチングの観点で不適そうである。まだブレンボのキャスティングの方が”マシ”なようだ。




・1KTキャリパーのピストン面積 1815mm2


・ブレンボキャスティングのピストン面積 1614mm2


と、ピストン面積は小さくなる方向。マスターシリンダ径をそのままにピストン面積が小さくするとタッチがパンパン傾向になる。今でも”ちょっぴり”ハイレシオ気味に感じているので、やや心配が残る。




まぁハイレシオってことは、同じ効力を得ようとすればレバーを握る力を高くする必要がある。むしろ…コントロールの幅はあがるかも知れない(操作力が小さくなる=コントロール性が高いというわけではないんでね)。情報量って観点ではどうなるか微妙だけどなぁ(+_+)

スポンサーサイト