FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.07
21

相棒のKOTANI WORKSと周山にいきました。(20日・日曜です)



R162に入る前から車の多さを感じていました。R162に入ると悪い予想は的中です。早い時間に来た意味がねぇ~。まぁボチボチ走ります。VF750F@KOTANI WORKS号は、なかなかの加速です。



途中で前後を入れ替わり、私が追う格好になりました。


以前だと圧倒的にアドバンテージがあったのに…どうも勝手が違います。


進入~初期旋回でグッと離れていきます。グッというよりスススといった感じでしょうか。


ところがコーナー後半ではうまく旋回しきれないのか立ち上がりはコチラに分があります。


(こたにゃん、ここポイントやで!)



途中いい感じで走れた区間(カモノセの前後ね)では、後ろでヒィヒィ言うてました。


さすが我が相棒。いつもの朝練メンバーには申し訳ないですが、やはり一味違います。


久しぶりに目一杯走ったけど、ついていくのがやっとでした。悔しいことにヤツの背中は余裕たっぷりだったこと。





久しぶりに進入で、がんばってみるとフロントの頼りなさを感じました。んー。こりゃフォークだな。


あとステムも『緩めが過ぎる』状態になっているように感じました。ここのところ、時折コクン♪と音がでているしなぁー。普段はゆっくり走ってるから気が付かなかったけど、やっぱりメンテの時期なんだよね。


途中から乗り方を変えた。完全に後ろ乗りでリヤから寝かしフロントは補助的に使ってみた。なんとかついてはいけたけど不完全燃焼。だけど、やっぱり相棒と走る周山は格別でした。





VF750Fのインプレです。


前回乗ったときから、随分仕様変更しています。


まずフォークスプリングをWPのプロラインに。リヤのWPをOHしています。


各所を絶妙のクリアランスで他車のパーツを流用し組み合わせています。


センスのなせる技です。今の私にゃ出来ません。いつか越えたろうと思ってるけど(笑)



以前の状態はダメダメだった。フロントがフワ付いて、とてもじゃないけど走れなかった。


本人も怖がってたし、不完全な状態にいらだちもしていました。



今回、乗せてもらって、正直ココまでの状態に向上しているとは思わなかった。



では、恒例の辛口インプレです。


まずは、各パートごとに考察してみました。



フォークスプリングを交換したのは大正解!ただ、ここまで固くある必要があるのか?という気はする。


イニシャルがかかりすぎているように思う。バネレートは「これくらい」必要だと思うけど、初期の動きがよくない。


元来(というのは語弊があるけど)高いバネレートのスプリングをイニシャルを(さほど)かけない状態で使えば初期からガッツリ動くサスになると思うんだけどなぁー。



次にハンドル。やっぱり違和感があるなぁ。もう少し低い方がいいと思う。ハンドルに力が入っちゃう。とっつきやすいんだけど…とっつきやすさと扱いやすさは違うと思うで。



リヤサスはいいね。走るとよく動くんだけど、静的には固い。正直良く分からん(笑)



ブレーキは危なくない程度に効くけど、コントロールができない。これはタイヤにも問題あると思ったなぁ。



エンジンはボチボチやな。回して楽しいエンジンだけど、昨日も話したように長距離をマッタリ走るにはどうかなぁ?みたいな気はする。



ここからは総評です。



フロントタイヤが走りたいラインの1本外側を走ってる気がしてしゃーない。


リヤは『デン』と自分の走りたいラインをトレースしているのに…それが違和感の原因のような気がする。



かつて、自分のRZでも感じた症状なので、当時の作業メモを見てみた。


リヤの車高が下がり気味の時に感じた症状やね。ただ、これは参考に…あんまりならんかな。


あのVF、リヤの動きが良く分かるようになったから、余計に感じるのかも知れないけど「お尻」が良くも悪くも「すっぽり」はまってしまう。安定してて気持ちよいんだけど、一方で前後に動けない。前後に数センチでいいから動ける余裕が欲しいなぁ~と思ったな。



で、話に一貫性はないんだけど、フロントブレーキを舐めるようにしてコーナーに侵入してみるとフロントは思ったラインをトレースしてくれる。一方で、ブレーキ引きずって走るのめちゃくちゃ怖い。昔の16インチに乗ってるみたいな感じかな。ステアリングの応答性は凄く高いねんけど…やっぱりタイヤかなぁ。特にフロントが積極的に働いてないし、働かせようとするとポジションに制約を受けて動けないからジレンマを感じる。



ステアリングはめちゃくちゃ動きがいいから悪くないんだけど、オフセットが適量なのかどうかは判断が付かないや。外乱に弱そうな印象はあるな。(ハンドルで融通利かせられるから、余計に気持ち悪いねん)



金掛かる方向やから、あまり強くはいえないんだけど、とにかく前後タイヤを新品にしないと始まらん気がする。


その上でもう一度乗らせて!って思ったな。



ちょっと今回は、方向性がバシっと定まらん。それだけ良くなってきたと言えるんだと思う。


だってな、ちょっと試乗のつもりが楽しくて気持ちよかったからカモノセ超えるところまで走ってしまったからね。


まだ煮詰めって言える状態じゃなく大ナタ振るわないとアカンような気がするけど、完成は遠くないと思った。



んー。なんかまとまらん。もうちょっと考えてみるわ!とりあえずの1stインプレッションです。今は まだ まとまらんけどもうちょっと時間ちょーだぃ。






こたにゃんと一緒に周山



スポンサーサイト