FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.07
03

DT200R
に装着しているタイヤは、MICHELINのAC10
。ロードを走ると速攻減ります。




当たり前といえば当たり前なのですが、何となく割り切れない気持ちもあります。


だって、OFF車でクネクネした峠道を走るのって気持ちいいですからねぇ~。




OFF車って、オン区間を走るときと、オフ区間を走るときの空気圧は別!っていうのは結構常識だったりします。


オフのデータはあらかた取れていて、固定化していますが、オン区間のそれは未だに固定化できません。


1.0キロ以上にすると、かなりハンドルがフラフラします。80キロ以上は格闘です(笑)って、それほど大げさでもありませんが気持ちはよろしくありません。ま、オフ車だったらこんなもんやろぉ~って見方もできなくはありませんが。




エア圧を落としていくと、ある程度振れはおさまってきます。しかしステアリングの動きがネチっこくなります。


じゃぁ両立するのは間をとって0.9かっ!といえばそうでもない。これはこれで思ったるいし、フラフラもします。


「間をとる」なんてのは妥協に過ぎないのかっ!?




これだけ路面温度が高くなってくると、走っているうちにエア圧があがってきます。まして変形の多いタイヤですから、より顕著です。走りながら違和感を感じたら、セッセとエア圧を落とさなきゃいかんのかぁ~!!




爽快な走りを楽しもうとすると、面倒なことも増えてきますね。




ま、そもそも「使い方」を間違っていると言われたら、返す言葉がないのですが(笑)

スポンサーサイト