RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
08

TB:0
04:03
Category : エア・グー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





愛車のキャラバンにもエアグーを施工します。


先々月だったでしょうか、スタッドレスから夏タイヤに交換するタイミングで、新しいタイヤに入れ替えました。
(私は年に5000キロも走りませんので、タイヤ交換は距離ではなく「年数」基準です)



チョイスしたのは、ミシュランのAGILISです。

17015421.jpg




AGILISは、バンタイヤにしては高めの価格設定です。少なくとも安いタイヤではありません。
(ほぼ同じ価格帯のブリヂストンと最後まで悩んだのですが)

ハイエースをはじめ、バンタイヤの市場はそれなりにあります。基本的に「お仕事車両」ですから、廉価なタイヤも存在します。
が、私の使い方は、「乗るときは長距離」なので、疲労につながる因子は極力小さい方がいいので、コストを投入する意味があると判断しました。



余談ですが、うちのキャラバンはショックサイレンサーナットを装着しています。
こいつのおかげで、乗用車なみ…とまではいわないまでも、本格的に足回りを”いじっていない”バンにしては、かなりのレベルにあると思います。

16013059.jpg



ですが、バンの域を超えているのか?と言われると、そこまでではありません。

重たいタイヤがドタドタと動いているのが伝わってきますからね。




さぁ、エアグーを施工するとどうなるのでしょう。いざトライです。

17015419.jpg




タイヤに負荷がかからないようにジャッキアップしてから施工します。

17015420.jpg




コンプレッサー直下だけでなく、エアグーの直前にドライヤーを噛ませています。
気休めかもしれませんが、できるだけ水気は排除したいですから。
(なので、エアグーを使わないときのエア補給はハンドポンプを使ってます)

17015418.jpg




関係筋からの情報では、窒素ガスとの相性が今一つとのこと。うちのもタイヤ交換時に窒素ガスをいれられちゃったので、数度エアを入れ替えました。
大きなバンタイヤにエア充填するには、コンプレッサー容量も不足しているので、ジャッキアップも含めて、かなり骨が折れました。

バイクに施工するより数段しんどいです(笑)








なかなかテストできなかったのですが、施工1週間後に、高速移動のある外出予定が入りました。


バイク同様に、走り出した瞬間から違いを感じます。とにかく軽い。

空走感が高いので、今まで同じ感覚で車間調整できません。
今までの感覚でスロットルをオフしても、すーっと走ってしまうので車間が詰まってしまいます。


曲がる、止まる、走るのすべてにおいてネガを感じません。



高速に入ります。

乗り心地、直進安定性ともに抜群です。
高速に入った当初は、ステアリングも軽くなって不安だなぁと思ったのですが、ヘタに抗わなければふらつくこともなく、ズバーっと直進します。


一番驚いたのは、ギャップに入ってもドタバタしないこと。

ストン!といなしてくれます。


なにより、ギャップの頂点を超えた後の挙動が素晴らしい!!!


今まで、ギャップに突入→サスが沈む、ギャップの頂点を超える→路面変化に追従できずにいました。
結果「フッと荷重が抜け、接地感が乏しく」なっていました。

乗車位置と重心の高いキャラバンでは、結構恐怖を感じるんですね。


これがですねぇ、エアグーを施工したら、タイヤが路面の変化に追従するんですよ!
しかもしなやかなので、ギャップがまるで怖くありません。

上下・左右の姿勢変化が劇的に少なくなりますし、乗り心地が向上することも手伝って、疲労の程度がまるで違います。


片道2.5時間の道中だったのですが、特に往路で絶大な威力を発揮しました。
真っ暗で路面の状態がよく分からない真夜中の山陽道が、まるで怖くないのです。今までとは緊張のレベルが違います。


バイクほどにオンザレール感はありませんし、上下の姿勢変化が少なくなったせいもあるのかな?と思いますが、コーナーリングもよくなりましたよ。
(コーナーの途中のハンドルの微修正がほとんどいらなくなります)



エアグーを導入するとき「安くはないけど、試してみないと分からないからなぁ。いっとくかっ!」と、それなりの気合を込めて踏ん切ったんです。

これだけのパフォーマンスアップを、他の手段で実現するには、かなりのコストを投入しないとだめでしょう。
(あるいは、コストを投じたところで、実現できないんじゃないかとも思います)


個人レベルで見ても、投資対効果は抜群に高いと言わざるをえません。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2017.08
05

TB:0
04:10
Category : エア・グー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





GX750でのテスト結果をレポートします。





【§1:未施工状態】


まずエアグーを施工する前に、ワインディングを走らせ、未施工状態の挙動を再確認しておきます。


足回りのコンディションは、過去最高。

17015415.jpg





現状のセットアップは「流して走る」ことを意識しています。コンセプトは、古き良き時代の「ニッポンのナナハン」です。

とばした時の運動性能よりも、ゆっくり走らせたときのステア特性に重きをおいています。
舵角のつきは穏やかですが、大き目にとっています。なので応答性はそれほど高くありません。


その代り、コーナーのRにあわせて入力してやれば、ゆったりと呼応します。

例えば、大きな交差点を右折信号にあわせてスーッと曲がっていくようなシチュエーションが抜群に気持ちいいです。

「すんげぇ最高なんだけど、これがどう化けるんだろうか?」なんてことを考えながら、いつものポイントで休憩です。ついでに産直野菜を仕入れます。

17015413.jpg



夏野菜を中心に調達です。

17015416.jpg



帰宅後、エアグーを施工しておきます。





【§2:施工翌日】

あけて翌朝。まったく同じルートを走らせます。

乗り心地、空走感が明らかに向上していますが、元々「よい」状態なので激変と呼べるレベルではありません。

大きく変わったのは、直進安定性の質です。


今までも、直進安定性はかなりよい部類でした。でも何かが違います。

よくよく観察していると、このような違いがあります。

《未施工》
路面からの入力を、ステアリングがうまくいなしている

《施工後》
路面からの入力をタイヤがいなしているので、ステアリングに伝わってこない



GX750で↑の違いを体感してから、アクシスに乗ったら「はっはーん。同じ理屈じゃん」と思いました。
健全なステアリングがしっかり機能することによって得られていた安定性の幾分かを、タイヤが担ってくれているような…そんな印象です。



で、この日は気持ちよく走れたのか?というと、そうでもありませんでした。
思うように車体が寝てくれないのです。

ひとことでいうと「立ちが強くなった」感じです。
ダンパーを抜いてみたり、プシュっとバルブでエアボリュームを可変させてみましたが、大きくは変わらず。

セッティングをもとに戻し、観察に集中することに。

そうすると、ブレーキがよく効いていることが分かりました。いつもの調子でブレーキをかけると、早く停車するのです。これはいいなぁ。







【§3:施工後1週間】

1週間寝かしてみることにしました。


「軽い!」

クラッチをつないだ瞬間、そう感じました。施工直後よりも、はるかにいい!

リアが低いような気がしたので、すこーしイニシャルをアップしてみました。
(アジャスター1/4回転)


リアの高さはでたものの何かが違います。

元に戻したり、思い切って1/2回転かけたり、逆に抜いてみたり…う~ん。

17015464.jpg





一旦、イニシャルを元にもどして、走らせ方を変えてみました。
リアが低いような気がするので、パッと入力していたのをやめ、コーナーの弧に合わせて荷重をインに載せていくようにしました。


すると、面白いように曲がっていくではありませんか!

オンザレール感とでもいいましょうか、スキーで、うまくエッジにのれた時の感覚に似ています。


私、ベタ寝かせするのが好きじゃないので、さっさと車体を起こす乗り方です。

が、寝かせたままで走らせるのが、めちゃくちゃ気持ちいいんです。


そうこうしていると、今までだったら「2つ」のコーナーに見立てていたところを、「1つ」のコーナーとして処理できることに気が付きました。ベターっと寝かせた状態で、そのまま曲がり切っちゃうのです。


そして、バンキング中の安定感は絶大です。路面がうねっていようがとっ散らかることがありません。

私にとっては(曲がれる曲がれないとは別次元で)公道で走るには怖いと感じる速度になってきたので、手綱を緩めましたが、とても上手な方であれば、もっとペースをあげられるでしょう。


凄い。凄すぎる…。

一方で、悔しさも滲んできました。サスペンションや車体のチューニングで、このような特性にする術を思いつかないからです。


今まで散々にやってきたことは何だったのか…。

エアグーを通して、エアを充填するだけなのに…。




ここでふと思う。これだけ乗り心地がよいのなら、もしかして…( ̄~ ̄)

山の中にある卵屋さんに立ち寄ってみよう!

17015465.jpg





タンクバックの中に放り込みます。万が一のときに備えて、ジップロックには包みましたが緩衝材はありません。

17015468.jpg





はたしてどうなったか?!

 :
 :
 :
 :


じゃ~ん。ただの一つも割れておりません!!!!

17015470.jpg




正直、半分残ってくれたらいいかなぁと思っていたんです。なのにひとつも割れていないなんて!

ご覧のように、いわゆる卵パックには入っていません。トレーに積み上げたのに、ネットでくるんでるだけです。
この状態で100キロ近く走っても割れなかったんですから、すごいんじゃないでしょうかヽ( ̄▽ ̄)ノ

ちなみに、舗装林道のようなワインディングが主体です。ギャップも路面のうねりも結構あります。
路面からの当たりが緩衝されているせいだと思います。






【§4:確認できた現象と現時点での仮説】

今回確認できた現象と、現時点での仮説です。


《その1》なぜリアが低いと感じるのか

イニシャルをかけて、リアを高くしてやると、確かに車体の運動性能があがります。
それよりも、イニシャルをかけない(=未施工時のベストな状態)状態の方が、タイヤの仕事ぶりがはるかに高いことから、急激な入力変化よりも、穏やかな入力変化の方が「より一層活きる」ような気がしています。


リアが低く感じる理由を、まだ特定できていないので、引き続き検証してみたいと思います。



《その2》タイヤの表情

施工1週間後にワインディングを走ったあとの、タイヤの表情です。

17015485.jpg



BT45って、四角くブロック状になっている辺りが荒れる傾向にあります。
そこそこハイペースで走った割には穏やかです。タイヤの摩耗も少ないんじゃないかなぁと想像しています。


加えて、もう1点。

何があるか分からない公道においては、目いっぱい端まで使わないのが私のポリシーなんですが、今まで”パターンが終わるあたり”まで使っていたのが、ぷつぷつの手前まで使ってますねぇ。ただ接地しているだけで、荷重がかかっていない状態(タイヤに頼った走らせ方)だから、乗り方も考えないといけませんね。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.07
24

TB:0
10:07
Category : エア・グー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





実は、スクーターにこそエア・グーを施工したいと思っていたのです。

理由はウェット走行での安心感を手にいれたかったからです。


うちのアクシスのホイール径は10インチです。ウェット走行は、結構怖かったりします。

かつては、グリップマンを塗布していましたが、残念なことに廃盤になって久しいです。
手持ちのものは使い切っちゃったので、今年の梅雨をどうやり過ごそうかと思っていたのです。

17015434.jpg




エア・グーを使った方のインプレをみていると、グリップマンと効用が似ていると思いました。


例えば、「軽さ」と「接地感」が両立する点です。

グリップマンも初期動作は軽く、スッスと動きます。が、ひとたび荷重がかかると潤沢な接地感を発揮します。


あとは「空走感」が増すのも似ています。



グリップマンも眉唾感では負けていませんが(笑)、実際に使ってみるととてもよかったのです。

レースでも非常に役に立っていました。

タイヤが暖まらない1週目から、ガンガンいけました。
また、私の相棒は、こいつを塗ってからアクセルターンを”いつもの調子”でやったら、思うようにタイヤが滑らずハイサイド食らいましたから(笑)






話しをエア・グーにもどします。


違いは、施工した直後から分かりました。

軽さと接地感が両立しています。
また、施工後、時間の経過とともに、乗り心地がどんどん良くなり、しっとり感も増してきました。


交差点レベルでもタイヤの様子がとてもよく分かります。

絶大な安心感に身を任せるように、体の力を抜き、インにのっていく…。
すると体重移動に呼応し、タイヤがつぶれながら旋回力を発揮していく様が伝わってきます。

ゲタ代わりのスクーターで、走る楽しさを得られるなんて!



印象として、タイヤがきっちり仕事をしている気がしますねぇ~。
しっとりしているが、腰砕け感がない。何とも不思議な感じです。


これならウェット路面も期待できるな!と思っていたら、ちょうどいい感じに雨が振りました。
予感的中です。ドライと同じようにとはいいませんが、不安レベルがウンと違います。


目的は達成できました。もぅ、これなしではいられないです。導入してよかった!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.07
18

TB:0
04:04
Category : エア・グー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





話題沸騰のエア・グーを、XR100モタードに施工しました。


走りにいく前夜に充填。XR100モタードには、比較的設計の新しいBT601を履いています。さぁ、どうなることやら…。

17015389.jpg



出発して5分くらい経ったあたりから、笑いが止まらなくなってきました。

なんじゃこりゃっ!!!!


12インチって、駆動ロスが大きいから、空走感が希薄になりがちです。ところが…めっちゃくちゃ気持ちいい!
早朝で貸切状態の市街地を、制限速度で走るのがこんなに気持ちいいなんてっ!


全体的に柔らかく、しっとりしたフィールで、路面の状態がとてもよく伝わってきます。
「今、轍を超えたな」みたいなことがとてもよく分かります。

ブレーキングも同様で、タイヤのつぶれ加減がよく分かります。こりゃいいぞっ。



そろそろワインディング区間です。

左右への動きが軽くなったので、慎重に操作をしながら特性を探ります。


…が、コーナーを3つもクリアーする頃にはノリノリになっていました。



流して走ってるつもりなのに、ニースライダーが路面に接地しはじめます。
こんなこともあろうかと、レザースーツを着てきて正解でした。


バンキングさせたときの挙動がこれまた絶妙。
ぐにゅぅっとタイヤがつぶれる感じがめちゃくちゃよく分かります。


イン側にグイグイと荷重を載せていくと、面白いように向きが変わります。


そうはいっても、サスがプアですから、路面のうねりに合わせて車体がユラっときます。
ですが、そういう挙動がまるで怖くなく、軽くいなせるのです。


しまいには、ブーツの先まで擦りはじめましたので、ぼちぼちにしておくことに。






自宅までの道すがら、お尻が痛くないことに気が付きました。

XR100モタードは、サスもプアだし、シートも薄っぺらいので、お尻には最悪のコンディションです。一度に走るのは200キロが限度でした。
これなら、もうちょっと足を延ばせそうです。


この手のものって、元が今一つであればあるほど効くと思っています。
なので、設計の新しいBT601にはあまり効かないんじゃないかと想像していました。予想を大いに裏切られ、喜ばしい限りです。


あ、そうそう。エアグーをいれることで、タイヤの消耗が抑えられるんじゃないかと感じています。


というのも、タイヤの表面が明らかに”おだやか”なのです。

17015430.jpg


真夏のワインディングで、それなりのペースで走ったのに、表面のアレが殆どないのです。
(走る前は、もう少し荒れていました)

長期的にみてみないと、何ともいえないところではあるのですが…。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.07
13

TB:0
04:00
Category : エア・グー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!





話題?のエア・グーを導入しました。

どれだけ人の言葉をどれだけ聞いたところで、結局自分でやらないと分かりませんので、自分で買って使ってみることにしました。

17015378.jpg

17015379.jpg



タイヤ内のエアーを抜ききって、エアグーでエアを注入します。
とりあえず、うちのすべての実動車にいれてテストしました。





エア・グーを施工した直後に、固さを感じる方が多いようです。
「このことをいってるのかな?」と思う印象は受けましたが、それほど気になるものではありませんでした。


以下、複数の車両においてのテスト結果です。
車種ごとのインプレは、随時ご紹介する予定です)

1.軽快感
 空走感が増します。車両が前に進もうとするのを妨げるものがなくなったような印象です。
 また、左右の動きも格段に軽くなります。


2.接地感
 接地感が増します。
 軽くなると、接地感が損なわれそうな印象を持つかもしれませんが、そんなことはありません。


3.振動・乗り心地  
 路面からの振動が減ります。当たりが弱くなるといった方がいいかもしれません。
 伴い、乗り心地がよくなります。

4.情報量
 情報量が増します。接地感との切り分けが難しいのですが、例えばタイヤのつぶれ具合がよく分かります。


5.旋回性
 旋回性が増します。
 市街地走行レベルだと、動きが軽くなったせいかな?と思いました。

 が、ワインディングに持ち込むと、それだけじゃないことが分かりました。明らかに旋回性が増しています。

 それから市街地に戻ってみると、交差点レベルでも「はっはーん、こうやって乗ればいいのね」が分かってきました。
 もぅ、曲がるのが楽しくって仕方がありません。


6.ウェット性能
 ウェットを走らせたときの安心感も絶大です。


これだけの特性を得るために、投じなければならないコストを考えると「破格」です。

問題があるとすれば、謎めいた感が払しょくできないことくらいです(笑)






トライしてみたい方は、お問い合わせください。

儲けるつもりはありませんが、だからといって無償というのも違う気がしますので、少しだけお代を頂戴します。

基本料金は1000円です(2輪車限定)。



取扱説明書によると、一度エア・グーでエア充填すれば、効果は一定期間持続するようです。

以降のエア充填は通常通りでOKです。エア圧チェックのたびに来ていただく必要はありません。
(一定期間をおいて、再充填するとよいという話しもあるようです)


なお、基本料金と書いたのは、安定した状態でタイヤを浮かせる必要があるからです。
センタースタンドのついている車両なら、基本料金でOKですが、ひと手間かかる車両については、かかった工数を請求させていただきます。

あらかじめご了承ください。



<注記>
ひび割れタイヤや、そもそもエア圧が極端にくるっている車両、並びに長時間のうだうだトークはご容赦ください(笑)



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑