RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.02
23

TB:0
04:47
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





前回の記事はこちらです。


ダイレクト・ドットコム・レーシング製のステップをベースに、ステップ位置を見直そうとしております。
このステップキットは、後ろ方向に145mm、上に90mm移動するものです。


前回の記事で前に30mm、下に30mm移動するプレートを作りました。
(STD比でいくと、後ろ方向に115mm、上に60mm移動)

試運転してみると、前に移動させたのは失敗だと分かりました。膝が前に出るので、ハンドルとの位置関係がおかしくなるんです。
ハンドルを前方に移動させたので大丈夫かなぁと思ったんですけど…。ポジションというのは、実に難しいものです。


なので今回は、後ろ方向はキットのまま(つまりSTD比で145mm後ろに)に、下側へのみ移動させることにしました。



図面通りに素材を切り出します。

仕上げます。ねじ部の座繰りも綺麗にできました。

17014358.jpg



裏側は、ちょっと失敗したのでお見せできません(笑)
フライス盤の操作は、まだまだ会得できているとはいえません。奥が深いのは分かっているつもりですが、まだ入り口にすら立てていない気がします。

旋盤よりも、はるかに難易度が高いです。とはいえ、今の実力でも製作できる範囲がグッと広がったので、ありがたい限りです。





でけた。

17014384.jpg



またがってみると、なかなかいい感じです。


キックペダルとブレーキペダルのクリアランスは絶妙です(笑)

17014385.jpg





ブレーキペダルといえば、抵抗が結構あるんです。原因はここです。

17014383.jpg



段の付いたこのカラーが微妙に長いせいで、ロッドがまっすぐにならないのです。
常に四角いブロックに押し付けられているので、カラーとブロックの摺動が「面ではなく線」で支えらた状態になります。

左右の位置を規制する必要はない個所です。むしろある程度フリーに動ける方がよいはずです。
(実際、多くのノーマル車両が「ピン&割ピン固定」方式を採っている)


旋盤で少しずつ修正し、最適な状態に整えました。戻り方向のフィールがウンとよくなりました。


補足しておきますと、このステップキットの精度が悪いわけではありません。むしろ、とても高い精度で加工されています。

組み合わせて使う純正部品の個体差が原因だと思います。
つまり、どのメーカーのキットを使おうが、起こりえる問題です。


買ってきたものをポンとつけるだけでは不十分なケースもあるってことです。

今回、原因追求と、対策に要した時間は1時間程度です。

工賃に換算すると、決して安くはありませんが、操作系の動きは大切なので、やる価値は高いと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2017.01
15

TB:0
04:02
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





前回は左右のプレート形状が違うのを作り終えてから気が付いたというお話しでした。


〆のところで書いた「事件」のおかげで、今年の正月は「寝正月」になってしまいました。
例年なら、ここぞとばかりにガンガン作業しているというのに…。


お蔭でやる予定の作業が全く片付いていません(; ̄ェ ̄)



気を取り直して、挽回です。


材料を切り出します。5052材は柔らかいので切り出しは楽です。反面、ヤスリ掛けはだるいです。

17014183.jpg




天地を間違えないように印をいれてと。

17014184.jpg




できあがり。ねじ部にはザグリをいれておきます。
ボール盤でクランプせずに適当にやったらビビってしまいました。横着かましたらあきまへんな。

17014185.jpg








ステップが前方に移動するので、シフトロッドを短くしないといけません。
キットについていたものは、丸棒にねじを切ったタイプです。切った貼ったすると錆びてしまうし、だからといって表面処理しなおすのも面倒なので、6角棒を使います。

キットについていたロッドエンドはメス型なので使えません。

17014186.jpg


改めてみてみると、ロッドエンドがカシメてあるタイプでした。うーん、アームも使えないじゃん。
ということで、ジャンク箱から適当なアームを引張り出してきました。





といっても使うのはスプラインを切ったところだけです。あとは作ります。6tの鉄板をカットして、溶接するために円弧上に形を整えます。

17014187.jpg




元々ついてた鉄板を撤去します。おや、ねじ穴の位置が微妙に違いますね。

17014188.jpg




うちのはここにカラーをいれてます。

17014189.jpg




たった0.5㎜のことですが、このままだと干渉するので、アーム側をフライスで削って帳尻を合わせます。
続いて切り出した鉄板を仮止め。

17014190.jpg





他の部材もバチバチっと溶接。アルゴンガスがなくなってることに気が付いたので、手棒溶接機でやっつけました。

17014191.jpg







お次はシフトロッドです。

17014193.jpg




両端にねじを切ります。もちろん一方は左ねじです。

17014194.jpg




ナットはJIS3種の薄型を使います。こんなにあるけど、たぶん一生かかっても使い切れません(笑)

17014196.jpg




いいんでないかぃ?

17014197.jpg




アーム側にナットを溶接してから、左右の位置を調整します。

17014203.jpg




ばっちりです。

17014199.jpg




右もできました。んー、やっぱりこのままだとキックペダルは使えませんね。

17014200.jpg



それと…相変わらず、リザーブタンクの置き場所に困ります。とりあえずタンデムステップを外して仮置き。

17014201.jpg




ステップホルダーをカットしてしまいたいんですけど、レースで使われてる車両をみていると残してる人が多いんですよね。
何かレギュレーションでもあるのかなぁ???

17014202.jpg



マフラーがこんなところを通ってなければ、まだやりようがあるんですけどねぇ。

ちなみに、まだ、もうちょっと続きます…。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.01
13

TB:0
04:07
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





XR100モタードのノーマルステップ位置は、かなり低いので、速攻で路面にヒットします。
固定式なので危険なので、ダイレクト・ドットコム・レーシング製のステップを使っています。

後ろ方向に145mm、上に90mm移動します。


移動量としてはかなり大きいです。

恐らく、基本的な考え方はこのようなものだと思います。
・まず路面にヒットしないこと⇒上にあげる
・上にあげると膝と腕があたるし、伏せづらい⇒後ろにさげる


ちょっと窮屈ではあるけれど、サーキット主体だしな~と楽観視していたのですが、サーキット走行でも、高く、後ろすぎることが分かりました。
腰を左右に動かすときに、上向きの力をかけづらいんです。


ハンドルポストを交換し、腕とのクリアランスにもゆとりがでましたので、ステップ位置を見直すことにしました。



まず基準となる現状のステッププレートを採寸します。

16014132.jpg




私の使ってるミツトヨのピッチノギスは、大きな穴のピッチ測定ができないので、治具を作って対応します。
このテーパーになった治具を裏側からボルト止めすると、それなりの精度でピッチ測定ができます。

16014133.jpg






データをCADに落とし込んで型紙を作ります。紙は伸縮するので、要注意!です。

16014151.jpg




コンターで粗切りします。今回は5052材を使いました。ねばっこくて削りづらいので、あまり好きではないのですが。

16014152.jpg




外周を仕上げます。いつものようにヤスリで削り出し。

16014153.jpg




フレーム形状の関係で右側のプレートには逃げが必要です。フライスで加工します。
あとマスターシリンダーステーを固定するための、M6のタップ穴も加工しておきます。

16014154.jpg




車体に仮付します。んー、いい感じです。
(この段階ではペダル位置は無視しています)

16014156.jpg




お次は右側…。キックペダルと干渉しそうですが、とりあえずは乗ってみてから対策を考えます。
って、そんなことより、あれ??ボルトが1本刺さらないぞ。

16014157.jpg




左右対称で作ったんだけど、おっかしいなー。



もしや…。

ダイレクト・ドットコム・レーシングの左右のプレートを重ねてみます。


がーーーーーーんヽ(;▽;)ノ
左右で穴位置が違うじゃないかーーーーー。

16014155.jpg



やられました_| ̄|○


エンジンにあわせて車体を作ってるからこうなるんだろうなぁ。
さらに運の悪いのが、作り直さねばならないのは、手間のかかる右側のプレートです。とほほ。

16014159.jpg




じっくり見ていくと、左右を連結するパイプの軸端にあけられた下側の取付け穴が基準位置みたいです。

16014161.jpg





この日は時間が無くなったので、別の日に作り直すとして、Rブレーキマスターのステーにヘリサートをいれておきました。
キットはボルト&ナットで締結する構造で整備性が悪いんです。

16014162.jpg



翌日作り直すぞー!とおもったら、事件が…。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.01
11

TB:0
04:05
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





XR100モタードのノーマルスプリングの実測値を元に、あれやこれやと計算したのが前回の記事です。
XR100モタードのフロントフォークの改修計画(その1)

・フォークスプリングレートは0.34-0.74kgf/mm。
・線間密着点(0.74kgf/mmにかわるポイント)は約88mm。


計算結果より「初期の動きは大きく、ググっと踏んばってほしいあたりで動きがスティッキーになる」という特性が推測されます。
実走行データを当てはめてみても、この推測でほぼ間違いなさそうです。

データより、0.50kgf/mm前後のシングルレートにするとよさそうだなぁと思ったら、HRCから0.50と、0.55のスプリングが準備されていました。
値段もそれほど高くないので、これを使うのが簡単だと思います。

それじゃ面白くありませんので、ノーマルスプリングを加工して遊んでみましょう!






何をどうしたいのかを決めないと始まりませんので、気になるポイントと、改修要件を定義します。

まず気になるのは「スッコーンと沈んで、あるところから急激にスティッキーになる」特性です。
こうなる原因は2つ。ノーマルスプリングの低い側のレートは低すぎること、低い側と高い側のレートの差が大きいことです。


改修要件は、次のように定義しました。
・ブレーキングでの沈み込みを抑えたい
・市街地での最低限の乗り心地は確保する
・ストロークは使い切っても構わない


低い側のレートをあげて、線間密着点を(ストロークの)浅い側に持ってくることにします。


具体的な数値に落とし込みました。設計図みたいなものですね。

16014128.jpg




あとはこれに従って加工していくだけです。

車体を保持します。

16014124.jpg



スプリングを抜きます。トップブリッジを外さないとスプリングすら外せないのは実に面倒です。

16014125.jpg




サンダーでスプリングをカットします。低い側のレートをあげたいので、カットするのは「巻きが密な部分」です。

16014126.jpg




サンダーでカットしたままでは使えませんので、端面処理をします。

16014127.jpg





カットした終端を密着させ、端面の直角を出しつつ平滑にしあげます。
左右のスプリングの長さが何mmも違っているとブサイクですから、できれば合わせておきたいところです。

特別な道具こそ使いませんが、やり方は我流なので、くわしいやり方は書きません。





スプリングが完成したらプリロード調整です。誤解を恐れずにいえば、姿勢合わせ…かな。


レートがあがりますので、プリロードは「抜く」方向で調整します。
抜く方向とはいえ、スプリングをカットしていますので、自由長はかなり短くなっています。

ノーマルのカラーでは全く足りません。ノーマルの鋼製カラー(長さ50㎜)は撤去し、新たなものを作ります。

16014129.jpg



使うのはコレです。毎度おなじみの塩ビ管です。VP16を使います。

16014130.jpg



こんなもので大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、まったく問題ありません。
(座屈強度を計算すると分かります)




カラーですが、計算で求めた長さと、少し長いものを複数製作しました。
各々を車体に組み込んで1G計測をし、あらかじめExcelで作っておいたシートにプロットし、設計した内容が再現できたかどうかを検証します。

実走しながら詰める方が格段にいい結果になるのですが、時間もないし、寒いので複数ポイントをグラフにプロットすることで代用しました。


結果はバッチリ。設計内容は見事に再現できました。押してみた感じもいいし、乗車姿勢にも違和感はありません。


やりながら感じたのは「結局、HRCのレートと、指定プリロードで組むのが一番早いな」ってことです(笑)

こんな手間をかけるよりも、HRCからスプリングを買った方がよっぽど楽で確実ですf(^_^;
あくまで私個人が(過程を含めて)楽しんでるだけ
なので、数値の公表は控えさせていただきます。


あ、そうそう。フォークオイルは「とりあえずそのまま」です。

オリジナルスプリングを設計する際は、スプリングやカラーの容積からエアボリュームを計算し、油面の初期値を検証するのですが、今回はそこまでやってません。

今回の場合だと、「板厚の薄い鋼製カラー&すき間のあるスプリングをカット」したところに「厚肉の塩ビ管を放り込んだ」のでフォーク内のエアボリュームは減っています。フォークオイルの油面をあげたのと同じ状況ですね。これをベースに、実走行で詰めていこうと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2016.12
27

TB:0
04:05
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





タイヤウォーマーを買おうと思っているのですが、タイヤウォーマーを使うには前後のホイールを地面からあげてやらんといけません。

手持ちのフロントアップスタンドはデカすぎて、何かと不便なので、ミニバイクでよく見かける「簡易版」の中古を探すことにしました。
無難にJ-TRIPかなぁ~と思ってみたものの、新品が買えるくらいの高値で取引されています。

XR100モタードのフェンダーはステム側についているので、フェンダーと干渉するに違いありません。
何かしら加工が必要になります。高値で買ったスタンドを切り刻むのは忍びない。


どうせ切った貼ったするなら、安モンでええわいと、ア○トロのスタンドを調達しました。





フェンダーにホルソーで穴をあけます。穴位置はフェンダーステーにあわせました。

フェンダーステーは、あまり頑強とはいえません。
理想をいえばステム下端になるのでしょうが、加工が大変なので…。


樹脂のフェンダーを介してフロントをあげますので、フェンダーとあたる部分にジュラコンをいれることにしました。

また角度的に「面」で支えるのが難しそうです。
スタンドのネック角度を変更しようと考えたものの、ぴったり角度を合わせるのは難しそうです。


そもそもスタンドをかけるたび、角度は微妙にかわりますので「受け」部分を動くようにしよう!

まず大き目の外径のワッシャをいれます。

16013943.jpg



ジュラコンから削り出した、さらに大きな輪っかをいれます。

16013944.jpg



そのうえに金属製のブッシュをいれます。ブッシュとスタンドのピンを一点溶接して固定します。

16013945.jpg



簡易的ではありますが、可変式の受けになりました。

16013946.jpg




フェンダーとの干渉をさけるため、パイプをぶった切り、角度をつけて溶接します。
突合せ部のすき間を詰めるのが面倒だったので、手棒のアーク溶接機を使いました。

16013947.jpg




微妙に接触していますが、ほとんど負荷はかかっていません。
フェンダーに接触しないようにすると、スタンドの着脱性が極端にさがりますので、これでヨシとします。




完成~。ニセンエンちょぃの投入コストにしては、いい具合です。

16013948.jpg





ちなみに、アス○ロのスタンドは説明書すら入ってないし、他にも突っ込みどころが満載なので、私のように「素材」として買うならともかく、普通に使いたい人は買わない方がいいと思います。少し高くてもJ-TRIPあたりの物を買うのが無難だと思います。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑