FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.11
05

TB:0
04:04
Category : KZ1000 エンジン
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





排気ポートに引き続き、吸気ポートともやりましょう。

といってもポート研磨はやりません。


吸気ポートは経路が長く、普通のリューターではアクセスできませんし、スロート周りの設計も複雑なので、リスクの方が大きいです。
そもそも私の使い方だと吸気ポートを拡大する意味はありません。


STDも多少「ラッパ状」になっていますが、Jのインシュレーターを使うには若干段差Fがあります。段付き修正しましょう。

IMG_6669i.jpg



私が使用するKZ1000Jのインシュレーターとの差をマークしてみました。
このように段差を修正するだけでも残厚はほとんどありません。そういう意味でも吸気ポートの研磨の必要性は低いと思います。

IMG_6667i.jpg

IMG_6668i.jpg



マークに合わせて円弧上に削ります。欲張らず、うすーくうすーく削ります。
ラッパ状とはせず、スムーズな形状になるよう削っていきます。

時折フラップホイルで仕上げ、凹凸があればリューターで修正を加えていきます。

IMG_6670i.jpg

IMG_6671i.jpg



平滑になったら一気に仕上げます。フラップホイルを全開で回していたら、ドレメルのリューターから煙が出ました(汗)

IMG_6672i.jpg



#280で平滑に、#320で仕上げました。
吸気ポートの場合、磨いてしまうと吸入空気が層流になり、霧化の妨げになる恐れがありますので、もうちょっとザラっとした質感でもいいくらいですね。

IMG_6673i.jpg

IMG_6674i.jpg



緩やかで滑らかになるよう、この辺まで磨いています。

IMG_6678i.jpg



ポートの軸センターに対し、盛り上がっている箇所がないかもチェック。綺麗に仕上がってますね。

IMG_6676i.jpg



これにてヘッドは完成です。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト



2019.11
04

TB:0
04:04
Category : KZ1000 エンジン
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





KZ1000のシリンダーヘッドです。SOHCエンジニアリングさんでしっかり仕上げていただきました。

17089846.jpg

17089847.jpg



消費増税前に加工を終えたかったので、吸気ポートの仕上げをしない状態で送ってしまったのです…。


ちなみに、リューターと巻きペーパーで鋳肌を取り除いた状態でした。

このまま巻きペーパーで磨いていこうと思ったのですが、巻きペーパーだとペーパーが暴れます。
今まで内燃機加工に出す前にポート加工していたので、多少のやりづらさは我慢していたのですが…。

今回は内燃機加工済みなので、綺麗にしてもらったシートカット面を痛めるリスクがあります。

また物理的に、バルブガイド付近の細い部分へのアクセスも確実ではありませんので、コストはかかりますがフラップホイルを使います。



フラップホイルとゴム砥石を使って仕上げていきます。

まずは#320から磨いていきます。

IMG_6655i.jpg

IMG_6656i.jpg



作業性は極めて良好ですが、面白いようにフラップホイルが消耗していきます(笑)

17089920.jpg


イコールコストなので…アクセス可能な箇所については、ベルトサンダーを併用しました。

仕上がってくると凹凸が際立ってきますので、リューターで修正しながら作業を進めます。

平滑になってきたら、#400、#600と番手を細かくいていきます。
フラップホイルだけではアクセスできない場所は、ゴム砥石を併用します。


今回のポート研磨の目的は、カーボンの堆積を出来るだけ避けることにあります。
吸気ポートのように平滑化によるデメリットが少ないため、可能な限り磨きこみます。


最終的には#800で仕上げました。

IMG_6657i.jpg

IMG_6658i.jpg

IMG_6662i.jpg

IMG_6666i.jpg



なんだかんだで丸一日かかりました。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2019.10
16

TB:0
04:10
Category : KZ1000 エンジン
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行します。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





WPC処理に出していた部品が戻ってきました。今回処理に出したのは動弁系、ミッション、そしてクラッチ周りの部品です。
バルブも処理済です)


エヌ・イーさんに処理を依頼すると、これだけの梱包材を使って、丁寧に丁寧に梱包されて返ってきます。
ただのひとつでも手を抜いた梱包はありません。他にも類似の処理をしてくれる業者はいますが、私はエヌ・イーさん一択です。

IMG_6543i.jpg



1時間ほどかかって開梱。うっとりするなぁー。

IMG_6544i.jpg




まずはリフターです。微細な傷も均され、すっかり綺麗になっています。WPCとモリブデンショットを併用しています。

IMG_6545i.jpg



これだけツルツルだとシムが張り付いて取れないでしょう(^^)

IMG_6546i.jpg



磨きこんだクラッチのプッシュロッド
いい感じでオイルだまりも残っています。うっとりー。

IMG_6547i.jpg



これもいい仕上がりです。錆びによる腐食も、まぁ見られるレベルになりました。

IMG_6548i.jpg



お次はカムシャフト。これもWPCとモリブデンショットの組み合わせです。いい風合いです。

IMG_6549i.jpg



心配されたジャーナルもよいコンディションになりました。
良質なオイルと相まって、スルスル気持ちよく回る姿を想像すると、たまらんですなぁ。

IMG_6550i.jpg



ミッションのアウトプットのカラーにもWPC処理を施しました。
この部品はオイルシールにアタックされ、消耗しますからね。延命という意味において、この部品は処理しておいた方がよい部品です。
いつまでも新品部品が入手されるとは限らないわけで、高耐久に仕上げておくのは意味があると思います。

IMG_6551i.jpg



ミッション周りの部品も素晴らしい仕上がりです。

IMG_6552i.jpg

IMG_6553i.jpg

IMG_6554i.jpg

IMG_6555i.jpg



このカラーは、外周をクランクケースでサンドイッチされる部品です。
少しでも”滑る”要素は増やしたくないので、外周にマスキング処理したうえで、ベアリングと接触する内面側のみ処理してもらいました。

IMG_6556i.jpg



クラッチのプッシュロッドと、鋼球にも処理しました。

IMG_6557i.jpg



シフトフォークも、ツルツルです。
事前処理しておいてよかった(^^)

IMG_6558i.jpg

IMG_6559i.jpg



内面も接触面積が大きいだけに効果が期待できます。

IMG_6560i.jpg



もちろん、シフトドラムも処理しています。
(ミッションAssyとは別料金です)

IMG_6561i.jpg



ではエンジンの組み立てに着手…と行きたいところですが、お化粧直しが残っています。

製造後40年も経つ部品です。これ以上の腐食を防ぐためにも、塗装は必須です。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2019.10
15

TB:0
04:05
Category : KZ1000 エンジン
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行します。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





SOHCエンジニアリングに内燃機加工に出していた部品が返ってきました(^^)

足の踏み場すらない(-_-;

IMG_6506i.jpg


他にも納品物があったので、梱包を解くのに数時間かかりました。とほほ。


シリンダーヘッドです。

ふふ。ツルッツルのピッカピカです。

IMG_6532i.jpg



にえマーク入りです(笑)

IMG_6533i.jpg



ヘッドの座面が腐食していたのですが、しっかり修理いただきました。GM3300を使うんですね。てっきり溶接で盛るんだと思っていました。

いたずらに熱は入れない方がいいでしょうし、確かにこれで十分です。


燃焼室の容量もばっちり揃えていただきました。
ちなみに、バルブガイドの打替、シートカットも実施済です。

燃焼室容量は、ノーマルバルブの割に、予定より多く入ったようで37.0ccだったとのこと。

シートカット量で燃焼室容量を調整してもらいました。
そのままだとバルブクリアランスの調整がやりづらくなるので、ステムエンドも研削してもらっています。


バルブにWPCしたおかげで、少し傾けただけでスーっと自然落下します。

IMG_6536i.jpg



今回はSTDボアですが、将来のさらなるボアアップすることも考慮し、スリーブ厚をあげています。
(スリーブは”ターカロイ松”仕様です)

そのままだとケースに収まらないので、クランクケースボーリングも実施いただきました。めちゃくちゃ綺麗!!!

IMG_6540i.jpg



で、容積を合わせヘッドに合わせて、作ってもらったのがコレ。

SOHCエンジニアリングのスペシャルピストンです。

IMG_6527i.jpg



圧縮比を調整するため、1つずつ形状調整されています(^^)

IMG_6528i.jpg



裏面の作りこみも凄まじい。そして、とにかく軽い!!!

IMG_6529i.jpg

IMG_6530i.jpg



このピストンがダメになることは、まず考えられませんが、将来のOHに備えて、ピストンリングとピストンピンは予備を手配しました。

IMG_6531i.jpg



よいエンジンを作るには高いクオリティの部品と、内燃機加工が必須です。

その代わり、びっくりするくらいの金額になりましたけどね(笑)

今回のOHは、私がこれまで培ったものをすべて投入するつもりです。
一生に一度あるかないかの大仕事ですから、納得いくまでやり切ります。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2019.10
11

TB:0
04:07
Category : KZ1000 エンジン
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行します。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





私はWPCやモリブデンショットを積極的に使用しています。理由は単純で、費用に見合う効果があるからです。
(表面処理や被膜に関する開発をしていた経緯があるのも無関係ではありませんが)

私がこれらの表面改質処理に最も期待するのは「耐久性の向上」です。
別の言い方をすると「部品を消耗させないためにやる」意味合いが強いです。





表面改質処理は有効ですが、自分でできる下地処理と組み合わせることで、さらなる効果が発揮されます。


リフターです。縦に摺動痕があるように見えますね…。

17089690.jpg

17089691.jpg



色目が違うので、表面がどの程度傷んでいるのかよくわかりません。ラッピング処理を行います。

使用するペーパーの番手は#1000と#1500にしました。
その後、ピカールでざっと磨きます。ラッピングといっても鏡面加工まではやりません。油だまりも必要ですから。

この程度の”磨き”でも、うっかりすると落としてしまいそうになるくらい、ツルッツルです。

綺麗になったので、表面を観察すると僅かな傷が残っています。この程度なら問題なしと判断しました。

17089745.jpg





次にカムシャフトです。ヨシムラのST1を組むつもりだったのですが、気が変わりました。
まずはノーマルを組むことにします。

17089743.jpg



パッと見は、傷があるようにみえますが…。

17089744.jpg



チェックを兼ねて、ラッピングしようかなぁ…。

WPC処理との兼ね合いもあります。
エヌ・イーさんに確認すると、カムの素材は柔らかいので、WPC処理の圧力が規定より低く、ディンプルが出来にくいとのこと。

やっぱりね。

拡大鏡でみてみると、比較的良好にも見えましたし、油だまりがなくなるのはまずいですから、ラッピングはすべきではないと判断しました。


準備完了。WPC処理に出しましょう。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑