RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.12
10
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



私のセローにはPWK28を装着しています。多くの部分でノーマルキャブより好ましいので、元に戻すことはないでしょう。
ただ、ノーマルにはなかった諸問題があるのも事実でして、いろいろと手を尽くしてきました。

セローにPWKカテゴリーを順を追って読んでいただければ経緯が分かると思います。


さて、この記事を書いた発端は「PWK28を使うと最高速はどれくらいでるのか?」なんて問い合わせを受けたからです。


答えは「さほどあがらない」「条件や仕様によっては下がることもある」です。

実際、うちのセローでも「最高速トライするような走らせ方」をすると、最高速に影響のある現象が確認されます。
「セローでそんなことをしてもツマラン」「それよりゆっくり走る方が気持ちエエがな」なので、あまり問題視していませんし、対策も…まぁいいやと考えているのですが、個別にやりとりするくらいなら、くわしく載せてしまぇ!と考えた次第です。

ところで、そもそも225ccの排気量に、28mmのキャブは小さいと思うんです。
4気筒に換算すると900ccでしょ、900ccバイクに28mmのキャブなんて使わないですからね。

キャブが小さいからだ!なんて風に短絡的にとらえてしまうこともできなくありませんが、でも、それだけではないのです。





まず私自身の復習のために、基本的な原理をおさらいしておきます。


《基本的な原理(その1:吸入負圧)》

キャブを論じるときに吸入負圧のことが論じられますが、私は2つの要素に分けないといけないと思っています。

1.エンジン側が発する吸入負圧と、
2.吸入負圧によって導入される大気が、ベンチュリーを通過することによる吸入負圧

1は、大気を導入する源になり
2は、フロートチャンバーからガソリンを吸い上げる源になります。



《基本的な原理(その2:圧力差によって吸い込み、吸い出される)》

次に考えておかねばならないのは、ガソリンや空気は、なぜ吸い込まれたり、吸い出されたりするのかということです。

答えは「吸い込むのも、吸い出されるのも、圧力の差によって行われる」です。

また、流速は圧力差によって流れが生じた結果…ではないかなぁと考えています。
(ここはあまり自信がない)


《基本的な原理(その3:圧力は絞り込まれた入り口付近が高くなる)》

お風呂の排水口に手をあてるとよく分かります。

絞り込まれるところは強く吸い込まれるのに対し、排水口から離れた場所では強く吸い込まれることはありません。流れ込んだあとのパイプだってそうです。

圧力が異なるのは、指を近づけてみると分かります。吸い込み口付近にでは指を動かしにくいのに、パイプの奥に指を突っ込むと動かしやすいですよね。
(だから一度は吸い込まれたものが、詰まってしまうのかなと考えている)






さて、もともとPWK28はオフロード用の車両に開発されたものと認識しています。

オフロードで要求されるのはパッとあけたときに、グッとついてくる特性だと思います。
少なくとも「開けた状態でグングン伸びていく」ことよりは、優先度が高いはずです。


大気導入側の形状をとってみても、このことがうかがい知れます。

PWKの大気導入側は、ファンネルのような形をしています。
PWKと比べたら、VMやPEなんかは随分穏やかです(筒に近い)。

R0013185.jpg





吸い込まれる力は、圧力差によって生じるとおさらいしました。

なので大気導入側がファンネル状であるPWK28は、

・高い圧力を発生させやすい
・圧力差が生じやすい


形ということですし、エンジンの発する吸気圧が一定であれば、大気導入部の圧力が高い方が強く吸い込まれますので、大気の導入量を増やすのに有利なのです。


R0019245.jpg

R0015423.jpg

さらに、PWK28はフラットバルブ※ですから、
(正しくはフラット+円弧断面ですが)

・バルブの前後長が短い
・ガソリンの吸い出し口の場所と圧力差が生じる場所が近い


のです。圧力差を生じる場所が近くにあるので、

・流速の立ち上がりが速い
・吸入負圧が生じるのが速い
・レスポンスよくガソリンが吸い出される


となり、結果、スロットルをパッとあけたときのレスポンスがよくなると考察しています。
順を追って書いてはいますが、実際には相互に関連づいているものですから、特性要因図などに整理すると分かりよいかもしれません。





PWK28の構造が、スロットルレスポンスに優れる設計であることは分かりました。

では、なぜ全開時の伸びが今一つなのでしょうか。


実は高いレスポンスを狙うための構造が、足かせになっているのです。

・大気導入側がファンネル状である
・高い圧力を発生させやすい★
・圧力差が生じやすい

・バルブの前後長が短いフラットバルブである
・ガソリンの吸い出し口の場所と圧力差が生じる場所が近い★


列記したうち、寄与率の高いものに★をつけてみました。これらをひとつの文章にしてみると、このようになります。

「ガソリンの吸い出し口の近くに高い圧力がかかっている」


先に考察した通り、パッとあけたときのレスポンスはよいのですが、全開にすると、
「PWK28は、吸い出し口付近のベンチュリー側の圧力が高くなってしまう構造」だということです。


ここで基本的な原理を思い出します。

「ガソリンの吸い出しは、圧力の差によって行われる」


はい、ベンチュリー側の圧力が高いのですから、ガソリンの吸い出しが効率よくおこなわれるわけがないのです。


実際、最高速アタックのような走らせ方をPWKでやると、
『もっと伸びるはずなんだけど、ガソリンが足りないなぁ』と感じるんですね。


ガソリンが足りないならMJをあげようって思いますよね。

ところが、あげてみたところで、さほど変化しません。そりゃそうです。効率よく吸い出しが行われないのですから。
そればかりか、(過度になると)全開状態で失火症状が出始めたり、全開以外の領域に影響を及ぼしてしまう(濃くなる)のです。





ここまで書いておいてなんですが、重要なのは、あくまで「PWK28が構造的にそのような傾向にある」だけで、エンジン特性を決める要素はこれだけではない点です。傾向を認識する意味は大きいですが、そこに縛られ思考範囲を狭くしてしまっては本末転倒ですし、ましてはPWK28は全開域の特性に問題があると結論付けるのも馬鹿げた話です。(今回の記事は)あくまで一断面から考察したに過ぎませんしね。

ちなみに、全開領域で、ガソリンの吸い出し力が低下するのはPWKに限った話ではありません。対処方法は、すでに確立されています。代表的なのは、全開域のガソリン供給不足を補うために、別の経路でガソリンを供給するシステムです。一般的にはパワージェットと呼ばれてます。
(同じPWKでも35mmには装着されていたと記憶しています)

文中でPWKとVMを対比させていましたが、VMだって「全開で吸い出し力が低下する」傾向はあります。実際、初期型RZのVM26にはついていなかったパワージェットがRZRのVM26には追加されています。ただ、パワージェットがすべての解決策というわけでもありません。とにかく、使いこなすのが難しい…。後年、電子制御式のパワージェットに進化したところからみても、そう単純ではないということです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト
2015.12
02
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ちょくちょく尋ねられるので、私の見解を整理しておきたいと思います。

まず、私が使っているのは「タンデムさん」のキットです。

私はキットをそのまま使っていません。
そのことによって「ダメなのか」「文句があるのか」と尋ねられることがあります。完全なる誤解です。

「セロー PWK」で検索すると、相当な割合で、うちにヒットしますので、この機会にはっきり明言しておきます。
(ご迷惑をかけちゃいかんですし)

『とてもよいものです』というのが私の見解です。



理由としては、
 ・内容を考えると安価である
 ・取付けに必要なものが付属している
 ・何よりパフォーマンスは格段にあがる

ね。こうやって書いてみると、文句のつけようがないじゃないですか。

中には、このパーツは○○の○○で、単品で揃えることができてウンタラカンタラなんてことを書いている人もいるようです。
個人が個人の場所で評価するのはもちろん勝手ですし、見えている結果のみを後追いすれば、そういう評価になるのかもしれませんがね。ノウハウや時間をかけて選定されたのですから、その対価に見合った価格設定とするのは当然のことだと私は思います。


さて、とてもいいものといいながら、なんでそのまま使わないの???という疑問がでてくるかもしれません。

それは『もっとよくなる余地があるから』
です。

私は、ダメダメなものを普通に使えるように是正しているわけではなく、
普通に使えるものをさらに改善しているだけです。

私がよく使う図です。私がやっているのは、この図でいうところの赤の活動です。





赤と青の違いは明白です。




さて本題です。

《ポンづけで走るのか》
ノーマルの車両であれば、ポンづけでも走ります。
走らないようなら、別の何かがおかしいと思います。

《セッティングは必要か》
やった方がよいです。なぜなら、もっとよくなるからです。

《セッティングは難しいか》
各ジェットが受け持つパートを理解したうえで、順序立ててやっていけば、それほど難しいものではありません。

《セッティングで気をつけること》
・一度に複数個所を変更しないこと(急がば回れ)
・(可能な範囲で)同じ走行モードで検証すること
・よくなっても悪くなるところまで振ってみること

セッティングが難しいという方の多くが、この原則のいずれかを逸脱しているように思います。総ずれば、やみくもにやらないこと…これにつきますね。

同じ走行モードで…というのは難しいと感じられるかもしれません。
例えば外出先だったとします。そこでは変更しちゃいかんのか??と言う意味ではありません。例えば、帰り道で必ず通る場所があれば、そこで再度検証する…たったこれだけでも「普段との差」を検証できますから、結果に自信をもつことができます。

《セッティングは面倒か》
ある意味ではYesです。否定はしません。
作業そのものは、結構面倒です。できることならやりたくありません(笑)

でも、「よくなる」ことが分かってくれば、楽しみに変わります。
やればやるほど「よい状態か悪い状態か」が分かるようになってきます。
調子が悪いと分かっていながら、走り続けるのが苦痛になってきたらしめたものです。もうあなたは、立派なセッティングフェチです。

《セッティングしなくてもよいという人がいるが》
この文章の理非は、要求水準をどこにおくか…によって、ガラっと変わってきます。

例えば、2種類の要求水準があったとします。
(1)ポンづけで走る
(2)緻密なところまで突き詰める

(2)は、個体差や状況によって変化します。気温や標高によっても変わってくるのですから、突き詰められるわけがありません。
それを要求水準としてしまうと「そりゃ実現不可能だよね」ということになります。
セッティングはやるものであって、出すものではありませんので、散々使っている私だって、乗るたびに変えてます。

ですから、この手の部品は(1)を前提にせざるを得ないわけです。

極端な例えですが、白物家電を買うのは、まったく意味が違うんですね。
過剰な期待をせず、(そのことがよいか悪いかは別にして)「そういうものなのだ」と理解して手を出してほしいなとは思います。

《セッティングパーツはどこまで揃えればよいか》
エンジンの仕様によって異なりますが、できるだけたくさん揃えた方がいいのは確かです。
「同じ走行モードで」と書きましたが、これができないからです。

もうちょっと絞ってみたいなぁ…ジェットがないから来週だ!みたいにすると、一律の評価ができませんので、また悩んでしまうわけです。同じタイミングでササっとやるのがベストですから、ジェットは事前に準備しておくべきです。

さりとて沢山そろえるのは費用がかかります。こういうときに便利なのが、ジェットを揃えている、うちみたいな存在です。どうぞご活用ください。

蛇足ですが、MJなんかよりも、「常用する領域を担っている」ニードルジェットや、SJの方がよほど重要です。


《最後に》
「あそこのキャブキットはダメだ」なんて言ってる人に聞くと、たいてい何もしていないか、数回ジェットを変えて(それもMJあたりを)ダメだと断じてしまっています。それは違うんじゃないの?と私は思います。

まぁ、私が今回書かせていただいたようなことを、販売者が開示すればいい…という意見もあるかもしれませんが、そんなことをしたら売れません。販売者のお立場では難しいんじゃないかと思います。PWKに限らず、CRだって、FCRだって、数が売れてるからこそ真っ当な価格で手にすることができるのです。また、関連する情報だってそうです。いずれも、手を出す人が少なければ、提供されないものです。


今ある状況や物を腐すのは簡単です。でも、そんなことをしても誰も幸せにはなれないと思うんですね。

使用者側が、ほんのすこし情報を取りにかかったり、手を出す努力を行うことで、うんと違った世界がみえてくるのにです。かつては良質な雑誌がその一助を担っていたと思いますが、昨今、望み薄です。そんな実状を憂いていても仕方ありませんので、稚拙かつ微力ではありますが、情報開示していきたいと思います。こんなことでも、違った世界を見ようとされる方が増えてくれたらなぁと願ってやみません。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







2015.11
26
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



PWK28のアイドリング調整用のスクリューです。なんと樹脂製です。

15100531.jpg



ご覧のように、スプリングがたわんでいます。
これって、スプリングの自由長に対し、セット長が短い(ぎゅっと縮めた状態で使う)せいです。

素材に樹脂を使っているのは、スロットルバルブへのダメージを気にした結果なのかな…それにしてもデメリットが多すぎます。

・微調整がやりづらい
・折れそうな不安がつきまとう
・なめそうで怖い






うちのセローは、冷えてるときと、暖まったときで、若干アイドリングが変化します。
暖まった状態を基準に調整しているのですが、冷えているときはスロットルから手を放すことがためらわれます。

樹脂ねじの溝にぴったり合うドライバーは、かなり大型のものになりますので、常時携行するには不適です。


そこで、こんなものを買ってみました。
MITANI KOBE製のアイドルスクリュー&エアスクリューキットです。

15100520.jpg

15100521.jpg




色は複数ラインナップされていました。
派手な色の方が、薄暗い場所でも目立つかなぁとは思ったのですが、結局「黒」を選びました。

15100522.jpg




実は、アイドルとエアスクリューともに、単体で購入も可能です。

私はセットで買いましたが、ノーマルのPWK28を"セロー"に使っているだけなら、アイドルスクリュー単体で購入したと思います。
というのも、ノーマルPWK28をセローに装着した場合、エアスクリュー(AS)の調整による変化代が小さいからです。

原因として考えられるのは、スロットルバルブとエンジンの間にあるポートです。

R0019246.jpg




4ストローク用のキャブレターの多くは、このポートから排出される混合気の量を調整できるようになっています。
ところが、PWK28は、そもそも2ストローク用に設計されたキャブレターですから、調整ができないんですね。
(2ストロークは、必要性が低い)

スロットルバルブが閉じているときでも、多量の混合気が排出されているのですから、ASで調整したところで効き目が薄い…。
これが私の立てた仮説です。

実際、このポートを殺すモディファイをしたあとは、ASの調整でテキメンに変化するようになりました。


つまり、うちのPWK28は、ASの調整を積極的に受け付けるようになっているわけですね。
なので、エアスクリューが簡単に調整できるのは、とても便利だろうとセット物を購入した次第です。






上がMITANI製です。下の純正の先端形状を丁寧に摸しているのが分かります。
巻き数と線径はそれほど大きく違いませんが、キットのスプリングの方がレートが髙そうなのです。
(キットに入っているスプリングはSUS製。ノーマルは鉄だと思われる)

15100532.jpg




装着前に、ちょこっと手を加えます。

ノーマルのねじです。白っぽいのが見えますね。これ、ねじロック剤のようなものだと思われます。
動きが硬いのは、こいつも影響していると思います。現に、こいつが付着したままでは、手で回せません。

15100534.jpg




タップを通して除去します。

15100533.jpg



スプリングを通さずねじ込んでいくと、素手でスルスル回るようになりました。


さて、前述のとおり、キットに付属しているスプリングはSUS製です。
たぶんダメだろうなぁと思いつつ、突っ込んでみると案の定「硬すぎ」ます。


手でスムーズに回せないと、この部品を使う意味がありませんので、ノーマルのスプリングを使うことにしました。

しかし、スプリングにテンションがかかってくると「ギジギジ」します。キャブ本体も、このパーツもアルミですからね…。
そのうち、かじってガビガビになるのは目に見えています。


なので、砥石でバリをとってみました。

15100537.jpg



んー。ずいぶん良くなったけど、まだまだなので、耐水ペーパーでラッピングしました。

15100538.jpg



今度はバッチリ。手でも気持ちよく回るようになり、微調整が格段にやりやすくなりました。






お次はエアスクリューです。


PWK28のエアスクリューは、とても調整しやすい場所についています。

15100523.jpg




取り外して並べてみます。先端部の形状が大きく違っていたら使えないなと思っていたのですが…。

15100524.jpg



少なくともテーパーの形状はほぼ同一でした。先端部の形状の違いがどうでるかですね。
ま、このスクリューで「最適」なところを選べばいいだけなんですけどね。

15100527.jpg



余談ですが、社外品のジェットキットの中には、ここの形状が異なるものが少なくありません。
ここの形状が異なれば、規定値は全く意味を持たなくなります。注意が必要ということです。



スプリングです。

上がノーマル。下がキット付属のSUS製です。

15100528.jpg



装着してみると…キット付属のスプリングはあまりフィールがよくなかったので、ここもノーマルを使うことにしました。



最後に。何回転戻したのか分からないので、マーカーで1/2回転ごとに印をいれておきました。

15100529.jpg

15100530.jpg






使ってみての感想です。どちらも便利です。

アイドルスクリューは、グローブさえ外してやれば、信号待ちでちょぃちょぃ調整できます。

エアスクリューにいたっては、(左側についてるので)走りながら調整できちゃったりします。
(ボンバーのおやっさん風…分かる人は分かる)


お値段は「それなり」ですが、私には「かなり有用」なアイテムです。

なお、セローは、年式によってアジャストスクリューのアクセス性が異なります。
装着したはよいが、手が届かない…なんてことになる可能性があります。お買い求めの際は、よくお調べになられた方がよいと思います(^^)



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







2015.08
10
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



PWK28を4ストロークに合わせてモディファイしてから、700キロほど走りました。

これまでの経緯です。

PWK28を4ストロークに合わせてモディファイ(その1:スロー系統の経路の考察)
PWK28を4ストロークに合わせてモディファイ(その2:仮説に基づきスロー経路を変更)
PWK28を4ストロークに合わせてモディファイ(その3:スロー系セッティングだし)
PWK28を4ストロークに合わせてモディファイ(その4:ニードルジェットのセッティングだし)
PWK28を4ストロークに合わせてモディファイ(その5:林道ではどうか)





5回給油しましたので、燃費を確認してみました。
(「ココから以降」が対象です)

2015-08-03 11 06 03


「これまでの平均燃費を上回ることはない」結果です。


セッティングするのに「必要以上に全開」にしているのも無関係ではないと思いますが、総じて「よくない」結果になっています。

 平均  27.7km/リットル
 最低値 26.50km/リットル
 最高値 28.57km/リットル


ちなみに、私は「燃費の悪い」人です。
回すからじゃなくって、アクセルワークが下手くそなのだと思います。


さておき、リザーブ前に給油する前提だと、巡航距離は200キロちょぃといったところでしょうか。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







2015.07
04
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



近ごろ、セローでお散歩するのが気持ちよくって仕方がありません。

RZも気持ちいいんですが、RZに乗るときにはそれなりの儀式が必要です。
例えば服装。それなりに気を使ってしまうんですね。

これがセローだと、作業服の下に胸部&脊椎プロテクターの入ったベストを着こんで、ブーツを履けばOKです。
ただの汚いオッサンですが、セローだと気になりません(笑)

ということで、セローの走行距離ばかりが伸びてしまいます。





私のセローは、ノーマルのセローとは比べ物にならないほどの中低速トルクを発揮しますので、ノーマルのセローしか知らない人が私のセローに乗ると、大抵「発進でのけぞり」「あわてて2速にいれて、またのけぞり」ます。

ロードだと、すぐに慣れてしまいますし、好ましい面の方がはるかに多いのですが、
「すごいけど、オフロードではどうなんですかねぇ」なんて疑問を突き付けられると、うーむ…と唸ってしまうところもありました。



セッティングにでかけた帰り道のこと。

DT200Rに乗っていたころに走り回っていた林道の入り口がみえました。

帰るつもりだったのですが、気が付けば突入していました(汗)





結論からいうと、笑いが止まらず、帰る気が失せました。

R0019672.jpg




スロットルが開けやすいったらありゃしません。セッティングが進んだせいで、豊かな中低速トルクを柔らかく引き出せるようになっています。

リヤを無駄に流さず立ち上がれます。イン側の足を出さずにズワァーっと滑らかに走ることができます。


登りもいい感じです。

具体的には、低いギヤで、回転数はきっちりあがっているけど、スロットル開度は抑え目な状態です。
このような状況でビャッと吹けたり、失速することがありませんので、過度な緊張を強いられることもありません。


その時々の状況で、元気に走ることもできれば、手綱を緩めて走ることもできます。


敢えていうなら、スタックしてしまった後の発進や、Uターンには若干気を使うかな。
(あくまでノーマルとの比較ですが)


思った以上に気持ちよかったです。再び林道通いをしてしまいそうです(^^)



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach