RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
18

TB:0
04:01
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





ブロンコのボーリング加工依頼をいただきました。

ピストンを同梱いただきましたので、精密計測から始めます。

17085679.jpg



STDサイズみたいですね。

17085680.jpg



ボアゲージを使ってクリアランスを計測します。

え?!

17085683.jpg




ご覧のように40台を指しています。
ダイヤルゲージの目盛りは、1目盛り0.01mmですから、クリアランスが0.4mm以上あるってこと。

ひとケタ違います!!!!


あり得ない数値です。通常であれば、この辺りになります。

17085686.jpg




シリンダーにピストンを挿入してみると、思いっきり「すき間」があります。話しになりません。

17085687.jpg



ちなみに、ピストンの外観はこんな感じです。振れまくった痕だらけ。

17085681.jpg

17085682.jpg




素性が明らかでないものについては、ピストンをできるだけ同梱してくださいねとお話しさせてもらっています。

送っていただいて大正解でした。


確かにピストンはSTDサイズでした。

その情報だけで、0.25mmオーバーサイズピストンを手配していたら、ボーリングできないところでした。
(すき間が0.4mm以上あるってことは、0.25mmオーバーサイズピストンを楽に呑み込んでしまうってこと)



このエンジンの素性をお訊ねしたところ、オークションで買ったエンジンとのこと。
載せ替えてみたら、シリンダーから異音がするのでエンジンを開けられたそうです。

そしたら、傷だらけのピストンとシリンダーがでてきたので、ボーリング依頼をいただいた…こういう話しのようです。


大事にいたる前でよかったです。

しかし、どうしたらこんなことになっちゃうんでしょうね…。想像できません。



とにもかくにも『中古のエンジンは怖い』ってことです。

新しい車種であれば、エンジンをあけている可能性は低いですが、古い車種はヘタなものを買うより、今使ってるエンジンをOHする方が確実ですよ!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2017.02
28

TB:0
04:05
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





セロー225用 シリンダーボーリングと社外のオーバーサイズピストンのセットは、にえガレの定番メニューです。

今回は同系統エンジンを搭載した「ブロンコ」のオーナーさんからの依頼です。


シリンダーとあわせて、ピストンも送っていただきました。

17014331.jpg



ピストンがなくても、ボアサイズは特定できるのですが、消耗の程度が把握できた方が何かといいと思いますので、可能ならば同封いただくようお願いしております。


今回お送りいただいたピストンは、69.930mmでした。

17014332.jpg




サービスマニュアルに記載された下限値スレスレです。OHするにはよい時期だと思います。

17014333.jpg




次はシリンダーとピストンのクリアランスです。部位によってばらつきはあるものの、0.10~0.12㎜の範囲でした。

17014334.jpg

17014335.jpg




クリアランスの標準値は0.035~0.055㎜です。スッカスカなのが分かります。

17014336.jpg






せっかくボーリングするのですから、ヘッドもしっかりメンテすることをお勧めします。
(どうせ外すんですから!)

肝となるのはバルブシートです。
いつも書いていますが、当たり面が広がってしまったバルブシートは、すり合わせでは修正できません。

やはりバルブシートカットをするのが王道です。
金額だって、それほど高くないんですよ。1か所 1800円です。

16バルブだと大変ですが、2バルブだったら3600円です。


やらぬ手はない!と思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.01
02

TB:0
04:10
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





お正月ですが…関係なくアップしていきます。

腰下が完成しましたので、お次は腰上です。

シリンダーの下に入っている「スリーブとシリンダーのすき間にオイルがあがらないように」するOリングです。触るとポロっとちぎれました。

16013970.jpg




想定内なので、ちゃんと新品を手配しておりました。
このOリング、目的を考えると油をベッタベタに塗るのは気が引けますので、うすーくシリコングリスを塗布し、あとはエアーでビロロロ~ンと泳がせ?ながらいれていきます。

16013971.jpg





シリンダーを挿入します。マニュアルでは、ここを先に締め付けよとありますが…。

16013972.jpg




反対側にはボルトがないんです。さっきのボルトを先にギュゥギュゥ締め付けるのはよろしくありません。

16013973.jpg



なのでヘッドを載せ、ヘッドの締結ボルトを締めながら、さっきのボルトも締め付けていきます。

16013974.jpg




マニュアルを熟読するのは大切ですが、うのみにするのもどうかなぁと思います。


いちおーカムチェーンは吊ってますが…。

16013975.jpg



フライホイールを最後に取り付けるので、落としちゃっても問題なし。

16013976.jpg


セローのエンジンに限定すれば、フライホイールはヘッドを組んでから装着するのが楽です。






この状態で車載しちゃいます。

16013980.jpg




スイングアームピポットとシャフトを通します。すーっと抜き差しできるように、エンジン位置を調整します。

16013982.jpg


スイングアームを取り付けたままだと、作業効率が悪いので、スイングアームは外しちゃってます。
いじいじしながらやるより、手をたくさん動かした方が早くて確実です。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2016.12
28

TB:0
04:03
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





今回は、タダの「分解洗浄」です。


全体的にくたびれたエンジンをOHするのとは違って、作業のやり方が違ってきます。

例えば、部品の洗い方ひとつをとっても違いがあります。

ベアリング類をすべて交換するOHだと、単体部品を徹底して綺麗に洗えばOKです。
対して、ベアリングを再利用する今回のケースだと、ベアリングを装着したままケースを洗うことになります。

ケースの外側は汚れています。落とした汚れはどうしても洗浄液に混ざってしまいます。
うまくやらないと、ベアリングに汚れが付着してしまいます。

今回、ケースに関しては3段階の洗浄工程を設けました。
沈降物をこまめに取り除いたり、フレッシュな洗浄液を使うなど、随分手間をかけました。


交換する部品点数を減らしたいのはよく分かりますが、分解や組立よりも、洗浄工程の方が、はるかに時間がかかるんです。

「できるだけベアリングは交換しないでほしい」と言われることがありますが、せっかくOHするのですから、ベアリング類は交換した方がよいと思います。
洗浄作業というのは、部品交換と違って、結果の見えづらい作業です。それに対価を支払うよりも、潔く新品部品を投入した方が、遥かに価値が高いです。



洗い上がってしまえば、どう洗ったのかなんてことは全く分かりませんが…。

16013936.jpg




うちでは、素材、表面処理、汚れの性質によって使用する洗浄液を変えています。
灯油ベースの洗い油を使う部品もあれば、アルカリ系の洗浄剤を使う部品もあります。






ケースにアンコを放り込み、ボルトで締結していきます。
普段使いのドライバーはトルクの伝達効率のよいものを使っています。誤解を恐れずにいえば、バカ力をかけやすいドライバーです。

対してケースの締結には、繊細なトルク管理がやりよいものを使います。現在愛用しているのは、ベルツァー製です。
デッドストックになって久しいものなので、用途を限定し、大切に使っています。

16013937.jpg




シフトシャフトのスプリングを交換しておきます。このスプリングは、疲労で破壊しやすい場所なので、あけるついでがあれば交換しておきたいものです。

16013964.jpg



組む順番を間違えると組めなくなるので要注意…。

16013965.jpg




クラッチハウジングは新品をおごります。

16013966.jpg




さくさく組んでいたのですが、手戻り発生。

16013967.jpg




もう一度クラッチハウジングを外す羽目になりました。クラッチ板を保持する4本のボルトを締めこんでいたら、どうも心許なく感じたせいです。
ヘリサートをいれて、再度組み立てます。ちなみにヘリサートをいれるくらいだったら&部品が出るなら新品に交換しちゃった方が安いんですけどね(笑)

まぁ、ハウジング側がダメになってるのだから、セットで交換した方が無難とういうことです。

なお、クラッチ板を保持するボルトの締付トルクは(ボルトサイズにもよりますが)10N・m前後です。
トルクレンチを過信するとねじ山をぶっ壊しかねません。そもそも強いアルミではありませんので、やばいかな?と思ったら自分の感覚を信じた方がよいです。



カバーを取り付けて完成です。再利用できるよう、ガスケットにグリースを塗布します。
漏れ防止のパッキンがついてますけど、無視!です。(自分のエンジンだし)しょっちゅうバラすので、オイル滲みより、再利用性を重要視しますf( ̄ー ̄;)


フライホイールはシリンダー&ヘッドを装着してから組み付けますので、一旦完成です。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2016.12
26

TB:0
04:12
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





セローのクラッチハウジングが、あまりにおかしい。
円周方向にガタついてるものはよく見かけますが、こいつは前後左右にガタついていました。


どうなってるのかを確認するため、リベットを削り取って分解してみました。
なるほど…。緩衝ブッシュが円形でした。

16013940.jpg



私がこれまでに見てきたハウジングは、回転方向を抑制する位置にブッシュやスプリングが入っていました。


目視で分かるレベルですき間がみられます。相当にヘタっています。

16013941.jpg







恐らくコイツも振動の原因になっていたと思います。


うちにきて最初にやったOHの際、ガタがあるのは確認していましたが、そのときに確認されたガタは回転方向のみでした。
加減速のショックもそれほどではなかったので「車載状態でも交換できるし、もうちょっと使ってみるか」と判断したんですね。


今回、もしかして?と思って分解して、正解でした。



「そのうち交換」といった先送りの判断には丁寧なフォローが不可欠です。少々ズボラが過ぎたようです。

部品代(19,116円)よりも、別のところでため息がでてしまいました。やはり最初に仕留めておくべきだったと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑