RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.05
31

TB:0
04:05
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



初期型RZ250/RZ350用 スイングアームピポット ベアリング化キットをリリースしました。

詳細はコチラ!





何気に電圧計をみたら「17V」近い数値を示しているではありませんか。
ライトを点灯させると15V台にさがりました。そろそろレクチファイヤレギュレータが怪しいのかもしれません。

致命的に悪くなる前に、さっさと交換してしまいます。



といっても、セローの標準指定品は使いません。どちらかといえば「よくダメになる」と言われていますし、値段だって高いですから。

ド定番?のカワサキ スーパーシェルパ用にしようかなぁと思いましたが、今回は別のものを使うことにしました。

17015043.jpg



台湾YAMAHAの部品です。袋の文字が、なんとなく「それっぽい」でしょ( ̄ー ̄;)
たしかコマジェのキャブ車用の部品だったと思います。

17015044.jpg




部品番号は5AG-H1960-00で手配しました。定価は6700円くらい。
私はYAMAHAの部品商からとりましたが、オークションやAmaz○nでもっと安い金額で出費されています。


いちおーはYAMAHAの純正部品ですから、それほど悪くなかろうと思うのですが…。
こればっかは使ってみないと分かりませんね。



やばくなった純正品です。場所もまずいよね。

17015045.jpg



比較します。ボルトの位置・ピッチは互換性あり!です。
が、ヒートシンクがある分、手配したものの方が高さがあります。

17015046.jpg



分厚くなるので、ボルトは長いのに交換しました(M6×25)。

17015047.jpg


ヒートシンクが、若干シートに干渉します。しばらく乗ってるうちに、シートベースが溶けて、ちょうどいい具合になるかも(笑)
なんてのは冗談ですが、ちょっと削れば回避できそうなので、しばらく乗ったあとで考えることにします。

この画像をみていると、シートレールにつけてるゴムシートが野暮ったく感じます。
前のオーナーが付けたものなのですが、なーんか外す機会を失ってたんです。この機会に外しちゃおーっと。




外装をとめているボルトが傷んできたので、新しいものに交換します。

例えばココ。シートを固定するボルトです。ねじがめげちゃったので、ヘリサートをいれてます。

17015040.jpg



私は、こういう大きな締結力が必要出ない箇所にはアブセットボルトを使います。

17015039.jpg



ワッシャが一体化しているので、手返しがいいからです。
強度区分は「4.8」なので、大きな締結力が必要な個所には使えませんが、タンク、フェンダー、電装品レベルであれば何の問題もありません。


お次はサイドカバーのボルトです。頻繁かつ雑に着脱するので、しばらく使ってるとダメになります。

17015041.jpg



ここは信頼の純正品を使います。代替部品(というか汎用品)ですね。

17015042.jpg




新品は気持ちがいいですね(^^)



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2017.05
29

TB:0
04:10
Category : セローにFCR
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



初期型RZ250/RZ350用 スイングアームピポット ベアリング化キットをリリースしました。

詳細はコチラ!





FCRのセッティングに着手です。結論めいたことを書きますと、初動でかなり苦戦しました。

調整個所が少なければ、迷う余地がありませんが、FCRはスロー系統だけでもエアスクリュー、スロージェット、パイロットスクリューと3つも影響因子があります。


分かりづらくさせたのが、1/4開度あたりから影響しはじめるジェットニードルのストレート径です。
出荷状態でセットされていたジェットニードルがあまりに細すぎました。まったく合っていないと思います。


発進はできますが、2速にあげるあたりでモガモガいって加速しません。
まともに走らせることすらままならず、100mも走らないうちにUターンせざるを得ない状態でした。


私はどんなキャブでもスロー系からセッティングを始めるので、まずSJを出荷状態の#38から#35に落としました。
多少良化したような「気がした」ものの、これ以上小さなSJはラインナップにありません。


アイドリングも安定しなくなったので、SJでの調整はやめました。
スロー系からセッティングしようにも、スロットル開度1/4回転以下で、実走させるのは現実的ではありませんので、まず大雑把にジェットニードルを合わせることにしました。


《参考》
FCRのセッティングマニュアルに記載されているジェットニードルの一覧です。
(スモールボディ)

17014844.jpg




当初準備したジェットニードルです。

出荷状態でセットされていたのは90NTMです。始動させたときに「随分濃いな」と思いましたので、薄い方向に5セット用意しました。

具体的な番手はこのようになります。
(濃い)90NTN、90FTP、90FTQ、90FTR、90FTS(薄い)

17014921.jpg





ところが、一番薄い90FTSですら「症状が変わらない」のです。濃すぎるので違いを感じないのです。
(ありがちなセッティングの落とし穴です)


もっと広範囲でジェットを揃えなきゃいけないと思いましたが、GW前だったのですぐに調達できるもののみ手配しました。

具体的な番手はこのようになります。
(濃い)90FTT、90FTU、90FTV(薄い)


90FTUあたりから、まだモガモガと濃い症状があるものの1/4開度で何とか走れるようになってきました。
もうワンランク薄い90FTVに交換すると「違い」が分かるようになってきました。変化が分かるようになってきたなら、あともう少しです!


出荷状態のMJは#125でした。これも濃いだろうと思いましたので、#118に落としました。
ここで思い切ってスロットルをあけてみました。1/2開度まではもたつくものの、3/4開度あけてしまうとどっかーん!と加速します。


1/2開度が濃いのは明白です。これはクリップ段数で調整可能な領域ですから、上から3段目から2段目、1段目へと調整しました。どんどんよくなっていきます。
市街地なら、ふつうに走れるレベルまで到達。


大雑把な調整はこれでよかろうと判断。ようやく本格的なスロー系の調整ができそうです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.05
19

TB:0
04:04
Category : セローにFCR
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



初期型RZ250/RZ350用 スイングアームピポット ベアリング化キットをリリースしました。

詳細はコチラ!





スロージェットは3種、肝となりそうなジェットニードルは、ストレート径違いを6本手配しました。
(メインはPWKと共用なので新規には手配せず)


マニュアルを読んでいると、スロー系のエア量調整が「ジェット式」とあります。
面倒なので、オプションのスクリュー式を装着しようと思いますって、あれれ???


これって、エアスクリュー式じゃないの???

17014876.jpg




念のため、BITO R&Dさんに見積り兼ねて問い合わせたら「ダウンドラフトしかない時代に作られたマニュアルなので、ジェット式って書いてありますが、ホリゾンタルに関しては、はじめからスクリュー式です」とのこと。確認してよかったー。


在庫がありましたので、ほどなく納品。無くすと面倒なので、クリップも本数分+α手配しました。
これだけでも5千円以上します。4気筒だったら…。

17014921.jpg




レーシングキャブを使うなら、セッティングパーツは不可欠です。
これなくして、本来のパフォーマンスを発揮できません。レーシングキャブを入手するときには、セッティングパーツも含めて予算設定しておくとよいと思います。

余談ですが、こんな便利なものもあります。ラジオペンチより遥かに効率が良いです。単純なのに使用感抜群ですっ。

17014923.jpg



まぁ、これだけ準備しておけば、それなりのところまで持っていけるだろうと思っていたのですが、そう甘くはありませんでした。
最終的には、この倍以上のジェットを買いそろえることになります。その経緯については、別途書かせていただきます。


【2017/5/19 夕刻に追記】
工具の部品番号の問い合わせをいただきました。記述しておきます。

私の使ってるのは、ホンダ純正品です。
部品番号は、89217-KRN-000です。

「ジェットニードル」「ピックアップ」で検索すると、社外品含めてヒットすると思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.05
18

TB:0
04:05
Category : セローにFCR
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



初期型RZ250/RZ350用 スイングアームピポット ベアリング化キットをリリースしました。

詳細はコチラ!





さぁ、いよいよガソリンを通して、火入れだ~と思ったら、ガソリンホースの径があわないではないか。


残り時間は僅か。このままでは残業になってしまう~ヽ(;▽;)ノ

パパっとアダプターを製作。

17014900.jpg




でけた。

17014905.jpg




ガソリンを通して、エンジン始動!
すんげぇ音です。レスポンスもすさまじい!

回転落ちが悪いので、かなり濃いみたいです。近場を走らせるとやっぱり濃い。

モガモガいうだけで気持ちよく加速しません。


でも、まともに走らない状況ですら「すごい力量感」です。

だいたい、音からして違います。
(ファンネル仕様ってのを差し引いても)

今までだったら、「ペケペケペケ、ヴァーン、、、」みたいな吹け方だったのが、「ダッダッ、グゥワォッ、グゥワォッ」と明らかに力量が増しています。セッティングが進めば、大化けしそうな予感。


「濃い」のは間違いなさそうなので、ジェット類を手配しましょう。





ジェットが納品されるまでに、雑多な作業をやっておきます。

キャブレターセッティングに必要不可欠なのが、スロットル開度の把握です。
これなくして、セッティングの成功はありえないと思います。


FCRはバリアブルスロットルらしいので、スロットル側の均等割りでは、ただしい開度にはなりません。

そこでこんなものを用意しました。

17014924.jpg



こうやって使います。

17014925.jpg



目盛りをみながら、スロットル側にマーキングします。

17014926.jpg



微妙にバリアブルなのが分かります。

17014928.jpg



さてと。いよいよセッティングだぁ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.05
17

TB:0
04:05
Category : セローにFCR
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



初期型RZ250/RZ350用 スイングアームピポット ベアリング化キットをリリースしました。

詳細はコチラ!





お次はワイヤーです。

この記事に書いたとおり、ワイヤーの取り出し口は真正面に向かってます。
純正キャブ用のワイヤー終端(=キャブ側)は、大抵「曲げが入ってる」ので、ストレートに加工します。


使うパーツはコレです。ド定番?のACTIVEのアジャスターです。

17014881.jpg



今回使うスロットルホルダーはホルダー側の形状が特殊なので、汎用のワイヤーが使えません。
なので、250TR(カワサキね)のものを手配して加工しようと思っていました。

なぜ250TRに目をつけたかっていうと、必要な長さよりも「長い」からです。

短くすることはできますが、長くすることはできませんから、大よその長さは掴んでいます。
どうやって調べたかというと、ロングワイヤーを作っている業者さんのカタログです。

私が調べた範囲だと、1050mm近辺のようですね。
(1045mmと1050mm)



でも、土壇場にきて考えがかわりました。

ジャンクワイヤーをベースに作っちゃえ!

まずジャンクワイヤーの解体です。
カシメ部分をサンダーで薄く削り、変形させやすく&熱を加えてスルッと外します。

17014885.jpg



アジャスターの内径、約7mm。

17014887.jpg



端部金具の内径は6mmちょぃ。

17014888.jpg




図面をかきます(笑)

17014901.jpg



7mmの真鍮の丸棒を準備。

17014890.jpg




削りだします。

17014891.jpg

17014892.jpg




インナーワイヤーを抜きとって、アウターを所定の長さにカットします。

17014893.jpg




サンダーでカットしたのですが、中に入っている樹脂製のチューブが溶けてしまい、穴をふさいでしまいました。
今回は、内径側を円錐状のシャンクで均して対処しましたが、アウターはスパイラル状になっているので、ほどくようにして短くした方がよさそうです。

17014894.jpg




真鍮丸棒から削り出したパーツの外径を微調整し、アウターを挿入したら完成です。
(内径にセメダインスーパーXを塗布したうえで、軽くカシメた)

17014896.jpg




ジャンクパーツらしく、インナーワイヤーはホツレだらけでした。
さすがに再利用する気になれませんので、自転車用のSHIFT CABLEを使います。

17014895.jpg




STDのワイヤーが1.5mmなのに対し、1.2mmと細めです。

このCABLEは大昔に買ったもので、表面にコーティングが施されていました。
また、STDのワイヤーよりも硬質で、張りがあります。シャンとしていて動きはよいのですが、別のものを手配しました。

理由として、今回は細いワイヤーを使っています。アウターに対しインナーが細いことで、屈曲部は「STDよりも狭い範囲が、いつも擦れている状態」になるはずです。
固いワイヤーであればあるほど、アウターの耐久性が著しく低下するのではないか…と考えたためです。


同じ線径1.2mmで、別のものを手配しました。
こいつはSTD同様にヘニャっとしています。アウターとの馴染みもよいので、屈曲させても動きの低下代が少ないようです。

170513.jpg




さてと。タイコを量産?しましょう。

真鍮の丸棒から削りだします。

17014903.jpg



ハンダを盛りやすくするために、すり鉢状に穴をあけます。

17014904.jpg



アジャスターとナットを通しておくのを忘れずに…。

17014910.jpg



先端を広げます。ペンチなどでグチュっと潰して、指で広げます。

17014911.jpg




軽く引っ張ったくらいでは抜けないようになりました。

17014912.jpg




次はハンダです。小型のバーナーで加温します。

17014915.jpg



保持方法には多少留意しました。まずワイヤーをつかむこと。タイコ部分をつかんじゃうと、なかなか加温できないからです。
あと、ウェスを介してつかみました。フラックスを余計なところにつけたくないからです。



フラックスを塗布し、ハンダを流します。
(板金用の半田ごても併用しています)

17014916.jpg



ヤスリで形状を整えます。

17014917.jpg



完成です。

17014918.jpg




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑