RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.01
06
Category : DT200R / LANZA
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



LANZAのオイルポンプのOHを依頼いただいたのですが、今まで分解したことがないので構造が分からないこと、単体部品の設定がありませんので、少々躊躇しました。
が、とにかくやってみて欲しいということで、やらせていただくことにしました。

15120858.jpg





単体部品の設定がなかったり、部品が販売終了になるケースは、今後も増えていくと思います。

メカニックとしては保証を担保するものがない以上、「ダメ元」を前提にせざるを得ないケースが増えてくるということです。

ダメ元前提というのは、オーナーさんにリスクを背負ってもらうやり方ですから、ちょっとどうなのよ…と思わないでもありません。
かといって、(”とても難しいところ”なのですが)「リスクを背負ってもらいたくないから、一切受けない」というのも、ちょっと違うよなとも思うんですね。

困っておられる方にとっては、(拒絶したところで)何の問題の解決にはならないからです。


まぁ、単体設定されていない部品の代用品を探したり、場合によっては一品製作すれば対応できるかもしれません。
しかし、これもコストに直結してしまいますので、結局オーナーさんの負担になります。

たかだかオイルポンプのOHに、何万円も請求なんてできないわけで…考えれば考えるほど、ため息しかでてきません(苦笑)

紋きり調の答えなどあるはずもありませんので、今後も、散々に悩まないといけないんだろうなぁと強く感じているところです。



他方、今の私にだって、オーナーさんが選択できるような複数の解決策を提案することはできるはずです。

例えば、詳しい情報を開示することです。

情報さえあれば「ご自分でやってもらう」選択もでてきます。ということで、今日の記事は、かなり気合を入れて丁寧に書いてみました。


自分でやったとしてもリスクは伴いますが、少なくとも金銭は発生しませんから。

こんなことをしたって一円の得にもならないわけですが、別の見方をすれば、たかだかこんなこと(≒情報)で、走れるはずの車両や、使えるはずの部品が延命するなら、こんなに喜ばしいことはないと思うのです。






まず樹脂のカバーを外します。

15120859.jpg


15120860.jpg




駆動ギヤは樹脂製でした。

15120861.jpg




太いピンを外します。後述しますが、ここでちょっと厄介な出来事が…。

15120862.jpg




シムが入っています。これはRZ系統と同じですね。

15120863.jpg



ここで見ていただきたいのは、穴の奥にあるピンです。
先ほどの太いピンのお尻に刺さっていました。困ったのは、穴の奥で「固定されていない」こと。こりゃ復元が大変そうです。やれやれ。




プーリーを外します。

15120865.jpg




シャフトが出てきました。オイルシールがあります。単体部品として設定されていませんので、注意深く外していきます。

15120867.jpg




このシャフト、側面にあるピンで位置決めされているようです。ピンは外から抜けませんので、シャフトを強めに引張ってみると動きました。
どうやらテーパーになっているようです。外してみるとビンゴ。助かりました。

15120874.jpg




ちょっとだけ段付き摩耗していましたので、研磨仕上げしておきました。

15120883.jpg




シャフトの反対側にある真鍮のフタも外します。

15120870.jpg




ブラインドキャップを外し、穴の奥にあったピンも無事摘出。完全にバラバラになりました。






分解してみて、LANZAのオイルポンプは「分解を想定していない」構造であることが分かりました。

唯一分解してよいのは、樹脂製のキャップのみと考えた方がよいと思います。
オイル漏れがもっとも発生しやすいのもこの部分だと思いますので、無理に分解せぬが吉です。

15120864.jpg




ご覧のように細いOリングでシールしています。

「締め付けてシール力が向上する」構造でもありませんので、すべてはこのOリングの状態(弾性)にかかっているということです。
比較的年式の新しい車両の設計は、このように新車の時はいいけれど、長く使うことは想定していないものが多いです。


ボルトの数を増やしたうえで、樹脂のキャップと本体の間にガスケットを挟む方が、よほど高耐久です。
なぜそうしないか…これは想像ですが、Oリング構造の方が生産性が高いからだと思います。

穴の開いたガスケットは位置決めを考えないといけませんが、Oリングはスルっとはめるだけですから。


安く作ることはユーザーに恩恵をもたらしますので、一概に「まずい」とはいえませんがね。
大切に長く乗りたい人には不親切な設計といえます。


さらに残念なのは、「いつかは漏れる」構造にしておきながら、このOリングも単体部品としては設定がないことです。
構造さえ分かってしまえば簡単に修理できるのに…。この点については、声を大にして「あほちゃうか」と言いたいです。


今回は、何とか合うものを見つけてきましたが、以降も手配できるかどうかは怪しげです。なんだかなぁ~。





分解を想定していない構造と書きましたが、まだ十分な説明ができていません。組立工程を見ていただくことで、ご理解いただけるとよいのですが。



ではいきます。

本体にシムと太いピンを装着します。オイルは必ず塗布!です。

15120875.jpg



樹脂の駆動ギヤを組んだのち、やじろべえのようなピン?シャフト?を挿したら、新しいOリングを組んだ樹脂のキャップを装着します。

15120876.jpg




大事なのはここからです。裏返します。奥に穴が見えますね。先ほど表側から挿した太いピンの裏側にある穴です。

15120877.jpg




あの穴に、スプリングのついた小さなピンを挿します。

15120878.jpg



補足すると、このピンは、表側にある太いピンを外した途端、行き場を失います。表側からの作業では「2度と刺さってくれない」わけです。
つまり、裏側からアクセスせざるを得ないのです。

くどいほど繰り返しますが、このオイルポンプで外してよいのは、樹脂のキャップのみです。
よほどの覚悟がなければ、太いピンを抜いちゃいけません。



続けます。穴に、先ほどの小さなピンを挿しました。

15120879.jpg




真鍮の蓋を装着します。ここにもOリングが入っています。
もしここからオイルが漏れたら、外側からコーキング剤でも塗っておけばよいと思います。安易に外しちゃだめです。

15120880.jpg




理由はこれ。この小さな樹脂の部品が、真鍮の蓋の先にあるピンに刺さるのです。
(蓋と表現しているけど、この部品の主たる機能はピンということ)

15120881.jpg




こうなります。

15120882.jpg




で、先ほどバフ仕上げしたピンの登場です。

15120883.jpg




このように樹脂の部品と嵌合します。

15120884.jpg




もう一度樹脂の部品のアップです。実はこれ「カム」なんです。

15120881.jpg




(今は指で回していますが)プーリーを駆動させると…。


これが

15120885.jpg




こうなります。

15120886.jpg



で、このカムは、先ほどの小さなピンを押したり引いたりしているわけですな。

15120878.jpg




真鍮の蓋は、外れないようにねじで固定されています。
オーナーさんが外そうとして舐めちゃってますね。構造から分かるように、ここが外れることは致命傷ですから、ねじロック剤が塗布されていても不思議ではありません。

15120888.jpg




プーリーのシャフトの位置決めピンを圧入。

15120887.jpg




ブラインドキャップを装着。

15120889.jpg





プーリーを組んだら完成です。

15120891.jpg






冒頭に書いた通り、いつも以上に長い記事になってしまいました。困っておられる方の助けになればいいのですが…。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト
2014.05
03
Category : DT200R / LANZA
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



OHに出していたLANZAのリヤサスが戻ってきました。

R0016109.jpg



ロッドに錆がでていて再めっきしました。綺麗に仕上がっております。
LANZAのリヤサスって、バンプラバーの下に、シムやらゴムのリングが入っています。

R0016111.jpg



なぜかといえば車高調がついてるから。かなりコストがかかってますね…。

R0016112.jpg


この手の調整機能をちゃんと使ってる人は、どれくらいいるんでしょうね。



早速取り付けます。スイングアームをドライ状態で仮組みします。
左右方向のガタを確認するのが目的です。グリスを詰めてからだと分かりづらいんです。

R0016115.jpg


この車両、組立の順序を間違えるとつくべきものが付かなかったりします。

リザーブタンクの取り出し口があって嵩高いため、リヤサス本体は先に装着しておかないとダメです。
しかし、取付け下部を締め付けてしまうとスイングアームが入らない。

全部くんじゃうと動きが確認できないポイントは事前にチェックしておかないと気持ちが悪いし、何度かの仮組みが必要でした。



スイングアームにブレーキホースのクランプを取り付けます。+頭なので先につけておかないと…。

R0016116.jpg



ピポットシャフトは錆を落として使います。

R0016117.jpg


まだナンバーがないので試運転はできませんが、押したり、跨ったりするだけで、よい感じでダンパーが利いているのが分かります。

こんなに気持ちよくなったら、売りたくなくなっちゃうはず…。元オーナーさんに試乗いただくのはやめておいた方がよさそうです(笑)



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







2014.04
11
Category : DT200R / LANZA
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



預かり整備中のLANZAは、別のオーナーに引き取られることになりました。新しいオーナーさんはオフ車に乗るのがはじめてとのこと。2ストも初めての様子でしたが、随分気に入られた様子でした。


しかし、どうしてもココが気になるとのこと。マスターシリンダの点検窓です。
確かに曇っているし、何かの拍子に崩れ落ちてしまいそうな雰囲気ではあります。

R0015862.jpg



整備も済ませていますし、別段珍しい状態でもありません。すぐにダメになってしまうものでもないのですが、いつも目に入るところだけに、何とかなりませんか?とのこと。
目に見えない場所ばかりに手をかけてしまう私にとっては、大変新鮮なご意見でした。

コストは気になるので、低く抑えてほしいとのこと。思い当たる部品があったので、ダメ元でとってみることにしました。




ダメ元でとってみた新品部品です。LANZA用ではなく、セロー250の部品番号で取れる純正部品です。

R0015863.jpg



このマスター、値段が安いんです。

LANZAの番号で頼むと11,772円なのに、この部品番号で頼むと6,739円です。なんと4割も安い…。
(2014年4月調べ)

ピストン径は11mmと同一ですし、レバーは両車とも「同じ部品番号」です。つまり、(レバーの)互換性はもちろんのこと、レバー比も同一であることを意味します。



価格が安いのに、モノとしては数段よいものです。例えば、点検窓もすぐに曇ってしまう樹脂製ではありません。

R0015864.jpg



個人的に一番「いい」と思うのはダイヤフラムとカバーの間に樹脂パーツが入る点。
ダイヤフラムの崩れを防ぐことができるし、カバーの腐食も抑えられます。ぜーーーったい、こっちの方がいい!

R0015865.jpg

R0015866.jpg



寸法的な面には、縦寸法が少々高くなります。が、スロットルワイヤーとの干渉もないので、実害はありません。

R0015867.jpg


あとホースのストッパー(ボルトを締めこんだときに動かないように拘束するためのツノ)がないくらいでしょうか。
これも大した問題ではありませんね。



うちのセローにも装着できそうです。
(スロットルがノーマルではないのでご注意ください…)

R0015868.jpg



この価格であれば、インナーキットを購入し、OHの工賃を支払うメリットは皆無といえます。
「使えるものは使おう」精神の私ですが、これに関しては「新品」の導入をお勧めいたします。


このように現行車種の純正部品が流用できるケースは少なくありません。パーツリストをあさってみると多くのヒントがあります。
手間はかかりますが、発見した時の喜びは大きいです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







2014.04
03
Category : DT200R / LANZA
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



先日から預かっているLANZA。
エンジンも無事に始動し、ブレーキの整備も終わりました。とりあえず「走る」状態にはなりました。


動き、走るようになったものの、どうしてもココが気になります。
リアサスです。バンプラバーも朽ちて、ボロボロになっています。

R0015827.jpg



オーナーさんに相談し、OHすることに決定! サスを外していきましょう。
一般的なリンク式のサスペンションですが…。

R0015830.jpg


リンクアームのフレーム側の固定ボルトがやたらと外しづらくみえます。
補強用のリブやらで、袋状になっています。こりゃスイングアームを外してからアクセスした方がよさそうだねぇ~。

R0015831.jpg

R0015832.jpg



先にスイングアームとサス本体を外すことにしたのですが、リザーブタンクを抜き取るのに、キャブが邪魔になります。

R0015833.jpg



LANZAのキャブの着脱って、やたらと面倒なんですよね。エアクリーナーボックス兼フェンダー兼バッテリーケースを後方にズラして隙間を作り、抜き取りました。整備性悪っ。

R0015835.jpg



ながーいリアサス。そしてリザーブタンクのホース。

R0015836.jpg



バンプラバーが消失しているし、やたらと汚い。

R0015837.jpg



下側の取り付け部分のオイルシールが切れています。問答無用で交換です。

R0015838.jpg





前述のリンクアームです。スイングアームを外したらアクセスしやすくなりました。
右側のクリアランスが狭く、抜き取れるのか?と不安になります。

R0015839.jpg



ボルトを緩めてみて腑に落ちました。長いシャフトをナットで締め付ける構造だと抜き取れないから、ねじを切ったシャフトにボルトをねじ込む構造にしているんですね~。絶妙なクリアランスでスルリと外せました。さすがYAMAHA!

R0015840.jpg





どろっどろに汚れているので、洗油にディップし、洗浄します。愛用のブルーポイントのブラシです。ちぢれ毛なので、汚れ落ちがいいんです。

R0015841.jpg



汚れ落ちはいいのですが、加温が必要なアルカリ系の洗浄液には不適です。毛を束ねるための接着剤が(アルカリに)負けてしまうのか、バサバサと抜けてしまうことがあるためです。また熱により毛そのものが変形し、すぐに使えなくなります。天然素材や、食品工場用の耐熱性の高いものなどを使い分けていますが、なかなか「これだ」というものが見つかっていません。結局、手間かけるしかないってことですね。



リンクアーム側のブッシュはそれほど傷んでいませんでした。

R0015842.jpg



スイングアーム側は、結構傷んでいます。グリスの残り具合からみても、リンクアームだけは一度グリスアップされているような気がします。

R0015843.jpg



本来であれば交換したいところですが…予算的に厳しい。
ドライで組んでガタを確認したところ、ガタもないので、今回は再利用することにします。



リアサス本体は、ロッドに錆がみられたので、再めっきが必要です。通常+3週間ほど納期がかかります。リアサスがOHからあがってくるまで、もうしばらくお預かりとなります。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







2014.03
29
Category : DT200R / LANZA
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



DT200Rの腰下の組立です。(分解編
欠品のシフトフォークが届いたので、一気に組み上げましょう。


まずはベアリング類の装着からです。

DT200Rは、事前にケースにベアリングを圧入しなければなりません。
バランサーがある分、点数が多いです。転動を起こさないように、装着前に(外周を)脱脂します。

R0015766.jpg



ベアリングを装着する際には、電熱ヒーターで緩やか、かつ均一に加温します。
温度の確認に「水滴」を使っていましたが、今回、放射温度計を併用してみました。正直、水滴の方がやりやすかったです。
ちなみに、この温度計、IH調理器具を使いこなすために購入したものです。やはり水滴なり油の方が判別しやすい…。

R0015762.jpg



クランクシャフトはフルOHの上、ピンを点づけ溶接しています。

R0015767.jpg



点づけとはいえ、余盛り部がウェブからはみ出していないかチェックしておきます。

R0015768.jpg



ベアリング装着したら、オイルシールを圧入します。気休めですが、ケースが暖かいうちに圧入した方がスルっと入る気がします。

R0015769.jpg



SSTを使ってクランクシャフトを左側ケース(のベアリング)に圧入します。まだここでは完全に圧入しないでおきます。

R0015770.jpg



アンコをすべて組んだら、ケースを合わせます。

R0015771.jpg



ケースをボルトで締結する時に、クランクケースでクランクシャフトを押してしまわないように、右側にも最低限のクリアランスがあることを確認しておきます。

R0015772.jpg


締結後、圧入代を最終調整します。

R0015774.jpg





クラッチは新品ディスクで組みます。スプリングとスプリングを固定するボルトも新品で組みます。

R0015776.jpg

R0015777.jpg



ディスクが新品になったので遊び調整もしておきます。

R0015779.jpg



遊び調整部のロックナットは、回り止めのアルミ板を挟んで締め付けます。
+のスクリューをドライバで押さえるやり方では、トルク管理がやりづらいですからね。

R0015780.jpg



錆びて傷んでいたクランクのキーを交換。傷んだキーは使わぬが吉。

R0015781.jpg



マグネトベースを固定する長ボルトには、ねじロック剤を塗布。

R0015782.jpg



劣化が進んでいたオイルデリバリホースも新しくします。

R0015783.jpg



エンジンらしくなってきました。

R0015784.jpg



シリンダーの位置決め用のダウエルピンを交換。ここが錆びてちゃ話になりません。

R0015785.jpg



新しいスタッドボルトを自作のSSTで組みます。

R0015787.jpg



このSST、中に鋼球が入っています。締め付けるとスタッドの登頂部にくぼみがつきます。

R0015788.jpg



もともとついていたボルトにも似たような痕跡があります。同じような理屈の道具で組んでるのではないかなぁと想像いたします。

R0015786.jpg



長らくお待たせしましたが、無事に完成ですm(_ _)m


今回、腰下に関してはすべて部品がでました。この先も同じ状況が続く保証はありません。

古いバイクに長く乗りたいなら、早めにOHしておくことをお勧めいたします。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach