RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.05
28

TB:0
04:14
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ただいま、A.S.H.のブレーキフルードの「お試しキャンペーン」を開催しております。
通常1750円/本のところを、1400円/本でご提供いたします。

単体ですと送料が発生してしまいますので、他の商品とあわせてご検討ください。
(7840円以上お買い上げいただくと、送料無料になります)

にえガレのストア





前から気になっていたのですが、矢印で示したレバー同士を平行に調整することができないのです。

16012175.jpg




両者を連結するこのロッドが長いように思うので、短く加工しました。

16012176.jpg




ついでに、このカラーとロッドエンド間のクリアランスが大きくって、ペダルの操作感が今一つなんです。

16012177.jpg



ロッドエンドとレバーが垂直になるように、ツバ部の厚みを変えてみました。
(ざっと削って、微調整はシムで行った)

16012178.jpg



クリアランスは動作に影響がなく、かつガタが最小となるように設定しました。

16012179.jpg




かなりいい感じになりましたが、レバー比も変えてみたいし、まだまだやりたいことが沢山あります。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2013.05
13
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



前回でおおよその目途がつきました。


今日は、仕上げと取り付けです(^^)


ざっと塗装しました。半艶の耐熱ブラックを使いました。




ねじ穴の位置もバッチリです。どちらか一方に引っ張らないと取りつかない…なんてことはありません(^^)




低頭タイプのボルトを使いました。強度区分10.9のしっかりしたボルトです。このボルト、なかなか使いやすくて好きなんですよね。




こちらも低頭ボルト…と思ったのですが、M10で、ちょうどよい長さがなかったんですよね~。ないことはないんですけど、最少ロットが大きかったりして、調達性があまりよくありませんでした。
仕方がないので、好きではないSUSのA-70を低頭に加工したものを使います。





おぉー、しっくり。




ちょうど遊びにきてくれた、hさんいわく「ノーマル以上ですね」とのこと。ありがたいお言葉です(^^)




スイングアームの角度と極端に違わないように配慮していたりします。多少色目が異なるので、将来的には一緒に塗装したいなぁと考えています。




あと、気になっていた横方向の剛性は次第点でした。




ブーツとの干渉もありません。ヒールガードになるかなぁと思ったけど、それには少し張り出しが足りないようです。
(ゴツぃブーツだとちょうどいいかもしれません)




ノーマルステップの時は、ブーツのカカトがセンタースタンドの「踏みつけ部」に時々干渉していたのですが、それもなくなりました。高速巡航が快適になりそうです。





最後に、サイドスタンドに少しだけ修正を加えておきます。ゴツぃブーツを履いてチェックしてみたら、微妙に干渉しちゃったんですね。レーシングブーツだと大丈夫だったんだけどなぁ。これは元の状態。




モリモリ~。




クリアランスを確認しながら、双頭グラインダとヤスリで形状を整えていきます。




いい感じです。点で当たらないように仕上げるのがコツ。




よぉーし。ブーツとの干渉もなくなりましたぁ。水平より、やや下がり状態なので、見た目はイマイチですけどね(-_-)




シフトロッド周りの固定に使ってるボルトがバラバラだったので統一します。
すべて六角頭にします。ワイヤリング用の穴もあけておきました。




よぉーーーーーっし、これでRZも復活だっ!!!!!



来週は、何とか時間を作って朝練で乗ってやるんだぃ(^^)




驚愕の性能を誇る高性能オイルA.S.H.のお求めはコチラから!

http://www.u-u-udauda.com/p/ash/index.htm

大阪近郊の方で交換までしてほしい!と言う方や、詳しいことが聞きたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせ ください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
2013.05
10
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



チャンバーステーの製作もいよいよ佳境を迎えております(^^)

前回作った車体側のステーは左側用でした。


右側用を作ります。基本的は左右対称なので、ボルト穴を先にあけて形状を写し取ります。




ドリルで無数の穴を開けて、タガネでシバイて…。




このとおり。あとはサンダーで形状を整えます。熱くて触れなくなっている間に、「ステー本体」を作ります。




素材用にパイプを調達していました。機械構造用炭素鋼鋼管の中から、STKM11Aをチョイスしました。




たわみの計算式をみれば一目瞭然ですが、外径が大きければ大きいほど、たわみ防止には優位です。

細い丸棒よりも、太いパイプの方が適しているということです。


調達したのは、8.0×1.2、10.0×1.6、12.0×1.6の3サイズ。


このうち、外観上の問題と、簡単な強度とたわみの計算をしたうえで「12.0×1.6」を使うことにしました。
厚さは1.2mmでもよかったんですけど、溶接のやりやすさを考え、1.6mmにしました。重量的にはさほど変わりません。



前回作った車両本体側のステーと、前々回作ったチャンバー側のマウントを、パイプでこのように繋ぐわけです。





本体側のステーと接続するために、パイプの端部をバイスでプレスします。
パイプの厚さ×2倍で、密着状態ですから、バイス間の距離をみながら押しつぶしていきます。多少スプリングバックで戻っちゃいますけどね。




ちなみに、溶接部の位置はこのあたりにするのがベター。STKM11Aクラスだと、どこに溶接部を持ってきても割れることはないと思いますが…まぁ、気休めです。




潰した部分をちょぃと曲げてやります。断面性能を気にして太めのパイプを使ってるのに…この部分は細く(薄く)なっているという設計上の矛盾(笑)。裏側にリブをつけないとダメかなぁ~。




突合せ形状をヤスリで整えます。溶接準備ができました。




チャンバーが重量で垂れ下がった状態で位置決めしたくなかったので、ジャッキで位置を保ちます。







途中経過をすっ飛ばして…。




裏側にナットを溶接しておきましょう。使ったナットは、RZ250R用のシリンダー固定用のナットです。




このようになりましたっ!




本体側のステーの形状は見直す必要がありますが、なかなかスッキリまとまったのではないでしょうか。




必要なパーツはすべて整いました。




仮装着状態では、そこそこの剛性があることを確認していますが、補強が必要かどうかは使ってみながら考えてみようと思います。




驚愕の性能を誇る高性能オイルA.S.H.のお求めはコチラから!

http://www.u-u-udauda.com/p/ash/index.htm

大阪近郊の方で交換までしてほしい!と言う方や、詳しいことが聞きたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせ ください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
2013.04
29
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



さて、前回の記事ではチャンバー側のマウントの製作を行いました。


続いて車体側のステーの検討に移ります。


ライディングする際の妨げになってはいけないので、ブーツをおいてザックリと状況をみておきます。
(普段装着しているチェーンカバーは外しています)




ステップのマウントステーからアーム状に伸ばすのがいいと考えました。





ピッチノギスで穴の間隔を計測。あ、このノギスで測定した場合、表示乳に+10mmしなきゃいけません…。





ダンボールで型紙を作ります。こんなもんかなぁ…。





力の向きを考えたら、真上から吊るよりも、斜めに引っ張る形がよさそうです。


こっちよりも、




こう。





ま、吊るためのステーはまた別途考えるとして、ひとまず車体側のステーを作るとしますか。


使うのは6mmのフラットバー。鉄で作ります。




アルミだと最低でも10mmくらいにしないとグニャグニャします。重量が心配ですが、肉抜きすればそれなりのレベルになると判断。



幅方向の位置調整用に作った5mmのカラーは撤去です。1mmかわるので他の部分も帳尻合わせをしておかないとね。





ザク切りします。





あてがってみると、やたらとブッサイク(笑)




形状を整えていきます。




そうそう、この作業の最中にコンターの刃がブチ切れてしまいました。2mmくらいの鉄板なら使えるんですけど、6mmはダメでしたぁ。



しゃーないので、3mmのドリルで穴を連ねていく方法でカットしていきます。こういうクネクネ形状をサンダーでカットするのは危険ですからね。





穴をブツブツとあけまくったら、タガネでブッ叩きます。




まだまだブサイクだなぁ…。




こういうところのクリアランスには拘りたいので、乱暴に進めることはできません。削っては取り付けてを繰り返します。




板の状態から、これだけ削りました。ふぅ。




随分とスリムになりましたぁ。




ま、こんなもんかな。黒に塗装すれば、もうちょっと落ち着くでしょう。





反対側にも装着してみました。ギリギリまで追い込むためにフレームとの干渉部分をテーパーに削っているので、ぴったりとはフィットしてないけれどレイアウトは問題なさそうです。




上端部分は、前回の記事で紹介したマウントと連結するパーツを作ってから仕上げることにします。


幅方向の位置合わせから始まり、ここまでの作業で丸一日を費やしてしまいました。連結用のパーツはまた別の日に作業することにします。


あー、しんど。




驚愕の性能を誇る高性能オイルA.S.H.のお求めはコチラから!

http://www.u-u-udauda.com/p/ash/index.htm

大阪近郊の方で交換までしてほしい!と言う方や、詳しいことが聞きたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせ ください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
2013.04
28
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



RZにバックステップを装着したはいいけれど、チャンバーが固定できずに乗れない日々が続いています。
気が付けば数か月ほど乗ってません。これではいけませんね…。急がなくてはっ!

さて、前回の記事ではステップの”幅方向”の位置決めをやりました。


今回は、相変わらず長いタイトルのとおり、チャンバーステーを製作します。

まずはチャンバー側のマウントからやっていくことにしました。


素材はコレです。機械構造用炭素鋼鋼管の中から、STKM13Aをチョイスしました。
製法はシームレスです。シームレスは外径に対して厚い製品を作ることができる特徴があります。

当初、SS400あたりの丸棒から削り出そうと思っていたのですが、SS400って”強度さえあれば何でもあり”の規格なので、ものによっては削りづらいんですよね。
その点、STKM13Aは規格のしばり(化学成分など)がそれなりにしっかりしていますので、安心して使うことができます。溶接性も問題ありません。





調達した鋼管を使ってこの部分を作り出します。画像にはありませんが、ここにラバーが入ります。





ノーマルはラバーマウントなんですね。重たいノーマルチャンバーを吊ってること、ライダーに振動を伝えないようにとの配慮でしょう。


私はノーマルが採用しているラバーマウントに拘りたかった。どうしても譲れないポイントでした。

ノーマルチャンバーはエンジンのフランジと、たった2か所でしか固定されていません。

ここがいい加減だとフランジ部分に負担がかかります。
フランジ側はガスケットを挟んでいますので、ここがいい加減だと排気漏れや、スタッドボルトの破断につながる恐れがありますので、しっかりしたものを作りたいと考えています。


外径に対し厚いパイプなのでこのようなものを作るには便利がいいです。ただ、その製法上、偏肉があり、内径側は真円ではありません。





ノーマルのマウント部分の”アンコ”です。ラバーの中を貫通しているカラーをボルト&ナットで挟み込んでいます。これをこのまま使います。





幅を計測。このカラーよりもマウント部分が長くなってしまってはラバーマウントになりません。ま、ワッシャよりも径が大きいからあまり気にしなくてもいいんですけどね。







サンダーでザックリとカット。





ラバーの形状にあわせ(=ノーマルのマウントの形状を踏襲)、旋盤で内径側をテーパーに加工します。





内径をテーパーに削るためにバイトを削り出しました。アルミほどではないにせよ、そこそこ削りやすかったです。






ラバーを装着。





幅もいい感じです(^^)





カラーを挿入し、ボルト&ナットで締め付けてみました。おっ、いいんでないかぃ?(^^)







チャンバーに取り付けてみました。いい感じですねぇ~。





さぁ、どこから、どうやって吊りますかねぇ。





まだまだ続きます(; ̄ェ ̄)




驚愕の性能を誇る高性能オイルA.S.H.のお求めはコチラから!

http://www.u-u-udauda.com/p/ash/index.htm

大阪近郊の方で交換までしてほしい!と言う方や、詳しいことが聞きたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせ ください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach