RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.06
11
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


V-UP16を装着された方から、お礼のメールをいただきました。

「V-UP16オプションパーツ ポイント用電源リレーキット」を用いてXS750 specialに取り付けられました。
XS750 specialの点火系統は、私が所有するGX750の後期型と基本構成が同じだし、エンジンも(減速比に違いがあるが)YAMAHAの3気筒でシャフトドライブです。

そういう意味では、私自身が効果を確認している実績あるものです。

一番違うのは…使い方でしょうか。オーナーさんは私と違って通勤にも使われておられます。
あまり良くない始動性に悩まれておられて「エンジンが暖まったころに目的地についちゃうんですよね~」なんてお話しを伺ってました。

お送りいただいたメールを、ほぼ原文のまま引用させていただきますm(u_u)m

あ、最初に書いておきますが、事前準備も含めて、装着には多少手間がかかったとのことです。

新しいイメージ

---ここから---
セルモーターがちゃんと廻るか確認しようとボタンを押したら・・・
ぇっ  っと呆気なく始動。

アクセルに手を掛けなくて始動するなんて今まであり得ませんでした。
XSを手に入れた時、前オーナーから始動時はキックで・・と聞いていました。

エンジンが冷えている時はセルでは掛からず入手後1年あまりキックスタートで乗っていました。

始動後も暖機して安定するまで暫くはアクセルから手が放せず。
冬の出勤時、アクセルを開けるのは非常に気が引けていました。
これが解消されただけでも 私の通勤バイクとして合格パーツ です。

更に始動後アイドリング800回転ほどでも停まらず回り続けるので今までより静かに成りました。

当然のように 試走に出かけました。
走り初めて直ぐに違和感が・・

なんと言うか、ドコドコドコっと言うクランクが押し下げられる度にタイヤが地面を蹴っていた感覚が薄れ まるでモーターのように廻って滑らかに加速するエンジンに変わってます。

表現が正しいかわかりませんが、キャブの調整が悪く 低回点域では1番3番が80%の出力、2番が70%しか出て無くてバラついていた結果 バランスが崩れていてドコドコっと言う感覚を生み出していたものが、V-UP16のおかげで三気筒全て90%の能力にまで底上げされ 
スムーズ且つパワフルになった・・みたい。  でしょうか。

おかげで今まで五速3000回転約80Km/hで楽んでいたドコドコ感は70Km/h以下に下がりました(笑

朝8時過ぎに自宅を出て 大阪・奈良・三重・京都と廻りあっと言う間に250キロほど走行。

途中 もしかしたらまだ居るかも・・と11時頃に立ち寄った湖畔の里でトイレ休憩1回だけ。

帰宅してもガソリンコックはリザーブにならず、まだ1/4ほどガソリンが残ってます。
13L使ったと仮定して 19.2km/L

スピードを出して走るタイプでは無いけど、いままでは平均15km/Lだったので好結果です。
 
33歳の古いバイクが蘇ったようです。
---ここまで----

その後、やりとりさせていただいたメールの中には、このようにも書かれていました。


---ここから----
幸か不幸か 今日は夕方から雨、残ったチェック項目を確認するチャンス。
エンジンの機嫌を確かめながらXSで帰宅。
アイドリングは低いものの 信号待ちで突然停止することなく無事帰宅。

雨の日は エンストに備え いつもふかし気味でしたが これも無くなり
ホント、コストパフォーマンスの高いパーツと再認識しました。
教えて頂いて 本当に有り難うございました。
---ここまで----


ほんと、嬉しいですね…。本来なら、こちらが「ありがとうございます」という立場なのに、逆にありがとう!と言われる嬉しさ。

自分が実際に使って「よい」と思うものをお勧めしてるに過ぎません。いい物だから皆さんにも使って欲しい…そう思ってやっていることに対する最高の賛辞です。

こちらこそ、本当にありがとうございます。

これからもがんばって行きたいと思います。



V-UP16およびオプションパーツの発注は、メールをくだされば、対応させていただきますm(u u)m
nie_gare@ybb.ne.jp

ご連絡の際には、お名前、ご住所(および郵便番号)、お電話番号を添えていただきますようお願いします。
こちらから送料を含めた合計金額と、振込み先を連絡させていただきます。



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「フォーク内圧を適切に保つための”プシュっとバルブ”取り付け加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-731.html

「ステンレスキャップボルトのテーパー加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-805.html



高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2011.05
20
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


本日もV-UP16ネタです(^^)

先日の記事で紹介した「V-UP16オプションパーツ ポイント用電源リレーキット」を取り付ける際の留意点を紹介したいと思います。GX750やXS750などのYAMAHAトリプル(ただしトランジスタ点火)に装着される方もご確認ください。

まずは配線図の確認から。



これだけでは何のことか分かりづらいと思いますので、取り付け前の配線図(概念図)も見てください。



留意点はどこか…。

キルスイッチからの配線を「リレーキットの白い配線」に繋ぐ部分です。


キルスイッチからの配線をブチっと切って、切った部分をリレーの白い配線に繋ぎます。ところがですね、ブチっと切るところを間違っちゃうと、動くべきものが動かなくなります。


どういうことか?ある事例を紹介します。

キルスイッチのラインがイグニッションコイルだけではなく、スターターリレーにも接続されている車種があります。
キルスイッチONのときにしかスターターが回らないようになっているわけですね。

こういう配線パターンになっている車種で、スターターリレー(セルモーター)に繋がっている部分を切断してしまうと、スターターが回らなくなります。

図を書いてみました。こういうことです。(図を簡単にするためにスターターリレーではなく”セルモーター”と表現しています)



ブチっと切るのはイグニッションコイルに直接繋がっているところ!です。

キルスイッチのあるスイッチボックス付近から取ると、リレーが動作するまでの間、セルが回らなくなります。
まぁ、それだとまだマシなのかな。最悪なのは、スターターリレーに分岐しているところを切っちゃうケース。セルは絶対に回りません。。。

イグニッションコイルと直接繋がっている部分で施工したら間違いありません。



V-UP16およびオプションパーツの発注は、メールをくだされば、対応させていただきますm(u u)m
nie_gare@ybb.ne.jp

ご連絡の際には、お名前、ご住所(および郵便番号)、お電話番号を添えていただきますようお願いします。
こちらから送料を含めた合計金額と、振込み先を連絡させていただきます。



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「フォーク内圧を適切に保つための”プシュっとバルブ”取り付け加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-731.html

「ステンレスキャップボルトのテーパー加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-805.html



高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2011.05
19
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


先日の記事で「V-UP16オプションパーツ ポイント用電源リレーキット」を紹介しました。この記事は、結構好評だったようで、お褒めのメールをいくつか頂戴しました。元気の源になりました。ありがとうございます。

そうそう、友達からもメールもらったんだけど、「どうやって注文したらいいのか、どこにも書いてないけど、お前 売る気あんのか?(笑)」という内容でした。

そういえば…確かにちゃんと書いてないですね(汗)

メールをくだされば、対応させていただきますm(u u)m
nie_gare@ybb.ne.jp

ご連絡の際には、希望される商品、お名前、ご住所(および郵便番号)、お電話番号を添えていただきますようお願いします。
こちらから送料を含めた合計金額と、振込み先を連絡させていただきます。



さて。配線図はいーけど、実際にどうやって配線したらいいのか分からんぞ!なんて問合せをいただきました。

うーん。確かにそうかも知れません。

特に、この配線図でいうところの”紫の配線”をどう繋げばいいのか悩まれる方が多いようです。



こういった情報をツイントップさんにフィードバックしていると…またまた吉田さんは考えた(^^)

「悩まないでいいものを作ってしまえぇ」

ドン! オプションの延長配線~ヽ( ̄▽ ̄)ノ


んー。いったいどこまで親切なんだ。

ノーマルのイグニッションコイルの接続端子にブスっと差し込むだけで”紫の配線”に繋げちゃうんですねー。

ここで気にしていただかねばならないのは端子の形状です。一応、多くの車両に採用されている「平型端子」を用いていますが、寸法が適合するかどうかは確認してくださいね!


気になるお値段は\1,260。いちいち端子を準備することを思えば、かなりのボーナス価格だと思いますよ(^^)



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「フォーク内圧を適切に保つための”プシュっとバルブ”取り付け加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-731.html

「ステンレスキャップボルトのテーパー加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-805.html



高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2011.05
18
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


一昨日の記事で「V-UP16オプションパーツ ポイント用電源リレーキット」を紹介しました。

昼食あとのお昼寝から目覚めたころに、ツイントップの吉田さんからお電話をいただきました。
「わかりやすい!」とのこと。設計されたご当人からそう仰っていただけると、とっても嬉しいです(^^)

よかったら使ってくださねーお話しさせていただきました。

ツイントップさんのHPはもちろん、まめしばさんのところでも昇圧回路は購入可能です。実際、にえガレから買ってくださる方はあまりいません(笑)。
でも、別にいいんです。自分が使って気に入ったものを紹介しているだけだし、広く色んな方に知っていただく機会を提供したいだけのこと。

こんな拙いブログだから小さな力しかありません。けれど無力じゃないはずだと信じたいです。少なからず寄与すれば、もっといいパーツを開発してくれる。また感動をもらえるわけです。そうやって繋がり、回っていく輪の中に自分がいるということが、私にとっての喜びです。
どこから買ったとか、誰が一番売ってるなんてことはどうだっていいこと。私はそのように思っております。


おっと、前置きが長くなってしまいました。今日の本題です。

ポイント点火用に開発されたものですが…。このパーツ、GX750やXS750などのYAMAHAトリプルにも有効です。
(残念ながらトランジスタ点火方式のもののみ。ポイント&3つのイグニッションコイルの初期型のGX750には対応不可です)

エンジンが始動できる状態=イグニッションON&キルスイッチONの状態では、イグニッションコイルに常時電流が流れています。
大半のバイクがそうなのですが、困ったこと?に、YAMAHAトリプルにはイグニッションコイルが3つもついています(-_-;

このままだと電流量が”あまりに”大きいので、V-UP16がオーバーロードしてしまう可能性がありました。
このキットを使うことで、イグナイターから発せられる点火信号をマイコンで監視⇒リレーをON/OFFさせます。結果、常時電流が流れるのを防ぐことができます。

これまでも、YAMAHAトリプルにV-UP16が使えなかったわけではありません。現に私のGX750にも使っていました。ただし2個です。
効果のあるパーツとはいえ、2個も買うのはね…効果を知る身としては「意味がある」と思えるけど、人様に勧めることにためらいがありました。現実ではないということです。

今回、このリレーキットが完成したことで、V-UP16は1つで済みます。これならば「抜群のコストパフォーマンスがある」と大手を振ってお勧めできるようになりました。


さて、配線方法です。基本的には先日の記事で紹介したポイント点火と同様の考え方でOKです。

大まかな考えは次のようになります。
 ・キルスイッチからIGコイルへのラインに、リレーとV-UP16をかませる
 ・リレーを動作させる信号を、イグナイターからIGコイルに繋がる配線から取る
 ・V-UP16に給電(昇圧後IGコイルへ供給)される電源をバッテリーからダイレクトに取る

次に配線図。


(大きな配線図はコチラに準備しています。http://www.geocities.jp/nieyuki/IMG_0513_3b.jpg

YAMAHAの配線色に近い色を使って描いています。

これだけでは何のことか分かりづらいと思いますので、一度、取り付け前の配線図(概念図)をみてください。この図はポイント点火のものですが、考え方は同じです。



V-UP16本体が25,200円。リレーキットが9,765円ですから、合計約35,000円になります(送料は別途)。

高い!と思われるかも知れませんが、その効果は絶大です。
今時の感覚だと、ノーマルのGX750って「ほんまにナナハンか?」と思うような動力性能ですが、これがキッチリとナナハンになります(笑)

発進のときもポンとクラッチを繋げばエンストもせずにスルスルと走り出します。
今まで1速に落としていたシチュエーションを2速でいなせます。あの信じられないくらい離れている1速に落とすことなくいなせるんですねー。雨天&悪路で息を止めながらシフトダウンすることもなくなるのです(笑)

ツーリングで疲れたときなど、ふとしたときに「つけていてよかったな」と思います。そういう意味では「いつまでも慣れることなく感動」があります。
とにかく、ハイパフォーマンスを売りにしているというよりも、実用域でこそ効果のあるパーツで、私はそこに惚れこんでいます。

燃費は私のGX750で14キロ平均が16キロ平均くらいにアップしています。
動力性能があがったのが嬉しくって、開けて開けて走ってもコレです(笑)。フツーに走ったら、もうちょっと伸びるだろうなぁーと思います(^^)

くどいようですが、実用域での使い勝手や快感度がウンとあがります。是非試していただきたいなぁーと思います。



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「フォーク内圧を適切に保つための”プシュっとバルブ”取り付け加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-731.html

「ステンレスキャップボルトのテーパー加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-805.html



高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2011.05
16
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


このブログではすっかりおなじみのV-UP16の適合対象を増やすべく、ツイントップの吉田さんががんばってくださいました!

「V-UP16オプションパーツ ポイント用電源リレーキット」です。

このキットの完成により、ポイント点火を採用した車両にもV-UP16が使えるようになりました!!!

事前にテストは済ませております。そのときの記事です。
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-865.html

ポイント式点火装置はエンジンが始動できる状態=イグニッションON&キルスイッチONの状態で、ポイントが閉じていると、イグニッションコイルに常時電流が流れています。
このままだと電流量が大きいので、V-UP16がオーバーロードしてしまう可能性がありました。

そこで、ポイントの開閉状態をマイコンで監視し ポイントが開くとリレーがON⇒イグニッションコイルへの給電を始めるような回路を設計したということです。
これら一連の動作により、イグニッションコイルへの無駄に給電されなくなります。また、バッテリーからダイレクトに給電しますので、より安定した電源を取ることができます。

また、このリレーキットは、V-UP16のオーバーロード防止だけでなく、イグニッションコイルの発熱を防止する効果もあります。
(コイルの寿命は伸びる方向です!)

販売価格は\9,765となります(送料は別途)。
直接的には、今までV-UP16が装着できなかったポイント点火(やセミトラ)にV-UP16の装着を可能にするものですが、これ単体でも有効なものであり、単体でつかってもメリットがある!!!

是非導入をご検討くださいm(u u)m

※適合車種についてのツイントップさんのページです。必ずご確認ください。
http://www.ne.jp/asahi/twin/top/syouhin/v_up/vupbiku.html#rlay_p



「そろそろ出るよ~」なんてアナウンスを、今までお問合せいただいた方に連絡させていただいたところ、「自分でつける自信がないなぁ」なんて声がでてきました。

ツイントップさんでも配線図はご準備されておられますが、せっかく問合せをもらったのだから「にえ流」に整理してみました(^^)

まずは配線図から。


(大きな配線図はコチラに準備しています。http://www.geocities.jp/nieyuki/IMG_0513_1b.jpg

ちなみにYAMAHAの配線色に近い色を使って描いています。

これだけでは何のことか分かりづらいと思いますので、一度、取り付け前の配線図(概念図)をみてください。



大まかにいえば、
 ・キルスイッチからIGコイルへのラインに、リレーとV-UP16をかませる
 ・リレーを動作させる信号を、ポイントとIGコイルを結ぶ配線から取る
 ・V-UP16に給電(昇圧後IGコイルへ供給)される電源をバッテリーからダイレクトに取る

ということです。

次に、機能別に分類してみました。



各々の配線が持つ意味、機能をご理解いただくことで、配線の手順が分かりやすくなると思います。

配線は大変そうに見えるかも知れません。が、イグニッションコイルは大抵むき出しです。ハーネスをほぐさなくてもアクセスできるものが大半ですね。
キルスイッチからのラインだって、元々はイグニッションコイルに接続されていたものですから、これもさほど手間は掛からないと思います。

近県の方については、うちで取り付け作業をやらせていただくことも可能です(作業料は別途)が、ご自身で作業された方が理解も深まるのでいいんじゃないかなぁーと個人的には思います(^^)
ご不明な点があれば、遠慮なくお問合せください。必要に応じて、さらに詳しく解説させていただきます。

<補記>
うちのブログを見てくださってるであろうGX750やXS750のオーナーさんに向けて、YAMAHAトリプル用の配線図を準備中です。近日中にアップいたします!



「昇圧回路 V-UP16 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-11.html


「クランクケース減圧バルブ レデューサー 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-22.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「フォーク内圧を適切に保つための”プシュっとバルブ”取り付け加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-731.html

「ステンレスキャップボルトのテーパー加工」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-805.html



高性能オイルA.S.H.取り扱っております。



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。
IDは「mapleach」。「にえガレつながり」なんて「リスト」も作ってみました。
http://twitter.com/mapleach


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑