RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
29

TB:0
04:01
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





久しぶりに夜に乗ったら、ライトが暗い。
その目でみたらくすんでるじゃないの。いつも頭からガレージに突っ込んでるから気が付かなかったなぁ。

17085810.jpg



フォークオイルのエア抜きしている間に、洗っちゃうことにしました。


分解していると、懐かしいのがでてきました。入手した当時、リムが破損したのを、ハンダで直した痕です。
ハンダでも、うまくやれば十分な耐久性があるってことですね。

17085811.jpg



間違えようがないんだけど、分解するときにはマーキングしておきます。

17085814.jpg

17085815.jpg




光軸調整用のねじの長さをはかります。同じねじを使っている限り再現性はあります。

17085816.jpg




きれいさっぱり。

17085817.jpg




とっても綺麗になりましたが、特別なテクニックを使ったわけじゃありません。
マジックリンの原液を放り込み5分ほど放置したのち、水洗いしただけです。

中性洗剤を使ったこともあるけど、マジックリンが一番適しているように思います。


温風&エアブローでしっかり乾燥させないと腐食を呼びます。注意点はそれくらいでしょうか。
とっても簡単で綺麗になるのでおすすめです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2017.09
28

TB:0
04:04
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





GX750のフォークオイルを交換しました。
交換しなきゃいけなくなる前に、セッティング変更をすることが多いので、純粋な交換作業は久しぶりです。


アクスルシャフトを抜くのも久しぶりなので、グリースも変色しています。

17085806.jpg



ダストシールをめくってシールのコンディションを確認。グリースもしっかり残っていて、良好なコンディションをキープしています。

17085807.jpg



抜いたオイル。プシュっとバルブをつけているので、腐敗臭はまったくありません。が、A.S.H.独特の新油の臭いもしませんので、劣化しているのは間違いありません。
スラッジも結構溜まっていますし、交換して正解でした。

17085808.jpg




外した部品を洗い油で洗浄します。長ーいブラシで、スプリングの内側もしっかり洗います。

17085809.jpg




綺麗になりました。外周部の摩耗もほとんど見られず、良好なコンディションをキープしています。
ちなみに随分昔に作ったワンオフスプリングです。

17085812.jpg




使うのは言わずと知れたA.S.H.製。今回も#58を使います。
セッティングに全く不満はないので、油面もそのままです。

17085813.jpg




GX750のフォークトップはクリップ式です。
プシュっとバルブをつけている関係で、ゴムのカバーをつけることができません。

なので、Oリングより上にグリースをテンコ盛りして、防錆対策を施しておきます。

17085819.jpg




久しぶりに分解したので、ボルトに塗布されたスレッドコンパウンドを再塗布します。
洗い油で綺麗にして、ねじ部のチェック。問題ありません。
GX750の場合、外観のレストアはやってませんから、ボルトは敢えて当時モノを使っています。

17085820.jpg




ついでにキャリパーの状態も確認すると、4枚あるパッドの残量にバラつきが出始めていました。
そろそろパッドも替え時だなぁ…。

17085821.jpg




GX750がやってきた直後に交換したものなので、10年近く使っていることになります。

距離にして2.5万キロ使ってますから、デイトナのゴールデンパッドの耐摩耗性は恐ろしいほどに高いですね。
ディスクの消耗もほとんどありませんので、コストパフォーマンス抜群のよいパッドだと思います。


パッドによらず、あちこちにやれがでてきました。これからも乗るなら、あちらこちらに手を入れないといけない時期です。
来年2月にやってくる車検は通さないつもりですが、それまで引張れるかなぁ…。悩ましいところです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.08
21

TB:0
04:02
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





楽園の常連さんが仕入れてきたタコで、楽園ママがタコ飯を作ってくれました。うまかったぁ~。

IMG_4686i.jpg




その翌晩。私は翌朝バイクに乗るつもりだったので、酒抜き&楽園にはいかずに早寝しました。

その晩は、にえ子が飲みにでかけていたので、危険だなぁとは思っていたのです…。
真夜中にピンポン♪の連打ヽ(;▽;)ノ


びっくりして飛び起きたら、楽園ママだった。

「にえ子送ってきたぞー。にえちゃん起きろー!」だって。


送ってきたといいながら、飲む気まんまんやがな。

今日は飲まへんいうといたがなっ(`ε´)





猛獣たちのおかげでほぼ一睡もできずに朝を迎えました(涙目)
お願いだから、もうちょっと静かに帰ってきてください(; ̄ェ ̄)



エアグーを施工し、とってもよくなったGX750を更によくしてやろうという企てです。

まず、サスの車高をいじります。

17015484.jpg



アジャスター1回転では高すぎた。半回転にしてみると、いー感じです。
そんなもん、違い分かるんかーとよく言われます。が、こんなことばかりやってると分かるようになってくるんです。


工具さえあれば、どれだけいじってもタダですからね~。もとにもどすのも簡単です。やらぬ手はないってことです。



早い時間だったせいでしょう、バイクには遭遇しなかったので、道の駅で休憩です。

IMG_4689i.jpg




私、休憩しているときに話しかけられるのが好きじゃないので、できるだけ人のいないところを選びます。
人車共に近寄りがたい雰囲気を醸し出しているのですが(笑)

IMG_4690i.jpg








私は「常によりよい状態」を目指すのが楽しいので、常に何かを追い求めています。

「こうしたらどうなるんだろう」と興味がつきないので、ごちゃごちゃとセッティングしているだけです。


エアグーを施工したら、必ず足回りのセッティングをやらないといけないってことではありません。

タイヤを交換したら、足回りのセッティングをやりますか?

私はやりますが、普通の人はやりませんよね。それと同じだと思ってください。




さて。エアグーにあわせた足回りのセッティングも、ほぼゴールがみえてきたこともあって、普段よりもペースをあげて走らせました。

タイヤの受容できる範囲がウンと広がっていることが確認できました。
ちょっとやそっとじゃ破たんの兆しすらありません。


ところが、ある一線を越えると、挙動変化が急に大きくなることに気が付きました。



一例です。

そこそこ速度ののるコーナーをスロットルを当てながら走っているときに大き目のうねりに入った場合です。
そのときの挙動変化が大きいんですね。少し遅いペースなら、サラっといなしてくれていたのに、です。

(GX750は、スイングアームが極端に短いせいもあるとは思うのですが)


久しぶりにセンタースタンドを擦ってしまいましたf( ̄ー ̄;)


流すような走らせ方では問題ないわけで、恩恵の方が大きいのですが、限界まで攻め込んだときにどうなるのか?は気になるところですねぇ。

今の状態のGX750で、サーキットを走ったらどうなるかなぁと興味がわいてきました。


ちなみに、軽量なXR100Mなんかだと、気にならないんです。
膝やらブーツやらをジョリジョリ擦りながら走ってても、実に安定していますから、負荷量の違いなのかなぁ。



たくさん考えることができて、とにかく楽しいです!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.08
09

TB:0
04:04
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





GX750はシャフトドライブです。

いいですよー、シャフトドライブ。
もっともっと普及すればいいのに!と思います。手間って意味だけでみても、チェーンみたいに汚れないし、こまめな給油も不要ですからね。

機能面でも優れた点がたくさんありますし、何より、走っているときのギア鳴りが最高なんです。
特にミドルギアのあるGX750は、腹下から何ともいえない音でギアが鳴きます。いかにもメカが動いてるぜ!って感じがして、気分が高揚します。



ここのところ、いつもより大きめの音がするように思えましたので、点検をかねてオイル交換することにしました。

前回のオイル交換から7000キロほど走ってます。


標準で、ドレンボルトにマグネットが装着されています。たっぷりキャッチされていますが「まぁこんなもん」ですね。

17015471.jpg




グニグニ曲がる受け。結構便利なんですけど、固定できないので、どこかに穴でもあけてやろうかと思っています。

17015472.jpg




ちなみに私が使っているのはMサイズですが、Lサイズもあるみたいです。







新しいオイルを注入します。車載工具についてる「レベルゲージ」です。
うちのは運よくついてきましたが、お持ちでない方も多いと思いますので、基準面までの寸法を掲載しておきます。


まずミドル側から。

17015476.jpg



注ぎ口の端面から65~68mmです。

17015477.jpg




お次はリア側。分かりづらいので、マーカーで色を塗ってみました。
注ぎ口の端面から、19~23mmです。

17015479.jpg




結構いれづらい場所にあるので、注入にはオイラーを使っています。
焦っていれると溢れちゃうので要注意!です。特にリア側はタイヤが直下にありますので、焦らずチューチューいれます。

17015480.jpg



最後にフタを締め付けます。ミドル側はエアクリーナーBOXがあるので、背の高い工具は入りません。
トルクレンチを使いたいところですが、L型レンチでやっつけます。
(過トルク厳禁です)

17015481.jpg



やらせ画像です。L型レンチだとマフラーに支えて回せません。ここはソケットレンチを使いたいですね。

17015482.jpg




私が使ってるのは、A.S.H.のPSE GEAR 75W-90です。
純正オイルから置き換えると、空走感がうんと高まります。超絶お勧めです!

17015483.jpg




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.07
26

TB:0
04:08
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





税金の領収書を整理していましたら、見慣れないナンバーが書いてあります。
これは一体、どのバイクのだろう???こんなの持ってないぞ????と一瞬思ってしまいました。

が、正体はKZ1000。視界から外れて随分たつので、存在すら忘れてしまうところでした(; ̄ェ ̄)



ちなみに、現状の進み加減です。

少し前に、ようやくフレーム修正が終わりました。
といっても、修正が終わっただけで、補強やサスマウントの作り替えなどは、これからになります。

本体が歪んでちゃ、補強もヘッタクレもありませんので、段階を踏んで進めてもらっています。まだまだ先は長そうです。



GX750の車検は、来年の2月までです。

KZ1000は、フレームが仕上がったら仮組みし、少し走らせたらエンジンもやる予定なので、2月にはまたバラバラになっていると思います。
うーん。GX750の車検を継続するか?!って、それをやっちゃうとずるずると持ち続けることになりますので、できれば避けたいところです。






GX750を走らせていたら、旋回性が落ちたのか、思うように曲がってくれなくなりました。

あれれ、朝、出発したときにはちゃんと曲がってたのになぁ?(¨ё¨)


体重が変わっただけで旋回性は変化しますので、「もしかして俺の体重?」とも思ったのですが、それだったら朝OKだった説明がつきません。
実際、リアサスをアジャストしても「これじゃない」って感じです。



なんだろうなぁ…。もしかして空気圧?!

タイヤが冷えてから計測してみると、30KPaほど目減りしています。


またパンクかよ!と思って点検したけど、なにも刺さってません。
スローパンク(スローパンクチャー)ってやつですね…。原因を特定するのが大変なので、最悪なんだよなぁ。






まず最初に疑いをかけたのが、バルブです。

セオリーっちゃぁ、セオリーです。
ムシを新しいものに取り換えました。が、ここじゃない。



次に、前回の修理個所を疑いました。

意外と知られていませんが、パンク修理は奥の深い作業です。
(ノウハウが十分でないので、うちではパンク修理を受け付けていません)

特に内面修理は、パッチひとつとっても、ラジアル用、バイアス用、パッチとプラグ一体型…などなど、いくつもの種類があります。


今回は穴が小さかったので、パッチを貼りつけただけでした。
パッチの選定に問題があったのかも…。


本意ではありませんが、因子をひとつずつ消していくために、外面から再修理です。
内部の状態をみたかったので、タイヤを外した状態で施工しました。

17015404.jpg




タイヤをはめ、エアを充填し数時間放置します。
空気圧が低下しています。外面修理は”修理後の”信頼性こそ十分ではありませんが、この程度の穴がうまらないことはまずありません。




うーん…。もう一度バルブを疑ってみます。


リムにもタイヤにも損傷がないのだから、バルブしか残っていません。
ダブルナットを解き、少し位置を変更して締めなおします。エアを充填し数時間放置…問題ありません。



くっそー! バルブだったのかっ!(ノ-_-)ノ ~┻━┻

こまめに交換していましたし、ここの具合が悪くなった経験がないので、ここじゃないと決めつけていました。



はぁ、無駄なことをやってしまったよ。大失敗です。とほほ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑