FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.08
14

TB:0
04:00
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



GOODRIDGEのフィッティングを使ってホースを製作します。

17088268.jpg


一時は、EARL'Sのスチール製を使っていたのですが、供給性に難がでてきたので、ここのところGOODRIDGEのSUS製を使っています。
GOODRIDGEにもスチール製があるのですが、あまり色味がよくないので…。


1本ずつ現合で長さやフィッティング角度を決めていきます。

市販のホースは基本的に使いません。理由は単純。「ベスト」な状態にならないからです。

まぁ、数mm違ったところで装着はできますが、フィッティングに負荷がかかりますし、取り回しもベストな状態にはならないからです。

極端な話し、ハンドルやレバーの角度を変更しただけでもベストな状態は崩れます。
なので、「この車種に何mmのホースを使えばいいの?」とおたずねいただいてもお答えはできません。

これによらず「そこまでこだわらないので教えてくれ」と言われるケースがありますが、なぜ自分のこだわりを崩してまでお答えせねばならないのか、皆目理解できません(笑)


ホースとフィッティングの際は腐食しやすいので、熱収縮チューブを使って保護しておきます。
やらなくてもいいといえばいいのですが、これもちょっとしたこだわりの一つです。


フィッティングの角度を調整します。
例えば、この程度のズレなら「無理やり」装着できてしまいます。が、フィッティングやホースに負担がかかります。

17088270.jpg



シーリングワッシャを装着したときにピタっと合う状態がベストです。

17088271.jpg

17088272.jpg



長さもばっちり。きれいな弧を描いています。こうでなくっちゃ。

17088276.jpg



ブレーキキャリパーのサポートを最小にしたかったので、各部のクリアランスがカツカツです。
スタビライザーを若干削って対応しました。


リアもいい具合です。少し首が曲がっているフィッティングを結構好んで使っています。

17088278.jpg



クラッチもばっちり。油圧クラッチはあまり好きではないのですが、ホースの取り回しを自由にできるのはメリットですね。

17088279.jpg





最後にフルードを通します。トルクロッドの関係で、リアブレーキキャリパーが天地逆になりましたので、ブリードスクリューの位置も反転しています。なので車体から取り外し、ディスク代わりのプレートを装着して、エア抜きを行います。

キャリパーを高い位置にもってくるのがポイントです。
リアブレーキのエア抜きがうまくいかないときも、同様の方法が有効な場合が多いです。

17088273.jpg



仕上げにしばらくレバーを握った状態で放置。

17088280.jpg



まだ走らせていませんが、フロント、リア、クラッチ共に好ましいタッチに思えます。
いいブレーキフィールだとうれしいんですけどねー。


…っつーかできちゃったヽ( ̄▽ ̄)ノ

17088281.jpg




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2018.08
13

TB:0
04:09
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



うちの900Rは520にコンバートしています。

それなりのチェーンであれば問題があろうはずもないのですが、不安を払しょくするため、D.I.Dの最上級グレードのZVM-Xを使用します。
このチェーン、適切な管理をおこなえば耐久性も抜群なので、初期投資こそ必要ですが、十分な費用対効果があります。

17088264.jpg



洗い油でざっと洗浄して天日干し。この季節は、あっという間に乾くので手返しが早くて助かります。

17088265.jpg



計算上は110リンクで対応できる”はず”ですが、念のため120リンクを手配しました。
若干割高になりますが、コマが足りずに使用できなくなることを思えば、無駄なリスクは避けておきたいところです。

17088266.jpg



余談ですが、STDのスタッドボルト&セルフロックナット方式ではなく、単純なボルト締結としました。
緩み止めのため、ねじロック剤とワイヤリングを施しておきました。


話しをリンク数に戻します。結果、112リンクでも、110リンクでも問題ありませんでしたが、112リンクにするとトルクロッドの角度が好ましくなくなるので、110リンクに決定!


いつものようにマイクロメーターを使って、押し込み量をベストな状態に調整します。
これまでの経験から100分の5mmレベルで調整しないと、せっかくの高級チェーンもゴミと化します。

17088267.jpg



サイドスタンドとのクリアランスもばっちりです。

17088301.jpg




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2018.08
11

TB:0
04:08
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



メーター周りにごちゃごちゃしたものをつけたくありませんが、ETCだけはね…。

スマートさという意味ではセンサー別体式がいいんですが、手持ちのユニットがありません。
わざわざ買うのもアレなんで、セローに装着していた一体型を使いましょう。

できるだけシンプルに装着したいので、市販のステーは使いません。

転がっていた端材から削り出しました。

17088245.jpg


STDのハンドルを固定するねじと、トップブリッジのカバーを固定する部分を使っています。

17088246.jpg


このETCユニット専用のステーについていたボルトを使ってステーと締結します。

17088247.jpg


こんな感じになります。

17088248.jpg


17088249.jpg


キーシリンダーとの距離がないので、左右の位置調整をします。

17088250.jpg


専用のボルトを削ります。

17088251.jpg


うん。いい感じです。ステー側で調整しようと思ったら、ステーを後方に延ばさなきゃいけないんですねー。
ライディングには影響しないと思いますが、タンクバックとの位置関係もありますから。

17088252.jpg


裏側にドリル穴をあけてプチ軽量化。

17088253.jpg


アルマイトしたかったのですが、時間がないので塗装で仕上げます。

17088254.jpg


接続用のハーネスを作ります。
ヒューズBOXを使うと仰々しくなるので、ファストン端子を使ってみました。さすがにむき出しはまずいのでハーネステープで保護します。

17088255.jpg

17088256.jpg


動作確認。問題ありません。

17088260.jpg


ステムシャフトの穴を処理しておきましょう。
もともと、この穴を使ってETCをつけるつもりだったので、残しておいたんですね。

ジュラコンでプラグを作ってカチコミます。

17088258.jpg

17088259.jpg


なかなかすっきり収まったー。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2018.08
10

TB:0
04:04
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



900Rのトルクロッド問題は、かなり悩ましいものでした。

ノーマルは汎用性の低い、900R固有の設計です。
ブラケットも特殊なら、スイングアーム側も特殊です。いろんな意味で黎明期だったんでしょうね。

センタースタンドのステーを使ってフローティングマウントにする方が多いようですが、私の好みは「リジット」です。
面倒ですがトライあるのみです。

ZXR400のリアブレーキを流用しています。
ZXR400はフローティングマウントなので、キャリパーブラケットにニードルベアリングが仕込んであります。

これを撤去し、専用のカラーを削り出します。

17088223.jpg



リジットなのでブラケットよりも幅狭に作ります。
(カラーの方が長くなっちゃうとフローティングになります)

17088224.jpg



キャリパーをセットし、エアでピストンを出します。センターは微妙にズレていますが、シム調整できるレベルです。

17088225.jpg



問題はトルクロッドです。どことどこを、どうつなぐのか…。
キャリパーを上にしたり、下にしたり…。
(ZXR400は下側です)

うん。やっぱり上側だな。下側にするとトルクロッドを設置できません。
パイプ材を使って、STDのスイングアームと連結する方法も考えましたが、どう考えてもモーメントの向きが不自然になります。

17088229.jpg



まずカラーを作ります。こいつをキャリパーをブラケットに固定する部分に挿入します。
(画像では反対側になっていますが、段付き形状になっています)

17088230.jpg



次は丸棒からこのような形の部品を削り出します。センターにはねじを切ってあります。

17088231.jpg



こうやって使います。トルクロッドの受けです。

17088232.jpg



トルクロッドです。最初は鉄板で作ってみたのですが、どうもしっくりきませんでした。
厚さ8mmの17Sで製作しました。強度的には問題ないでしょう。

17088233.jpg



こうなります。

17088234.jpg



となるとキャリパーのトルクロッドを取り付ける「ツノ」が野暮ったく感じられます。
キャリパーを分解して撤去します。

17088235.jpg



サンダーで適当な形に整えます。キャリパーに使われている素材は、アルミ鋳物とは思えないほどに硬ったいです。

17088236.jpg



適当にマスキングして塗装します。
アルマイト処理したんですけどね…しゃーないですな。

17088237.jpg



カラーもテーパーで面取りをするなどして、細かく仕上げます。

17088238.jpg



アルマイト処理したいところですが…完成を急ぎます。当面は塗装でしのぎましょう。
エアコンの利いた作業場よりも、カンカン照りの屋外の方が早く乾燥します。キャラバンのワイパーが大活躍(笑)


17088244.jpg


よーし、あともう少し!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2018.08
09

TB:0
09:42
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



Acewellのメーターの取り付けも、いよいよ最終章です。
前回、おおよその配線処理を行いました。

まずマグネットセンサーのマグネットを装着します。

フランジ付きの6角ボルトを用意します。カワサキ純正のM8×30です。

17088172.jpg




先端にマグネットよりも少し大きな穴を掘り、2液式のエポキシ系の接着剤で固定します。

17088173.jpg


できました。

17088174.jpg



当初フロントに装着する予定でしたが、適当な設置場所がありません。
AVDSのユニット周辺につけようと考えましたが、ステーが大きくなりますし、配線をスマートに這わせることができません。

予定を変更し、リアに設置しましょう。


型紙を作って、5tの17S材から部材を切り出します。
5mmもいらないような気もしましたが、グラグラ揺れず、かつボルト締結した際に座面陥没しない強度が欲しかったのです。

17088241.jpg


その代わり、曲げるのは少々大変でした。
番線で冶具を作り、添わせる形で曲げていきます。

17088242.jpg


一発で曲げると折れますので、場所をずらしながら弧を描くように曲げました。

17088243.jpg


作ったステーにねじを切り、センサーユニットを固定します。

17088261.jpg


専用のハーネスを作成し、メーターと繋ぎます。

17088262.jpg


マグネットセンサーとの距離が重要なのでシックネスゲージを使って調整したら完成です。

17088263.jpg


なかなかにめんどくさかったですが、メーター周りがすっきりしたのでヨシとしましょう!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑