RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.04
20

TB:0
04:00
Category : RZ250/350
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



スタッドボルトとエンジンマウントブッシュの交換依頼です。

単体でお送りいただいたクランクケースです。

17087308.jpg



結構腐食が進んでいます。交換して正解です。

17087310.jpg



スタッドボルト外しは難易度の高い作業です。
ダブルナットで外せるようなものは皆無です。しょぼいプラーも同様ですが。


16本ありましたが、あの手この手で全て無事に摘出いたしました。

17087309.jpg



タップでねじ穴をさらいます。

17087317.jpg



ダウエルピンの収まる穴も綺麗に清掃します。
(この程度はサービスです)

17087318.jpg

17087319.jpg






ブッシュは内燃機加工業者さんで入れ替えてもらいます。
専用の治具を作ってもらっていますので、安心してお任せできます。

ちなみにゴムの部分は削り取ってから、鋼製のシェルをプレスで抜きますので、めっちゃくちゃ手間がかかります。

17087549.jpg



ブッシュサイドに装着するダンパーは、うちで圧入します。

ソケットなどで叩きこむやり方だと、まっすぐ入りませんから、ダンパーの形状に合わせてワンオフした専用の治具を使います。

17087544.jpg

17087546.jpg



綺麗に圧入できました。

17087547.jpg



スタッドボルトも綺麗になりました。

17087548.jpg




エンジンマウントブッシュの入替え、スタッドボルトの交換ともに、いずれもにえガレの定番メニューです。

OHの基本作業はご自身で出来るけど、ブッシュやスタッドボルトの交換はハードルが高いと感じる方々から「単一作業」として依頼いただくことが多いです。

今回のケースで、2.8万円くらい(部品代別)かかりました。

決して安くはありません。が、せっかくOHするなら、錆まくりのスタッドボルトや、樹脂のように硬化したブッシュを再利用するのはね…。
部品もいつまででるかわかりませんし、先を見据えるなら、絶対にやっておいた方がいいと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト
2018.04
19

TB:0
04:09
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



一番アルマイト処理したかったのがブレーキ系統のパーツです。
(画像には、そうではないものも含まれています)

17087269.jpg



光研電化さんでも受け付けてくれるんですが、あえて別の業者さんに頼むことにしました。

ブレーキ系統の部品の対応要否をたずねてみたところ、このような返答が返ってきました。

・元々アルマイトがかかっているものは、あまり問題が発生しない
・アルマイトがかかってないもので、古い部品はうまく処理できないことがある


なるほどね~。

アルマイトがかかっていないものが、設計段階でアルマイトを考慮しているとは思えません。
また、腐食していれば、仕上がりが担保出来ないのは当然ですね。

ノークレーム前提なら受けてくれるそうですが、外観はまだしも、シール溝は機能に直結しますので、マスキングしてから出すことにします。



テスターを当ててみましたが「導通あり」でした。
(解せない気分ですが)つまりこのキャリパー(ZXR400用)には、アルマイトも塗膜もかかっていないことになります。

まず徹底的に洗浄します。

17087286.jpg



シール溝のマスキングに使うのは木工用ボンドです。ポテっとしているので盛りやすいですし、水性なので後から除去もやりよいはずです。
(世間にはガムテープやマスキングテープでやってるところもあります)

17087287.jpg



10日ほどかかって納品されました。

磨いてから処理に出したハンドルクランプはまずまずの仕上がりです。
腐食が残っているところや、磨く際の微細な傷はもろに分かります。

17087579.jpg



キャリパーです。元々アルマイトがかかっていたものです。

17087580.jpg



びっくりするほど巣まみれです。思っていたよりもひどい印象です。

17087581.jpg




画像を撮り忘れましたが、シール溝もザラザラで粉っぽい状態になっていました。

「やらんかったらよかった」という言葉は心に留め置いて(笑)、先に進みます。
徹底洗浄の上、磨きこんだら、粉っぽいものはとれました。

少し色が薄くなりましたが、表面は平滑になりました。封孔がうまくいってないのかな?という印象です。




対するこちらは綺麗に仕上がっています。何が違うんだろう…。

17087582.jpg



よく見ると未処理部分もあるんですが。何が原因なんだろう?よく分かりません。

17087583.jpg

17087584.jpg




ちなみにマスキングに使った木工用ボンドは、お湯でくつくつ煮込んでふやけさせた後で取り除きました。
マスキング面は、わずかに処理液に侵されていましたが、実害はないレベルだと思います。

17087592.jpg



煮込んだお湯。うっすらとピンク色に染まっています。

17087593.jpg




うぅむ…。全般的に何が綺麗に仕上がり、何がダメなのかよく分かりません(笑)

それほど綺麗じゃなかったリアマスターはびっくりするほど綺麗に仕上がっているんですよね~。

17087585.jpg



シリンダーも、ものすごく綺麗に仕上がっています。
キャリパーと違って、マスターシリンダーは「摺動」しますので、平滑であることは極めて重要なので安堵しました。

17087587.jpg




…で、今んところの結論。


ブレーキキャリパーは再アルマイトしない方がいいと思います。

まず第一にシール溝の寸法変化への懸念です。
(これは別途記事にします)

次に美観。古いキャリパーは少なからず腐食も進んでいますので、穴ぼこだらけになる可能性が大。
よほど大事なものならともかく、新品買った方が利口です。


一方、リアマスターは素材、仕上げ共にアルマイトに適しているように思います。
アルマイト処理した方が表面硬度があがり、耐久性が増しますから、別途実験してみようかなぁ…。

といってもKZ1000用に手配したものなので、いつになるか分かりませんが(; ̄ェ ̄)



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2018.04
18

TB:0
04:04
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



前回の記事です。

アルマイト処理に出していた部品たちがかえってきました。印象としては「速攻」でした。

17087525.jpg



部品が光研電化さんに到着した段階で、電話連絡がありました。
一品ずつワークの状態を確認しながら懸念点を説明くださいました。

ここまでやるの?と思うほどの丁寧ぶりです。

「アルマイト処理特有の起こりがちなこと」への理解不足による不条理なクレームが多いんだろうなぁと感じました。



では、あがってきた状態を紹介していきます。

ペダル類はこんな感じです。

17087526.jpg



キャリパーブラケットです。

17087527.jpg



ご覧のように、素地の状況がモロにでています。


綺麗に仕上げるなら、徹底的に磨いて出すしかないと思います。
それでも鋳物(ダイキャスト)はバクチです。不純物がたくさん含まれていたら、巣がでますので…。


今回、勉強の意味も込めて「どうなってもかまわない」心構えで処理いただきました。

が、予想を超えてきた(笑)のが、これです。

17087528.jpg



バンジーフックのブラケットです。触ると指に異物が付着します。
封孔処理時の染料だと思うのですが、擦っても擦っても取れません。

17087529.jpg



原因を調べてみました。
ADC12というアルミダイキャストの代表的な素材では、珍しくない現象のようです。

ADC12は強度が求められる場所に使われる素材なので、バイク部品にも使われているように思います。
同様の現象が発生することが十分に考えられます。


削りだし部品をアルマイト処理すると、とっても綺麗に仕上がってくるので、そのイメージで鋳物を処理に出すのは絶対にダメだと痛感しました。
鋳物の場合、組成や素性が分からない部品が大半ですからね。


よい勉強になりました。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2018.04
17

TB:0
04:06
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



先日PJを交換したところですが、半月程度で始動性が著しく悪化しました。
くだんの記事でもかきましたが、外気温10度近辺の燃調はシビアなようです。

PJを#42から#40にしました。20度を超えてしまうとシビアでなくなる気がするので、引き続き経過観察です。


多孔プレートにくわえて、ディンプロ加工を施してから、ASの影響範囲がグッと小さくなりました。
ASでごまかしが効かないといった方が適切でしょうか。

現状、ASの戻し量は「1回転で固定」です。少ない気がするでしょ?
でも、1回転と1/2回転以上戻すと、テキメンに調子が悪くなるのです。要求するエアボリュームが少なくなっているのでしょう。


ディンプル加工を施すと、ハーフスロットルでもびゅんびゅん吹けます。
ようするに少ないエアボリュームでも吹けるってことなんですから、理屈にはあってるのかなぁと思います。

とはいえ、ASで微調整が効かないっていうのも不便です。なにより「もっと微妙に調整すれば、さらにフィールがよくなる」んじゃないかと思えてしまいます。
ASよりも上位側で流量を絞ってやれば、ASで調整できるようになるかなぁ…。





作業ついでに定期メンテナンスも行いました。

まず駆動系です。少し前にメンテしたところなのですが、ここにきて急激にフィールが悪くなりました。
気温があがると、熱ダレしやすくなるとはいえ、明らかに何かがおかしい…。

確認してみると、ウェイトローラーの消耗がすすんでいました。
この記事にプーリーを新品に交換してから、安モンでも長持ちするようになった!と書いたところですが、悪くなりはじめると一気に消耗がすすむのかもしれません。

17087588.jpg



現在、6.0gと6.5gを3つずつ混ぜて使っています。今回は、ワンセット残っていた安モンローラーを使いましたが、次は良品をおごりましょう。



お次はブレーキです。レバータッチに違和感が出始めました。確認すると、前回の整備からきっかり3000キロです。
私の体感センサーもさることながら、距離に再現性があります。しっかり整備された状態であれば、機械は実に正直ということです。

17087589.jpg



パッドの消耗がすすんできました。現在使っているのはFERODOのパッドです。
前回使っていたベスラの6000キロ時の消耗量に5000キロで達したので、わずかではありますが耐摩耗性に劣るようです。フィールは悪くないので気に入ってはいるのですが。

17087590.jpg



フルードも交換します。3000キロも使えば、緩やかに劣化が進んでいます。
フルード交換をケチると、各部の劣化が進みます。
費用対効果の面からいっても、フルードはこまめに交換するのが吉です。

17087591.jpg




作業完了後、始動性は抜群によくなりました。加速フィール、ブレーキフィールも復活です。

いやぁ気持ちいい…。やらなくても走るけど、走っていて気持ちよくないんですよね。
ただの移動であっても気持ちいいに越したことはありません。毎日乗るものだからこそ、コンディションにはこだわりたいものです。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2018.04
16

TB:0
04:03
Category : RZ250(4L3)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



私がウオタニのSPIIイグニッションコイルを装着した当時、適合するプラグケーブルは直径6mmでした。
直径7mmのNGKのパワーケーブルが使えませんでした。
(今のSPIIは、7mm対応になっているのでNGKのパワーケーブルが使えます)

派手なプラグキャップやコードは好みじゃなく、黒で仕上げたかったので、3XVの純正部品のプラグキャップとKijimaのケーブルを使って組みました。
(今、3XVの部品番号で頼むと、朱色のものが届きます)

このプラグキャップは「ターミナルあり」用です。


ターミナルがある方が接触面積が増えます。が、デメリットもあります。

使用するにつれ、ターミナルが劣化します。
YAMAHAのパラツインに適合するNGKのプラグに付属するターミナルナットは「アルミ」なのでより顕著です。

17087330.jpg



劣化が進むと、致命傷になることもあります。
まぁ大抵は、ターミナルナットが悪くなる前に、プラグを交換するので実害はないのかもしれませんが。


ちなみに、BRISK装着前は、ターミナル一体型を使っていました。

17087329.jpg



本体に書かれた番手に注目。BR8ES「11」とあります。出荷状態でプラグギャップが1.1mmあることを意味します。
いろんな意味で私にとって最適なものでしたが、点火系を強化していないと使えない…。

17087328.jpg







BRISKのLGSプラグに付属しているターミナルナットは磁石につくので鉄製だと思います。
(注:XR100モタードに適合するZSはアルミ製でした)

17087331.jpg




ですが、軸精度が今一つのように感じました。実害はなさそうですが気持ち悪かったので、こんなものを手配しました。
市販レーサーRS125R用の純正部品です。

17087333.jpg



鉄製で、電気めっき&クロメート系の表面処理が施されているようです。

17087334.jpg




普通に購入できた時代は、200円くらいでした。
レーサー用とはいえ純正部品だし、いつでも入手できるとタカをくくっていたのですが、絶版部品になって久しいようです。

必死に探して、オークションで発見・調達しましたが、1個1000円ほどしました。
BRISKプラグは耐久性が高いので、アルミ製のナットでは寿命をまっとうできません。背に腹は代えられないので、買い占められるだけ買い占めました。

ちなみに、直近の市販レーサーのパーツリストを確認してみましたが、類似の部品は使われていませんでした。
今でも購入できるものがあれば、情報提供いただけると助かります…。


捨てられるものの方が多い部品で、ほとんど見向きされないものですが、こんなものひとつとっても考察すると面白いものです。
アルミのターミナルナットが多用されるのは、乗りっぱなしの車両だと錆びちゃうからなんでしょうかね…。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑