FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2021.01
19

TB:0
04:05
Category : KZ1000
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





そろそろシートも作らないとね。

用途と使い方は、このようなものです。

・用途はスポーツツーリング
・ワインディング8、高速1、市街地1
・1回の走行距離が5時間を超えることは珍しくなく、給油以外はノンストップ

要件はこんな感じかな。

・シートからのインフォメーションが潤沢であること(着座部分の幅はほしい
・標準のウレタンではつま先立ちなので、ベタ付けまでとはいわないが「カカトがやや浮く程度」になれば最高
・ワインディングも走るので、ぺったんこシートだと重心が下がり過ぎるのでNG
・お尻が痛くならないこと

ものすごく厳しいです…。

座面を確保しつつ足つきを両立するのは難しいでしょうし、ぺったんこシートもNGです。
かつお尻は痛くなったら嫌!なんと贅沢なんでしょう。


ステップも取り付けできたので、シートのウレタンを装着して具体的に考えてみることにしました。

20012237.jpg


元からついてウレタンは朽ち果てていたので、PMCさんのリプロです。
これにマスキングテープを張り付け、実際にまたがったときの位置や、足を出したときに接触する部位をマークしました。

厚みは6㎝ほどありまして「腰高」な印象です。ステップとの位置関係はばっちりです。数cmカットしたくらいでは、運動性は損なわれない印象をうけました。また、少し下げた方が、GX750のノーマルハンドルとの相性もよさそうに思います。

20012240.jpg


完成形が頭の中でイメージできました。作業はプロのシート屋さんにお願いします。
(XLR80Rのシートで、プロの力量を嫌というほど思い知らされましたので)




シートといえば、シートベースとタンクが干渉するんです。
シートベースの装着方法がまずいのかと思いましたが、そうではなさそうです。

考えていても仕方がないので、サンダーで削りました。
厄介なのは、Zのタンクはゴムバンド固定なので、タンクが前後に動くってこと。


タンクが目いっぱい前にあるとクリアランスを確保できるのですが、

20012239.jpg


後ろに引くとまだ当たります。

20012238.jpg


またサンダーか…。こんなのばっかりで、嫌になります(笑)



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト



2021.01
18

TB:0
04:01
Category : KZ1000
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





そろそろリアサスペンションの仕様決めをしなければなりませんので、ディメンジョンを検証しました。

車体の前後をチェーンブロックで保持します。リアサスペンションは外してしまいます。

20012235.jpg

20012236.jpg


キャスター角を計測します。26度です。

20012224.jpg


フレームをオーダーする際、STD+2度狙いでステアリングヘッドを寝かして!とお願いしたのですが、思ったより寝てくれなかったようです。

ヘッドを寝かす=どこかに逃がさないと無理!なので、依頼すれば実現できるというものでもありません。
具体的にはフレームの背骨部分を湾曲させる方向に力をかけるわけです。タンク後端に受ける部分がある以上、パイプをゆがめるしか逃げ場所がない…。




お次はリア周りです。この状態でサスペンション受け部間の長さは330mmです。Zにしては短いですね。

20012226.jpg


Z用のリプレイスサスペンションの長さは360mmが多いので、360mmにしてみました。

20012227.jpg


キャスターは25度くらいになり、スイングアームのたれ角が11度になってしまいました。
11度は垂れすぎに思うので、7度になるように調整してみると…。サスペンションの長さは330mmになります。

試しに340mmにすると、

20012230.jpg


たれ角は8度になりました。

20012229.jpg


リアサスペンションの長さは330mmから340mmあたりがよさそうです。

20数mm突き出ししていたフロントフォークを5mm突き出しに変更してみたら27度弱になりました。たれ角は7度です。

20012232.jpg

20012231.jpg



うん。数値上は悪くなさそうです。走らせてみないと分かりませんが、ステムのオフセットも45mmにしていることだし、落ち着いたハンドリングになってくれたらいいんですけどね。




ちなみに、このフレームはサスペンションの上部取り付け位置を変更しています。
テールカバーの切り欠き部分からすると、STDは指で示したあたりでしょうか。

20012234.jpg


スイングアームもノーマルではないので、正確なところは不明ですが、STDに対し前方かつ下側に移動させているので、20mmから30mm短くなったってことですね。そういう意味でも360mm-20=340mmだし、360-30=330mmなので、ディメンション計測結果とも合致してきます。

よし。リアサスペンションは、一旦330mmで進めることにしましょう!


こんなことをやったところで最適解にたどり着けるわけがないし、そもそも「こんな測り方」で真実の値が捉えられるとも思っていません。
(たとえ真値でなくとも、同一条件下で計測した数値には意味があるはずです)

結局のところ「走らせてみないと分からない」世界です。数値がどうであれ「走らせて気持ちよい状態」が答えです。

ですが、数値は大切だとも思います。走らせてみた時に感じたことを、事前検証した数字と合致させていくことで、次の道筋が見えやすくなると思うからです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2021.01
15

TB:0
04:08
Category : KZ1000
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





大物パーツを装着し、部品箱が空っぽになっていくのが快感です。

そろそろシートを加工に出そうと思い、ステップを取り付けることにしました。
ステップの位置はシートの形と密接にからんでいますからね。

補修&再めっきにより綺麗になったスタッドボルトを取り付けます。

ステップを取り付けようとしたら入らないではないか。2本のボルトのピッチが1mmほど違うのです。

20012215.jpg


もしかして軸心が曲がってるのか?と思いましたが、左右同一だし、曲がりもありません。

涙目で製作元であるBITO R&Dさんに連絡すると「今まで経験したことがない」とのこと。
BITOさんは微塵も悪くないのに、保有車両を確認してくれたり、取引のある業者さんにも確認してくれました。素晴らしい対応に感謝!です。

直径を大きくするか、長穴に加工すれば入ることは入ります。が、もうひとつ問題があります。

付属のカラーだとオフセット量が足りず、スイングアームピポットシャフトのナットに干渉するのです。

20012216.jpg


ナットの厚さを確認するも「ごく普通」の厚さです。薄く削ることも考えましたが、トルクがばっちりかかるところですから勘合長を短くするのはリスキーです。

かといってカラーを分厚くするとスタッドボルト長が足りず固定できません。

20012217.jpg


実は昨年末に発覚し、解決策が定まらずに年を越してしまったのです。このステップが使えないのは痛すぎます。
良い位置だし、質感も最高だし…何よりお値段も最高でした。今更ほかのものを買う気もコストもありません。


むー。どうしたものか。思考や視界が狭くなってきたので、画を書いてみました。

要するに「軸を1mmズラせばよい」んだよなぁ。

20012218.jpg


ステッププレートの内径は12.5mmです。一方、スタッドボルト径はぴったり12mmなので、すでに0.5mmは稼げています。
これが2か所ありますから、約1mmです。あとほんのちょっとの差を稼げばOKってこと。

よし、スタッドボルト方式をやめてボルト締結にしてしまおう。

ダブルナットで外そうと思いましたが全く歯が立たず…。仕方がないのでパイプレンチのお出ましです。

20012219.jpg


せっかく綺麗にしたのにズタズタです(涙目)

20012220.jpg


凸形状のカラーを作りました。ステッププレートの穴径12.5mmにあわせて凸部をしっかり作りこんでいます。
指でスルっと刺さるけど、自然落下はしないレベルです。

20012222.jpg


で、ボルト径10mmに対し、少しずつ内径を変えていく(大きくしていく)と…。入りました!

20012221.jpg


解決してみたら「あっけない」んですけど、一時はどうなることかと思いました。ふぅ。これで胃の痛い問題がひとつ解決しました。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2021.01
14

TB:0
04:07
Category : KZ1000 電装
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





ハーネスはほぼ作り直しみたいな状態です。皆さん、どうされているんでしょうね??

とにかくシンプルな配線になるように考えながら進めていくと、不要な線がどんどんでてきます。
ノーマルのヒューズボックス周りの配線もガラッと変わりました。

20012193.jpg


こちらはノーマルのジェネレーターコイルからの立ち上げ部分です。残ったのはアース線だけです(笑)

20012194.jpg


半田ごてを頻繁に使いますので、天井からぶら下げてみました。危ないかなぁと思ったけど、床に這わせるよりよほど安全でした。これはいい。

20012195.jpg


去年設置したペンダント式のコンセント。つけて大正解でした。これとってもお勧めです。

20012196.jpg


使用した機器類はこちらの記事にありますので、よろしければ参考になさってくださいm(u_u)m
天井からコンセントリールをぶら下げる

スイッチボックスの分析もやりました。一度使ったものなので配線図はあるんですが、再度の現物確認で、頭の中に回路を叩き込みます。

20012198.jpg


メインハーネスとの接続方法が変わるので、カプラーから端子を抜き出します。

20012200.jpg


最近愛用しているのがコレです。価格comさんで買ったのかな?
ストレートなどで売っているそれとは使い勝手がまるで違います。今まで都度自作したりしてきたけど、最近はほぼこれで対応できています。

20012201.jpg


新たに配線図を書き起こします。

20012202.jpg


粗方の整理はできました。が、ここで問題が…。
スイッチボックス側の配線の長さが短く、適切な位置でカプラーオンできないのです。
ハーネス側を延長するか、スイッチボックス側を延長するか悩んだのですが、ハーネス側を延長するとカプラーの抜き差しがままならない場所になってしまいます。

可動域で配線を延長したくないので、やり方を慎重に考えます。
と同時に使用する配線を手配しなければなりません。ただでさえややこしいのですから、色分けはしっかりやっておきたいところです。

配線の解析と新たな配線図の書き起こしだけで、丸数日を要しました。配線をしっかり理解し、構築することはトラブル対処の未然防止にもなりますし、故障した際の診断も楽です。しんどいですが手は抜けません。がんばりますっ!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2021.01
13

TB:0
04:09
Category : KZ1000 電装
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





前にも書きましたが、KZ1000のノーマル電装の設計は古いものなので、刷新します。
というか今時の補記類を使おうと思ったら、そのままでは使えない…というのが正解かもしれません。

そのうちの最たるものが発電系です。

ノーマルはレクチファイヤとレギュレータが独立しています。配線図はご覧の通りです。

20012211.jpg


これらを接続するために「サブハーネス」なるものが存在します。
整備性を考えるとこうするしかないよなぁ…ではあるものの大きな電流が流れる場所にいくつも接続ポイントがあるのはいただけないですね。

20012161.jpg

今回は純正部品として新品で入手できるものをチョイスしました。

20012190.jpg


デカいでしょ。MOSFET方式のレクチファイヤレギュレータです。

YAMAHAの純正部品を入手しました。部品番号は「1D7-81960-01」です。
数年前に手配したものなので現在の値段は分かりませんが、それなりのお値段でした。

同じ車種用のものですが、RZにもMOSFET方式のレクチファイヤとレギュレータを使っています。
これはAC-CDIからDC-CDI化する際に、より安定した電源を確保する目的で使いました。

KZ1000は普通についてる電装品で構成するつもりなので、ふつーのレクチファイヤレギュレータでも全然かまわないと思います。
今時ですからライトは常時点灯で走らせますが、そもそも輸出モデルだから当時も常時点灯ですしね。

ということで、MOSFET方式を使う意味はほとんどないと思います(笑)

改めてMOSFET方式について調べてみると、コイルが焼ける不具合もでているようです。
使用量が低い場合などに起こるらしい。最近、LED電装にする人が多いしなぁ。

出先でコイルパンクとかされた日にゃぁ、涙目です。
うちのはコイルの巻きなおしをしていますが、気にはかけておいた方がよさそうですね。

とにかくデカいので場所を選びます。結局、上の画像の場所に落ち着いたのですが、相当悩みました。


配線はコイルから立ち上がってきた配線を直接本体に突っ込みます。
このレクチファイヤレギュレータは本体にコネクタが直接取り付けられているので余計な配線がないので、とても助かりました。

で、こいつにあうカプラーを探したところ配線comさんにありました。が、めっちゃ高い。

さらに調査を進めると、なんとAmazonに出品されているではないかっ。



国産??ほんまかぃなと思いつつポチっと。

20012109.jpg


端子の予備がついてくるのは良心的ですね。

端子の役割=接続方法ですが、向かって左のグレーのカプラーはコイルと接続します。

向かって右側のカプラーは出力線です。
3つある端子のうち「一番左がプラス」で、「一番右がマイナス」です。真ん中は使いません。

今回は出力線を直接バッテリーに接続しました。
(無論、プラス側には30Aのヒューズをかませます)

カプラーですが、配線comさんでこれまで買ってきたものと違う印象を受けました。
防水プラグの素材も今一つで、電線とのフィット感に不安を感じました。なので、防水プラグは使用せず、グルーガンを詰め込んで処理しておきました。

頻繁に着脱する部位ではないですし、端子そのものの噛みこみは強いので、必要にして十分な気はしますが、場所が場所だけに定期的に(焼けがないか)点検しようと思います。ま、これはいいカプラーを使ったとて、同じですけどね。

これでごちゃっとしていた発電系統が一気にシンプルになり、サブハーネスは不要になりました。

ノーマルのレギュレーターから出ている「キーON時のプラス電源(茶色)」の処理をどうするのか一瞬迷いましたが、多分これは電圧の検出用だと判断しました。今時のレクチファイヤレギュレータの多くは本体内部で電圧を検出しているので、無視してよいと。
(そういやRZのときも同じ疑問を持ったんです)



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑